« 『5 -ファイブ-』 その11 | トップページ | 『5 -ファイブ-』 その13 »

『5 -ファイブ-』 その12

禰音5-ファイブ-
禰音ルートプレイ中

愛理が帰りの飛行機を予約したりしてますし、ぼちぼち終盤へと入りそうな気配ですw

う~む、他のルートと同様今のところは禰音とまったりモードと言ったところww 主人公も禰音も、恋心とまでは行かなくても、互いに傍にいるのが嬉しいみたいな好い雰囲気ですか

ところで、禰音の名前に使われている漢字が気になったので、ちと検索して調査。” ”の字源としては、"天意と近い、天意に適う"から来ている様で、身近な父の"みたまや"みたいな意味があるようですが、ここは"天理によく沿い従うもの"って意味の方が作品にはマッチしている気がしますね。神の使いってんじゃないかも知れませんが、神話的設定があるとすれば、"神の意を汲むもの"として運命を背負っているとか?

なはは・・(^^;。いやいや、妄想全開モードですが、こんなことを考えるのも楽しいものですよ。

まったく関係なかったりすることも多いですけど、そこそこ関連性とかが見つかると、ライターさんの意図が少し見えてくるようですし、そんな思いを込めてキャラの名前付けたりしていた方が、楽しいじゃないですか(^^)

<念のため反転>

さて、名前以外にも気になったところがちらほらとww

禰音は森と結びついているんでしょうか?ほのかへの言い訳の際、"禰音が森で迷った"ってことに首を傾げます。少なくともほのかは・・と言うか、姉妹は互いにどの様な存在(と言うのは大げさかも知れませんが…)であるか、知っている様ですね

その言い訳の元になったシーンでは、罠で傷付き息絶えようとしている鹿に対して、死に逝くものへの歌を詠う禰音の姿が見られました。悪しき存在とならぬよう、天の理を諭すようにも見えましたし、鹿との意思疎通が出来ているみたいで、ここでも森と言う世界と禰音の結びつきみたいなものが感じられました

<ここまで>

にゃははは、妄想も良いけど、ちゃんと先に進めろよ状態ですよね(^^ゞ

まぁ、そんなこんなで、今までよりも楽しくなりそうな要素は有りますんで、その辺り妄想と食い違っているのかとか、楽しませてもらえたらなと思います

|

« 『5 -ファイブ-』 その11 | トップページ | 『5 -ファイブ-』 その13 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44766171

この記事へのトラックバック一覧です: 『5 -ファイブ-』 その12:

« 『5 -ファイブ-』 その11 | トップページ | 『5 -ファイブ-』 その13 »