« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

『ナギサの』 その13

さとみナギサの』プレイ再開

さて、お次はあおいルートを目指すべくプレイ再開であります
んでもって、いつもの(?)共通部、イベント選択になるわけですが、結構イベント数があるんですよね(^^)

んでもって、そこにヒロイン好感度に影響ある選択肢がある訳ですが、これ全てのイベントで全ての選択肢の展開を見るにはかなり腰を据えなきゃ無理っぽいなww

続きを読む "『ナギサの』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その12

千果ナギサの千果ルートコンプしました(^^)

お・・おおっ、予想外に良かったww(御免なさい>コットンさんww)
先ず、もっと短期で勝負が付くと思いきや、しっかりと時間の経過があったのは良い方向への味付けになっていたんではないかと

うむ、生粋の理系人間としては、突っ込みたいところが結構あったりするのですが、ここは深く突っ込んではいけませんねww
世の中全ての物事が理論・理屈では説明付かないのです(^^;

続きを読む "『ナギサの』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その11

千果ナギサの千果ルート進めています

千果の問題点と言うかシナリオの核になる部分が判明しました。
ふむむ、素人考えだと設定は解るものの、作品中でも触れられてましたが、"大きくなれば自然に…"って気がしますね

うむ、あくまで無意識下の行動として、その手の話題や事柄は回避しているのか、排除しているんでしょうか?

続きを読む "『ナギサの』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その10

千果ナギサの千果ルートへと入りました(^^)

天真爛漫と言うか底抜けに明るい印象の千果。こんなキャラにはその明るさの裏に何かあるのが常ってところですが、千果の場合もなにやら触れて欲しくない、触れてはいけない部分があるようです。

うむ、さとみは何やら知っていそうな感じ、じいさんは避けているみたいですが、千果の様子に過敏に反応するポイントがあるようですね。

んと、夏休みが終わった辺りまで進めたのですが、相変わらず実家には戻らない主人公w
夏生シナリオでもそうでしたが、どちらにしても転校もしてないからには踏ん切りを付けなきゃいけません。それと、何のために主人公はここに残るのかって目的・目標も必要になりますね。

続きを読む "『ナギサの』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その9

千果ナギサの千果ルートを目指してプレイ再開(^^)

千果ルートを目指して・・って言っても、個別へ進めるのはそう難しくはないんですが、イベント数が結構多くて全て見ようとして、且つヒロイン攻略に効率良くと思うとちと考えないとww

うむ、そう考えるとイベント中でヒロイン毎の選択肢がさらに出るケースなんかは、このイベントをもう一度プレイする可能性を思うと、リロードして他のヒロイン用の選択肢も試してみたくなりますww

しかし、・・・となると当然プレイ時間は余計に掛かる訳でしてww
まぁ、これもマイペースですやね(^^;

続きを読む "『ナギサの』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その8

夏生ナギサの夏生ルートコンプしました(^^)

ほほほぉ、なかなかのラストでありましたよ。
エンディングが流れ出したときには、"え?こ・ここで終わり??"状態でしたけどねww

うむ、要約してしまうとベタって言えばベタな展開と結末ではあるんですけどね、やはり普通の日常世界で展開するってところが味噌なんでしょうか?
もちろん、この場合“見せ方”ってのがプレイヤーの印象には重要なファクターとなるんですが、そこはエンディング辺りの展開は上手かったと思いますね
エンディング後の結末は予想通りだっただけに、意表を突かれたって感じかな(^^)

続きを読む "『ナギサの』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その7

夏生ナギサの夏生ルート進めています

おーっと、予想していたよりも重い過去が明らかになった感じです。
そしてある展開を迎えるんですが、これはなかなか良いんではないですか(^^)

ロングコースより先へ、しかも2人の夏休み延長モードで(^^;
うむうむ、こんなことが出来るのも青春ですやねぇ。責任を負ってからではこんな行動できたもんじゃないしww
それと変にエロ展開してないもの個人的には良いと思います

