« 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その12 | トップページ | 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その14 »

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その13

菊理11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

うむうむ、付け焼刃ながらも戦力になろうとする主人公。
まぁ、この状態では美鈴も言ってる様に、敵に隙を作る位にしかならない様な気もしますが、そんな付け焼刃でもって改心の一撃で美味しい所だけ持って行って…じゃないよね(^^;

となると、ゆかとの合わせ技ってのも有り得るんだろうか?
なんだかまだまだ秘められた事象は多い様な気もしますし、ここで判断してしまうのは時期尚早ってやつですやねww

<ネタバレ反転>
うむ、主人公の鍛錬と制御がまだ全く持って不可能そうなゆかの能力。その方向性がどうなるやらですが、ゆかも戦いに身を置く決意をしたって事で、いよいよ動き出しそうですね
なんて思っていたら、
ゆかの能力制御方法の糸口も掴む前に話が動き出しましたよ(^^;

ん〜ん、正に今日はこれにて終了って頃合に動き出したので後ろ髪引かれまくってんですが、なんと“赤い夜”でないのに・・つまり主人公達で言うところの通常世界にスペルビア(だよねww)が姿を現しましたよ

やはり、“赤い夜”の世界に転生ってーか実体を召喚されていた様な感のある他の黒騎士とは背景にあるものが違いそうです。自らの意思で存在していると言うか、既に消滅した4体の黒騎士に術式を施したのは自分だと言ってましたし・・

7人目の欠片(?)の方は未だに手掛かりなし。怪しさから言えば
なんですけどねぇ。
主人公達6人と違って、7人目は“赤い夜”について知識がありそうな気もしますし、目的を持って行動している様な予感が(^^ゞ

彩子を殺されて、内なる衝動が制御出来なくなった賢久も気になりますし、その妹の存在も気になるなぁ。賢久の妹かとも思ったりしたんですが、良く考えれば同級生なんだよな……
ゆかが“赤い夜”の世界を"悲しい"と感じていたのも引っ掛かってますし・・・

あーっ!もう、色々と気になるww

<ここまで>

兎に角続きが非常に気になってますが、今日のところはここまでです(^^;
何はともあれ面白いですよ。楽しめてます。
こんなに引き込まれる作品も久々だな(^^)

|

« 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その12 | トップページ | 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その14 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/45382675

この記事へのトラックバック一覧です: 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その13:

« 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その12 | トップページ | 『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その14 »