« 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その11 | トップページ | 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その13 »

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その12

美鈴11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

おーっ、結構中盤も分厚いシナリオですね。ままっ、戦力にもならなかった主人公が使い物になるには、それなりの時間も手間も必要ですし、正統な展開と言えばそうですよね。

うむ、普通(?)の作品だったら“中弛み”と評している様な頃合かもしれませんが、この作品はなかなか想像力も掻き立ててくれるし、取り敢えずは“こんなものか?”と納得していたキャラの背景なんかも丁寧に描いてくれていますんで、中弛んではないですよww

やーっ、途中まで作品の雰囲気を重くしないようにかな?とか思っていた、主人公のバイト先でのイベントも、飽きが来ないうちに上手く別の流れで置き換えてくれたって感じですし、いやぁなかなかに良い感じでありますよ(^^)
既に秀作の気配が(^^)

<少々ネタバレ?>
黒騎士は残る2人となってしまいましたが、これまでの4人とは桁違いの能力の様な感じですね。
しかし、スペルビアはなにやら今までの黒騎士達とはちと事情が違うのは確かな様ですが……
美鈴の過去を考えると、多分美鈴の憧れの両刀遣いなんだろなww

えーと、この作品のシナリオの厚みってんですか?随所に感じられますね。中盤にキャラの背景描写を持ってきてなお、核心部分はオブラートに包んでますし、最初から気になっている
の存在にしても、あからさまに何か行動している訳ではないのですが、一層気になってきました。

加えてスペルビアの探知能力が探り当てた7人目の存在。
息つく暇もって感じの連打ですな(^^)

<ここまで>

中盤だと思うのですが、一気に動くのではなく徐々に動き出したって印象の展開になってきました。それも、様々な因果関係を孕みつつ、複数の登場人物に対しての展開に思えますね。

うーーっ、続きが気になる(^^)

|

« 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その11 | トップページ | 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その13 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/45382686

この記事へのトラックバック一覧です: 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その12:

« 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その11 | トップページ | 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その13 »