続きを読む "『ナギサの』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その6

夏生ナギサの夏生ルートに入りました

ふむふむ、キャラ紹介を読んでいて、委員長って何処で絡んでくるんだろう?と思っていたのですが、個別ルートで登場ですね。
とは言え、特に夏生に特化しているとも言えないような気もしますがww

続きを読む "『ナギサの』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その5

さとみナギサの』進めています

さて、イベント(移動先)選択も後のことを考えて、イベントに絡むヒロインの多そうなのを選択していたのですが、どうやら今日でそれも終わりみたい。
ふむ、それなら完全に個別っぽいイベントを選んでも良かったのかもww

昨日も書いたように、移動先で関係するイベントを起こすことの出来るヒロインのアイコンが移動先に表示されているのですが、必ず全員が登場するわけではなく、選択肢によって誰のイベントになるか決まるってのが結構あります。
でも、その選択肢にどのヒロインかヒントの無いようなのは、あくまで勘で選択しなくてはならないのは仕方ないんですが、"南"とか"東"みたいな選択肢は・・ねぇww
結果お目当てと違った場合は、当然選択肢のところでセーブして違う選択肢を選ぶんですが、こうなると“1つ前の選択肢に戻る”って機能が欲しくなります罠ww

続きを読む "『ナギサの』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その4

千果ナギサの』進めています

はい、プロローグが終わるとイベント選択式の進行に変わりました。
個人的には、話の繋がりとか筋が見えなくなるので、あまり好きではなかったりするのですがww

プレイ中にも説明がありましたが、『ナツメグ』で使っていたシステムの進化形って触れ込みです。実際幾つかイベントをクリアしましたが、確かにプレイしていて良くなっている印象です。尤も、『ナツメグ』をプレイしたのでもう結構前ですし、ぼんやりとした所はありますけどねw

続きを読む "『ナギサの』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その3

あおいナギサの』プロローグ終わりました

ほむほむ、何やら良い感じ。本当にありそうな日常世界で、主人公が田舎にって辺りだけ捻ってある様な程度ですが、なんとも自然な感じがちょいと癒されるかもww

まぁ、その、プレイしている人の精神状態とかにも左右される可能性大かもしれませんね。最近あまり自分のペースで仕事が出来ずにドタバタしていると、なんだかこののんびりしたペースが緊張をほぐしてくれそうな感じww
荒んでたりしたら"つまんね"って感じるかも知れないですがね(^^;

続きを読む "『ナギサの』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その2

夏生ナギサの』プレイ開始(^^)

ほほぉ・・・なんでしょね? その、イベント的には突拍子も無い部分もある訳ですけど、普通の日常って感じの滑り出し、妙にしっくり来てると言うか、自然に楽しめてますね(^^)

前回プレイしていた、『11eyes』なんかはもろ非日常で、先ず持って世界観を把握しなくちゃいけませんが、この手の作品はそんなに最初から頑張らなくても良いですし、先ずは人間関係とかに気を配れば良い程度で、肩の力を抜けるってのはいいですよね。

そんな感じに加えて、この作品は個人的に妙に落ち着く印象です。都会でも有数の進学校からいきなり田舎に放置された主人公ですが、ちょっと風刺めいた部分も感じられて、先の展開を予感させつつも、良い感じのプロローグです。
しかし、"富士見"、"早川(ハヤカワ)"、"岩波"、"角川"に先生は"徳間"かぁww気付かなかった罠ww
柳生に沢木は関係無いよね?知らないだけかな?
いづれも売り上げに貢献している出版社ですね。"ハヤカワ"なんて3百冊じゃ足りないぞって、金額換算したら結構な投資額だわww

続きを読む "『ナギサの』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナギサの』 その1

『ナギサの』(c)コットンソフト次のプレイ作品ですが、コットンソフトさんの『ナギサの』に決めました。
ん〜と、昨年末の発売ですから、少々積んであった訳ですが、正直なところ強く何か惹かれて購入した作品では無かったんですよ(^^;
まぁ、"コットンだし"みたいな感じでww

