« 『ToHeart2 Another Days』 その32 End | トップページ | 『Princess Frontier』 その2 »

『Princess Frontier』 その1

『Princess Frontier』(c)AXLさてさて、次のプレイ作品ですが、AXL さんの『Princess Frontier』に決めました(^^)

決め手になったのは、前作『恋する乙女と守護の盾』が結構楽しめたので、その辺りに期待してってところであります。
前作とはライターさんが違うのが少々気になるところでありますが・・・。

ライターの北側寒囲さんと言えば2作程プレイしていたと思うのですが、そこそこお気に入りの作品とちょいとハズレってのですからね(^^;
プロデュースが違うからその辺りに左右されるのかもねww

んでもって、キャラ紹介見て・・・ちゃ・ちゃた〜にってば御婆さん役かよ(^^;
さて、作品の方は紹介を見ていると、中世ヨーロッパの辺境って感じの舞台。主人公は騎士ですし、メインヒロインはお姫様ですね。ドタバタチックな雰囲気も漂わせつつ、楽しませてくれると良いな(^^)

はひはひ。では、作品紹介と参りましょうか


◆『Princess Frontier』  [AXL]
 ジャンル: 辺境警備ADV
 原画: 瀬之本久史
 シナリオ: 北側寒囲
 音楽: PELVISMUSIC inc.

◆Story

 全ての始まりは、騎士任官式典パーティーの夜――

 王国の若き騎士候補生、リュウ・ドナルベインは、
 式典の真っ最中、王侯貴族の集う席上で階段に躓いてしまう。
 派手にすっ転んで姫様を巻き込んで倒れてしまい、公衆の面前で恥ずかしい姿を晒すことに。

 死を命じられてもおかしくない大失態。騎士道不覚悟の不敬罪。
 幸か不幸か、無礼討ちという最悪の事態は免れたものの……
 リュウ・ドナルベインの転落人生は、ここから始まるのである。
  そんな彼に下された辞令は、辺境の村で国境警備隊の新任隊長になること。
 誰の目から見ても左遷。地理上の任地を見ても文字通りの左遷。

 「あの……ちなみに、どんな場所なんですか? 俺の任地って」

 恐る恐る尋ねるリュウに、返ってきた答えは……

 「空気が美味くて、緑がたくさんあって、あとは……そうだな。空気が美味い」

 そう。彼の任地は、想像を遥かに超えた田舎村。
 必要以上に空気が美味くて、緑が豊富すぎる場所。

 「新しい隊長殿ですねっ、お待ちしておりましたっ」

 びしぃ! と自分の額にチョップをかます奇妙な敬礼で、
 新任隊長のリュウを迎え入れてくれたのは――
 明らかに年下の村娘ロコナと、
 根っからのむっつりスケベな老人ホメロの2人だけ。

 「こ、こんなのウソだぁぁぁぁぁッ!」

 アクの強い仲間たちと送る、ファンタジックな田舎生活。
 次々に巻き起こる、トラブルとアクシデント。

 ……そしてある日、ポルカ村に謎の貴族少年がやって来る。
 態度がデカく、世間知らずで負けず嫌いのお坊ちゃま。
 その正体は……リュウの左遷の原因となった、あのお姫様だった!

 村に伝わるという幻の花を探して、てんやわんやの大騒ぎ。
 能天気で平和な、でも本人たちは必死な。
 そんなドタバタ辺境物語が、始まろうとしていた。

◆キャラクター
アルエ CV:七原ことみ

自称王子のお姫様

 正式名:アルエミーナ・リューシー・テクスフォルト・ゼフィランス。
テクスフォルト王国の第4王女で王位継承権を持つ少女。
父親は現在の国王で、母親は側室(故人)。
幼い頃から王都とは離れた地で育ち、何一つ不自由の無い暮らしを送ってきた。
高潔で正義を重んじる性格。かなりの負けず嫌い。
庶民暮らしを知らず、もちろん田舎暮らしも知らないため重度の世間知らず。
知らないことでも知ったかぶりしてボロを出してしまう等、かわいいところもある。
「知らない」「出来ない」「助けてほしい」等の言葉を素直に言うことが出来ない。
自立してみたい、という夢を描いてはいるのだが、温室育ちのため何をやっても失敗ばかり。
普段は常に男装しており、自分のことも「ボク」と呼ぶ。
周囲には「本当はボクは男なんだ、呪いをかけられて女の姿にされたんだ」と公言している。
その言葉が本当なのか嘘なのか、分からないままに物語は進んでゆくのだが……

ロコナ CV:松田理沙

純真無垢な部下の村娘

村の少女で、辺境警備隊に属する唯一の兵士。
真正直で他人を疑うということを知らない性格。
周囲にウソを吹き込まれて遊ばれるタイプ。
着任前から、近衛騎士団出身の主人公を敬愛しており、神格化している。
そのため、主人公がダラけても「きっとあの行動には深い意味がっ!」などと信じきってしまう。
家族は、村の老婆ヨーヨードの一人だけ。
地理や動物たちに明るく、手先が器用。
料理はお手の物で、辺境ならではの豊富なメニューに精通している。
非力だが、それを補って余るほど動きが軽やか。現在は兵舎で暮らしている。

