« 『夢見白書』その11 | トップページ | 『夢見白書』その13 »

『夢見白書』その12

こよみ夢見白書ルートプレイ開始

さぁて、ルート分岐にはちょいと不安を抱いていたのですが、どうにも直撃したっぽい(^^;

や、まぁ分岐の条件が"他の夢幻体を探す"ですからね。幽水ってのがターゲットになって、登場人物たちが絡んで来てれば良かったんですが、ここまでプレイするとそれも無さそうですし

可能性があるのはが無きにしも非ずって程度ですからねw

んでもって、案の定少々中弛みな展開になっております。分岐後の出だしからして対象が立ち絵無しですからねww

今迄は描写が浅いながらも、テンポ良く展開していたのが救いだったのに、この状況はちょいと残念かと(^^;

<ネタバレ反転>

だってねぇ、兎に角ターゲットは犬。しかも立ち絵無しってんで、これではを生き返らせるって役者に不足しているのは間違いないところですからねww

ん~ん、翔子と亡くなった母親って存在も気にはなってるんですよね。翔子の方からも、主人公には亡くなった母親へ挨拶してから家を出るように働きかけているし、母親が亡くなった状況も状況ですから、何か主人公に働きかける様なものがあっても良いんではないかとww

<ここまで>

あー、はいはい。ここは乗り越えるしかないんですね?まぁ、どう考えてもが真打ですから、このまま終わるって事はなかろうと思うんですがねww

さぁてと。は絡んでくるのでしょうか?こよみもそろそろ活躍してもらわないといけませんしねぇww

夢加も、これまでの話の展開を考えると出番があるような気がするし、兎に角頑張って進めますかね

|

« 『夢見白書』その11 | トップページ | 『夢見白書』その13 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44993912

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢見白書』その12:

« 『夢見白書』その11 | トップページ | 『夢見白書』その13 »