うむ、作品の設定からしてプレイするにはそろそろ現実の季節も近くなってきたことだし、丁度良いかもね(^^)

コットンソフトさんのオフィシャルサイトで公開されている声優さんはヒロインの4人だけですが、これまた実力派で揃えましたねぇ。これは楽しみですよ(^^)
やっぱりキャラに命を吹き込む大役ですし、このメンバーなら安心してプレイ出来るってもんですやねww

不安なのはライターさんが複数って事ですか。『ナツメグ』は出来に結構差があったしねぇ。『レコンキスタ』はすごく纏まってましたが、今回はどうでしょうか?

んでは、作品紹介などww


続きを読む "『ナギサの』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その21 End

菊理11eyes -罪と罰と贖いの少女-
菊理シナリオを終えてフルコンプしました。

うむむ・・個人的には好みの展開では無かったです。
ちょっと強引ではなかったかなぁww 若干都合が良すぎると感じる部分も・・・

まぁ、兎に角作品としての結末と言う形はできてましたし、疑問に思っていたこともそれなりに明らかになっていたのは良かったんですがねww
ん〜っ、内容的には最後を纏めつつもサービスシナリオに近いものではなかったかと(^^;

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その21 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その20

栞11eyes -罪と罰と贖いの少女-
ルート(?)コンプしました。

えぅぅ、今日は帰宅が遅かった+ソファで寝てしまったので、プレイ開始が日付変わった(^^;
頭もボケボケでプレイ開始ww

うむ、えちぃの選択肢以外は菊理の流れだと思うのでありますが、あえてルートと呼ぼうww
なので、菊理的展開を期待したら大ハズレとも言える(^^;

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その19

雪子11eyes -罪と罰と贖いの少女-
雪子ルートコンプしました。

え・え〜と、なんだか消化試合の様相を呈してきましたよww
雪子ルートを、私が一晩でコンプって辺りで想像付くと思いますが、skip 大活躍であります(^^;

skip ですが、システム的にちょいと使い難い所が発覚しました。skip を途中で止めると、止めた部分の既読判定が効いてないみたいで、再 skip できないみたいです。区切りを過ぎるとまた skipできるんですけどね(^^;

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その18

美鈴11eyes -罪と罰と贖いの少女-
美鈴ルートコンプしました。

おろろ・・。ふむぅ、これまた予想外の展開で終わってしまいました(^^;
うーん、Another Day は別に要らないんだけどねww

大筋は一緒でも物語のプロセスに美鈴ルートならではの変化があると思っていたんですが・・・・ねぇ(^^;

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その18

美鈴11eyes -罪と罰と贖いの少女-
美鈴ルート攻略開始

ふむ、ゆかルートに近い気はしてましたし、作品としての筋も変わらないとは思っていたんですが、予想はまたもハズレww

主人公の能力強化のプロセス辺りに美鈴ルートは変化があると見込んでいたんですが、見事に BAD END で今日のプレイは終わりました(^^;

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その17

ゆか11eyes -罪と罰と贖いの少女-
ゆかルートコンプしました(^^)

ほほぉ、なかなかに楽しませて頂きましたよ(^^)
作品の展開としては良かったと思いますねww

うーむ、しかし微妙に謎が残ってるって〜より、別の謎が新たに出て来る辺りが、只の一本道作品とは違う気配を感じさせますねww

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その16

ゆか11eyes -罪と罰と贖いの少女-
ゆかルート進めています

よ・漸く、ゆかルートだと確信できました(^^;
ほほぉ、なかなかにシナリオとしての懐が深いですねぇ

うーむ、もう少しばかり突っ込んだ裏付けが欲しかった部分も無きにしも非ずってところもあるんですが、シナリオボリュームばかり膨らんでしいますし、どちらが良いか微妙ってところなのかww

