« 『夢見白書』 その4 | トップページ | 『夢見白書』 その6 »

『夢見白書』 その5

幽水夢見白書』 幽水ルートコンプ。

ふむむ、有りがちな展開と言ってしまえばそれまでw
とは言え結構まとまっていた感じですね(^^)

いや、まぁ、そこそこ展開は見えてましたし、問題は主人公が本来の目的の部分をどうするのか?って辺りに興味の焦点はあったのですが、その部分は結構あっさり終わりましたね・・

勿論こんな結末ってのも有りでしょうが、主人公なりのケジメってんですか?その辺りはもちょいと突っ込んで描写が欲しかったですね。の立場としては気持ちに整理を付けられるのは、流れとしてに思いやる気持ちがあればこそと言う事で理解ですますがww

<少々ネタバレ>
主人公が幽水幽水が主人公に惹かれるプロセスとしては問題ないと思うのですが、決定打に欠けるんではないですかね?

幽水大元のを生き返らせる為って目的が障害になると思っていただけに、ちょっと肩透かし気味に終わったのは残念かなぁ

幽水霊奈の関係は、秘めた想いを上手くまとめてあったと思うんですが、作品としての設定を考えると少々不満ってとこですな
<ここまで>

ふむ、霊奈ルートはどこで分岐するのかは結構簡単そうなので、次は霊奈ルート攻略と考えていますが、こちらはどう収めるのか…興味はありますけど、多少不安も感じなくもなかったりww

んーん、やっぱり「夢見白書」の核心に迫るのは、のシナリオになるんでしょうかね?
の反応も気になるところでありますが、方向性としてはどうなのかって感じもしますし、もなんとなく違う気がしますしねww
はい、兎に角、次は霊奈ルートを目指したいと思いますw

|

« 『夢見白書』 その4 | トップページ | 『夢見白書』 その6 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44994012

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢見白書』 その5:

« 『夢見白書』 その4 | トップページ | 『夢見白書』 その6 »