レキ・ロックハート CV:青山ゆかり

生真面目な女神官

神殿から派遣されている女神官。リュウよりも2年ほど早く、辺境に任官している。
生真面目を絵に描いたような性格で、融通がきかない。
冗談が通じずお堅い性格のためか、村人からは少し近寄りがたい存在に思われている。
王都最高峰の学術院「祖龍の巣塚」で主席だったこともある、超エリート。
ある事情から、万病に効くという薬草を探すために、学術院を飛び出して辺境神官の座を希望した。
賭け事、飲酒、男女交際に厳しく、時には疎い。
しかし辺境警備隊の面々に影響を受け、次第に、理解のある少女へと変わっていく。

ミント・テトラ CV:芹園みや

王都から来た貧乏商人
王都で細々と商売をしている貧乏商家「テトラ商会」の、ただ一人の全権経営者であり従業員。
常に「チャンスを掴んで、一攫千金」と意気込んでいるものの、経営者としての手腕は微妙で、失敗ばかり繰り返している。「商いは、細かいゼニからコツコツと」を信条に、金になることならなんでも手を広げようとする、ナチュラルボーン守銭奴っ子。
しかし、肝心なときの金の使い方は知っており、金に使われるな、金を使えという家訓を実践している。
噂好きのゴシップ好き、情報通で皆を引っ張りまわす迷惑娘だが、なぜかその行動は憎めない。

ホメロ CV:事務台車
かなり古い時代から、この地にいる魔術師。現地雇いの警備隊員。根っからのむっつりスケベ老人。
事あるごとに女の子たちにセクハラをするため、呆れられている。
リュウを、色の道に誘いこもうと画策し、様々なセクハラスポットを伝授する。
死んだフリが得意。実は、伝説級の大魔道師だったという噂もある。

ジン・トロット・ステイン CV:空乃太陽
村に流れてきた貴族の三男坊。半勘当状態で、かつての使用人の家に転がり込んでいる。
いわゆるオタクで、半獣人少女や、古文書や、怪しげな伝説にどっぷりハマったダメ人間。貴族らしからぬフランクな性格。
リュウが左遷される原因となった事件をリアルタイムで目撃しており、そのせいか、リュウをいたく気に入っている。

アロンゾ・トリスタン CV:ヘルシー太郎
近衛騎士団員にして、現在はアルエに仕えるたった1人の護衛騎士。アルエの過去を知っており、同情を寄せている。
「青の騎士」と呼ばれ称される彼は、その恐るべき剣の妙技と真面目一徹な性格と、鼻持ちならないエリート意識と、キザったらしい性分のせいで、周囲からはあまり慕われていない。しかしアルエは、アロンゾを信頼している。リュウより3年年上の先輩騎士。
アルエに対する忠誠心は他の追随を許さず、命を捧げてもかまわないと公言して憚らない。
その剣技は凄まじく、一太刀振るえば池の水面は割れ、地面は裂け、旋風が巻き起こると言われている。
様々な事情から、リュウを毛嫌いしている。

ヨーヨード CV:茶谷やすら
村の長老で老婆。ホメロとは腐れ縁の元・魔術師。
予言や占いを生活の糧にしているが、当たったり当たらなかったり。
自称、村一番のシティーガール。アロンゾが大好き。

◆舞台設定
◇世界観
あからさまな「魔法」は存在しない世界。騎士・兵士は剣と楯で戦い、交通手段は馬がメイン。
一部で魔術師と呼ばれる人々は、うさんくさいマジナイを行うだけで、今となっては数も少ない。
かつては本当の「魔法」も使えた、と言われている。
人間のみならず、半獣人も住み暮らしており、その形態は様々。
もっとも恐ろしい生物はドラゴンであり、成体のドラゴンに出会って、生きて帰れる者はいないと言われている。

◇国家と大陸
物語の舞台となる国々は、大陸の中央に位置する諸国。大陸には、大小含めて10を越える国々が存在している。
主人公、リュウ・ドナルベインの住み暮らす国は、大陸の中央にある大国、テクスフォルト王国。海を持たない国でもある。
王室直轄の領地に加えて、地方では貴族諸侯が領主として君臨する国家形態をとっている。
テクスフォルト王国の西端に接する隣国は、トランザニア公国。
二つの国の間には大森林が広がっており、天然の防壁となっている。

◇辺境周辺
大森林に面する形で、いくつかの小さな村が存在する。
主に牧畜・農業・林業で暮らしを立てている地域だが、近隣に良質の岩塩鉱山があるため、村の男たちは出稼ぎに向かうことが多い。
海を持たないテクスフォルト王国にとって、岩塩は貴重な存在。男たちが出稼ぎで不在の間は、村の女たちが働いている。
リュウの任地「ポルカ村」は、そんな村の中の一つで、人口80人ちょっとの小さな村。
名産品だった「ポルカの赤麦」を主力に、牧畜、革製品、織物、森の恵みを行商人に売って、基本的には自給自足の生活を営んでいる。



はい、と言うことで「魔術師」の設定辺り、"実は…"ってのが有りそうな気もしますねww
ドラゴンも出てくるのかな?うむ、ファンタジーの世界かも知れませんな。ままっ、楽しませて頂けると嬉しいなっと(^^)

|

« 『ToHeart2 Another Days』 その32 End | トップページ | 『Princess Frontier』 その2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/45602071

この記事へのトラックバック一覧です: 『Princess Frontier』 その1:

« 『ToHeart2 Another Days』 その32 End | トップページ | 『Princess Frontier』 その2 »