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その15

栞11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

そ・そう言えば、結構選択肢で死亡していたので、死亡フラグしか気にしていなかったんですが、ヒロイン個別へ分岐してるんだろか?ww
いつものプレイパターンだと良い加減に"○○ルート進めてます"って書き出しなんだけどね(^^;

ここまで(って、そろそろ終盤近しだと思うんですがw)ヒロイン分岐…と言うよりも、好感度アップ的選択肢ってのが1箇所、分岐箇所が1箇所位しかなかったんですよね。その辺りはゆかを選択したと思うのでありますが、あまりゆかルートだと言う実感がありませんね。

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その14

Superbia11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

おおっ!遂に大きく動き出しましたね>物語
なんとなんと、結構好みの展開ではございませんか(^^)v

まぁ、付け焼刃がタイムリーにというより寧ろ奇蹟のタイミングで発動一発逆転、めでたしめでたし……な都合の良い終わりってな按配ではなさそうで、順調に進む訳も無くww
問題発生ってのはお約束な展開ですが、この作品の場合挫折感漂いまくりな展開となりましたよ。

ゆかなんかは未だに存在感薄いですし、順調には行くまいと思ってはいましたが、まさかこんな展開が待っているとは(^^;

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その13

菊理11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

うむうむ、付け焼刃ながらも戦力になろうとする主人公。
まぁ、この状態では美鈴も言ってる様に、敵に隙を作る位にしかならない様な気もしますが、そんな付け焼刃でもって改心の一撃で美味しい所だけ持って行って…じゃないよね(^^;

となると、ゆかとの合わせ技ってのも有り得るんだろうか?
なんだかまだまだ秘められた事象は多い様な気もしますし、ここで判断してしまうのは時期尚早ってやつですやねww

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その12

美鈴11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

おーっ、結構中盤も分厚いシナリオですね。ままっ、戦力にもならなかった主人公が使い物になるには、それなりの時間も手間も必要ですし、正統な展開と言えばそうですよね。

うむ、普通(?)の作品だったら“中弛み”と評している様な頃合かもしれませんが、この作品はなかなか想像力も掻き立ててくれるし、取り敢えずは“こんなものか?”と納得していたキャラの背景なんかも丁寧に描いてくれていますんで、中弛んではないですよww

やーっ、途中まで作品の雰囲気を重くしないようにかな?とか思っていた、主人公のバイト先でのイベントも、飽きが来ないうちに上手く別の流れで置き換えてくれたって感じですし、いやぁなかなかに良い感じでありますよ(^^)
既に秀作の気配が(^^)

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その11

雪子11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

ふむふむ、お話としては転換点付近と思われますが、なかなかにこの辺りは人物や世界の背景も含めて丁寧に描かれているといった感じを受けます。

えぇと、ここでもクロスビジョンが上手く物語をサポートして綴られていますね。
雪子の過去、賢久の育った環境、黒騎士の方の雰囲気も少々と言ったところでしょうか?

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その10

栞11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

今日は昼前からの降雨で家の事ができなかったので、ゲームの方は結構はかどりましたww
お話の方は次のバトルを終えて、暫しの休息期って所でしょうか?

ふむ、クロスビジョンはなかなかに物語りに厚みを持たせていますね。同じイベントを他のキャラの視点から見たり、主人公視点では解らない他のキャラの心情とかが上手く描かれています。

ん、クロスビジョンは本編への影響は無いようなので、別に見ずに進めていても問題は無いでしょうけど、個人的所感としては是非ともそれぞれの発生した日辺りに見ることをお薦めします(^^)

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その9

香央里11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

ふむ、早速黒騎士2体とのバトルww
システム的に音声とか効果音部で若干バトルシーンのスピード感が阻害されている様な気がしないでもない(^^;

んにしても、今回のバトルシーンは選択肢が多かったのですが、いやぁ死んだ死んだww
ん〜ん、シーン回収的には効率が良いのかも知れないですが、ロードの連続なんで進める上ではデメリットですやね(汗
そろそろ攻略サイトさんのお世話になった方が良い様な気がしてきたww

