« 壁紙:『ARIA』 その2 | トップページ | 『夢見白書』その9 »

『夢見白書』 その8

聖夢見白書』 ルートコンプしました

ルートコンプしましたが、思ったより楽しめましたよww
まっ、この前のシナリオ展開があったんで、期待してなかった分余計にそう思うのかもしれませんけどww

個々のシーンの描き込みは浅めですが、話の進むテンポはその分良いですかねww
個人的にはがちゃんと絡んでくれたのが良かったです。の方も今までのシナリオからすれば自然かな?

<少々ネタバレ>
の未練。2段構えになってたのは良かったと思いますね。そりゃ、ひとつ上手く行ったら次って欲が出るのが人間ですやねww
主人公がピアノの特訓を始めたときに、"そんなに上手く行くか?"と思ってましたが、部分に集中して曲の印象的な部分だけ弾けるようになったってのも、付け焼刃としての落し所としてはまぁ妥当ですかw
私には無理ですがねww>ピアノ

にしても、主人公の想いがもうを縛ってないと気付いて、主人公に良かれと思い未練を断ち切ったって流れは、今迄のシナリオに比べれば説明も付いて良いと思うのですが、その相手が自分と同じ夢幻体ってのは納得できるものなのか?と感じました。
ま、ここで
が嫉妬の炎を燃え上がらせたら、が悪霊になっちまいますやね(^^;

しかし、最後の転生した姿は…どうなんでしょ??

<ここまで>

ま、いろいろとありますが、シナリオさらっと楽しむ分には良かったです。でも、サービスなんでしょうけど、2回目のえちぃのコスは無いだろ?あれww
こよみってばサービス精神旺盛??

そうそう、こよみのキャラはなかなかアクセントとして面白いです。良くあるのは主人公の男友達でボケキャラってのですが、この作品ではこよみがそのポジションに近いですかねww

さぁて、本命が近付いてきました。次は気になってる攻略と行きましょう(^^)

|

« 壁紙:『ARIA』 その2 | トップページ | 『夢見白書』その9 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44993985

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢見白書』 その8:

« 壁紙:『ARIA』 その2 | トップページ | 『夢見白書』その9 »