« 『キラ☆キラ』 その12 | トップページ | 『キラ☆キラ』 その14 »

『キラ☆キラ』 その13

紗理奈キラ☆キラ
紗理奈ルートコンプしましたぁ(^^)

はいはいっ!紗里奈シナリオ良かったですよ。
うむぅ、紗里奈を取り巻く人物達が上手く絡み合って、これぞ人間模様って感じのシナリオでありました。

ま、いろいろと周囲の人物に関して想像を巡らしてはおりましたが、両親の存在が感じられないとか叔父のポジションだとか、想像通りの部分もありましたが、それでお終いでなく、更に上を行って楽しませて頂きました。

それと、やっぱ行動する主人公は良いですねぇ。もっとも、熱くなって行動するって主人公でないだけに、結構冷静にプレイする方も読み進められましたけど、そんな文章でもってドキドキさせてくれるってのは結構新鮮でした。
主人公に加えて、紗里奈も冷静に行動するタイプですし、尚更そう感じるのかも知れないですが、基本従順で口数も少なく、周囲の人を思い遣って行動する紗里奈が、意外と頑固な一面を見せるんですが、キャラ的にも良かったと思います。

紗理奈<ネタバレ反転>

紗里奈を取り巻くいろんな人の背負った想い、そしてその想いがすれ違ったり、受け継がれたり、密かに仕舞われていたり。そんな想いが色々と絡み合って今の紗里奈の居る環境が出来ていたんですが、この辺りの表現や展開は素晴らしかったです。

妙に協力的で、性格的にも軽く思える叔父が一枚絡んでいたのは、こんなキャラの常套手段っぽいですが、そんな彼も知らない父親の想いとか、同じ轍を踏みそうになる祖父とか、現実にもありそうな人間模様でしたし、良い出来栄えだったのではないかと想います。

またそんな彼らに対して、これではいかん!と考え行動する主人公の姿も良かったです。もちろん自分の利益のため、紗里奈のためってのが動機でしょうけど、良くやったと褒めてやりたいくらいだww

特に紗里奈の父親の遺書を伏せたまま、祖父をやり込めただけでなく、その祖父の心の平安も守るってのが良かったのですが、最後渓流釣りのシーンで主人公に見せた姿が、財閥の総裁とかそんなモノを全て脱ぎ捨てた一人の孫を思う、素直な祖父の姿に見えました

<ここまで>

はふ~っ、いやぁ満足です。個人的には紗里奈の病気や境遇、周囲の人達の立場とか、そんななかからどんでん返しでなく、真正面からそのまま受け入れるものは受け入れ、意見を通す所は通して、丸く収めたってのが良かったですよ。これから先も色々と困難がありそうな紗里奈と主人公ですが、安直に解決しないでこれからも正面突破で進んでくれそうな、そんな暖かい気持ちになれました。

最後に駅で見送る紗里奈の表情がとても良かったなぁ。紗里奈もバンドツアーで自ら求め行動することの大切さを知り、主人公もそんな紗里奈に影響されるかの様にいつの間にか変わっていたんですね(^^)

いろいろと心に響く台詞とかあったのですが、妙に主人公の帰省先で祖母が言った「不幸せでないことは、幸せではない」といった意味の台詞が妙に残ってます。
ラストはまさにそんな感じの終わり方だったなと・・・

さぁて、残るはきらりとなりました。きらりは他の二人に比べて背景が読み難かったんで最後に回したのですが、他のサイトの情報によるとやはり最後に攻略をお勧めらしいので、期待しちゃいましょうかね(^^)

|

« 『キラ☆キラ』 その12 | トップページ | 『キラ☆キラ』 その14 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44766272

この記事へのトラックバック一覧です: 『キラ☆キラ』 その13:

« 『キラ☆キラ』 その12 | トップページ | 『キラ☆キラ』 その14 »