今のところは(結果的に)ヒロインルート分岐の条件ってのは無い様な感じなんですが、正規ルートから一歩外れると即死亡ってのが実情です
個人的には強制的に本筋に引き戻すんなら、そんな選択肢不要だと思うのですが……

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その8

菊理11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

漸く賢久が合流しました(^^)
これにてやっと役者が揃いました。いやぁ、結構長かったねww

賢久もなにやら、<赤緑>彩子

絡みも含めて背景になにやらありそうな気配。なんと言うかもうちょっと短絡的思考のキャラかと思いきや、意外と懐が深そうな印象です。

ままっ、主人公達6人共それぞれに何か背負って居そうな過去の持ち主ですし、これは結構楽しみですぞww

キャラの設定的にもバランスが取れてます。暗くなり勝ちなテーマの作品だと思うのですが、サブキャラだけでなく雪子辺りがムードメーカーになってますし、これからは賢久もそっちの立ち位置っぽい。美鈴はちょっとお堅い系でグループの良心ってところかな?
菊理がなかなか良いポジションを占めている感じがしますね。締める所は締め、軽くするところは力を抜かせてって感じww
うむ、話せない割に、なかなか良いキャラですねww

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その7

雪子11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

序盤長いですねぇ。取り敢えず菊理に続いて雪子登場。
にははぁ、雪子みるさんってば、みるさんパワー全開って感じでありますね(^^)
(↑意味不明カモシレナイケド、キニシチャイケナイノコトアルヨ)

雪子ってハイテンションですなぁ。なんだかこう生命力に満ち溢れてるって感じですかねww
みるさんの演技もバッチリです(^^)

主人公やゆかに出会った最初でもって情報をバッチリ把握している辺り、事前にキャラ紹介とか読んでなければ、妙に人懐っこいけど実は敵!なんてアプローチですが、後程明かされる情報を持っていた理由を知ると成る程なと納得できますね
さて、残るは賢久が仲間になるのを待つばかりってことで、序盤もこの辺りでって感じですが、中盤へ向けて主人公の行動への布石もなかなか丁寧に描かれてます。最初から超絶な力を持っているんでなく、葛藤する姿もいい感じww

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その6

美鈴11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

まだまだ序盤ですね。こりゃ結構シナリオボリュームありそうだわ(^^;
んでもって、菊理登場!。個人的に一番気になるヒロインが漸く登場しました。
それでも未だ6人のうち2人登場もしくは仲間になってないんだよね(汗

うむ、言葉を話すことが出来ない菊理。記憶を無くして彷徨っていた所を、現在の養父に保護された…ってんですから、如何にも何かありそうで興味を惹きますやね。
そして、その能力もなんとも曰くがありそうです。なんと言うか己の身を削っているような、そんな印象を受けますし。主人公の自殺した姉と名前はおろか、容姿に至るまで過日の姉に瓜二つと来ては、その自殺にしても今日の出来事がある事を予見しての行動で、実は姉だったとか勘ぐってしまいます。

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その5

栞11eyes -罪と罰と贖いの少女-』進めています

今日はそこそこ進められましたww(自分基準ですが(^^;)
んと、作品中では全開プレイしてから5日程経過した辺り。
んでもって、井村屋ほのかさん登場!

ふむ、無表情で言葉少なって設定とプレイ前の情報でしたが、意外と話すし表情もありそうw
最初に“干渉するな”みたいな宣言をした割に、身の回りに拒絶の壁が…って程でもないですね。
ふぅむ、ちょいと想像とはズレてましたが、許容範囲内ですかね(^^)

絆創膏目撃談ってのもちょいと突拍子もないですが、なにか曰くがあるのやらないのやらこちらは想像もつきませんww
そして、平和な日常から2度目の“赤い夜”発生。
んでもって、美鈴との邂逅!
なんか美鈴ってば男前じゃないですかねww 女性のファンが多そうな雰囲気ww

続きを読む "『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »