« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

『さくらんぼシュトラッセ』 その6

ルゥリィさくらんぼシュトラッセ

ルゥリィシナリオコンプww

おーっ、ルゥリィシナリオ良かったですねww ま、Fan Disc ですから、シナリオの尺が短いのは仕方ないのですが、その尺の中で上手く纏めてあったと思います(^^)

や、何と言ってもルゥリィが可愛いのですよww
猫チックな性格(・・って猫かww)ってのもありますけど、やはり彼女は素直なところが可愛いですやねww

こう、妙に気を遣い過ぎて(とは言っても気遣いが出来ない訳ではないですがw)言うこと言えなかったり、曲解されそうな行動を取ることも無く、根が素直なところが良いですよ

勿論、相思相愛で、気を許せる主人公相手だからってのはあると思いますけど、主人公としては"自分だけには"って部分を見せられていると、尚更破壊力が増すってもんですよねww

続きを読む "『さくらんぼシュトラッセ』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらんぼシュトラッセ』 その5

ルゥリィさくらんぼシュトラッセ

ルゥリィシナリオプレイ開始w

昨日じっくりプレイと書いてしまいましたが、今日は別の理由でもゆっくりプレイするしかなかった・・(^^;

ま、何はともあれプレイ開始して、まだまだ序盤って感じですが、今までの優佳かりんと違って、最初から幸せいっぱいえちぃもーど・・で無かったのは、なにやら妙にホッとしちゃいました罠ww

本編最後はマリーとの使い魔の契約を切って、しかも瑠璃子の元へ行ってしまって、どうなるのやらと思ってましたが、取り敢えずはメデタシメデタシでした。とは言え、色々と問題が残っているのは確かですし、そんな部分を引き継いでのシナリオ展開っぽい空気もいいですね。

ま、何やらルゥリィの飼い主の恋話絡みでの展開の様ですが、きっと主人公とルゥリィにも何か返って来そうな感じなのかな?

続きを読む "『さくらんぼシュトラッセ』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらんぼシュトラッセ』 その4

かりんママさくらんぼシュトラッセ

かりんシナリオコンプww

短いのは仕方ないですけど、それなりに面白かったですねww

あはは、や、もちろんデフォルメされてるんですが、かりんパパの取り乱し様とそれをフォローするかりんママの図が結構楽しめました(^^)

まぁ、しかし…この親にしてこの子在りって感じがしましたね。この辺りのキャラの性格付けはなんか納得だな

ん~ん、一人娘を持っていかれる男親ってのは、やっぱ素直にはヨメにはやれないでしょうしねぇ。自分がその立場でも難癖付けそうな気がするねww

これは、もうちょっとボリューム増やして、かりんとの仲を認めてもらうプロセスを描いてもらったら、結構楽しめたと思いますね(^^)

続きを読む "『さくらんぼシュトラッセ』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらんぼシュトラッセ』 その3

優佳さくらんぼシュトラッセ

優佳シナリオコンプww

ふむ、ままぁサービスシーンが多いとは言うものの、本編では描かれなかった部分、それもちょいと気になりそうなポイントを押えているって感じのシナリオでした。

ん~と、個人的にはもう少し"その"部分を展開して欲しかったですねぇ。でもまぁ、Fan Disc って言えばこの程度なのかもねw

いやぁ、本編の方でも、主人公に心置きなく料理を作って欲しいと頑張る、そんな健気な優佳でしたが、出会った最初から本質的には変わってないんですね。尤も不器用なのも変わってなくて、その際に義姉弟と言うよりも、きっちりと上下関係と呼べるものが出来上がってしまったとww

ま、最初に出来上がってしまった位置関係って、なかなか崩れないですやねww
本心は解っているだろうから、まだ耐えれるってのかな(爆

続きを読む "『さくらんぼシュトラッセ』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらんぼシュトラッセ』 その2

優佳さくらんぼシュトラッセ』プレイ開始しました(^^)

最初にターゲットとしたのは優佳ww

いやいいや、プレイ開始して改めて"こんな雰囲気の作品だったな"と思いましたね。個人的に一番気になったのは主人公の性格ですけど、まぁ本編があれでは変わりようが無いか(^^;

さて、進み具合なんですけど、今日はパワー切れだぁ。眠くて眠くて・・・って事で今日はちょいとだけ(^^;

さーてさて、なってったってFAN Discですからね。最初っからえちぃモードですよww これってさ、FAN Discで本編プレイしている前提だから良いとは思うものの、なんと言うかエンジンが温まる前にアクセル全開みたいな感じで、ちょっと置いてけぼり状態ですか?

ん~ん、もちょいと前置きがあるかな?とか思ってましたが、そうですか今の内に飛ばしますかぃww

続きを読む "『さくらんぼシュトラッセ』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Replay『さくらむすび』

『さくらむすび』

え・え~っと、"さくら"は"さくら"でも、「さくらんぼ」でなくて、何故か『さくらむすび』をリプレイしている私が居ますよww(^^)

あいやぁ、本当にPCの電源入れるときにも、そんなこと全く考えていなかったのに、Ducaさんの「夢遥か」ピアノアレンジ曲・・・なんてのに触発されたんだか、実のところどうなんだか自分でも良く解ってなかったりしますが、なんとなく起動して、そのまま時間が経ってしまってました(^^;

ん~ん、やっぱ小説好きにはビジュアルノベルは嵌ってしましますやねw

"ビジュアルノベル"って言う位ですから、もちろん文章主導なんですが、この作品は雰囲気作りが秀逸ですやね。安瀬氏のピアノ曲に、トノイケ氏の文章。立ち絵のバリエーションはそう多くないのですが、テキストで克明に紅葉のしぐさなんか表現されていると、ふとその時の紅葉の姿が目に浮かぶようですしね(^^)

続きを読む "Replay『さくらむすび』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝! 『Duca』 ファーストアルバム

いやいやいや、待ってました Duca さんの

 ファーストアルバム 『12 Stories Duca_banner

本日(8/25)予約開始!

リリースは 2008年9月30日(火) ですよ。(^^)

収録内容
ひとひら(つくとりOP)、ありがとう(つくとりED)、ラムネ(ラムネED)、
散歩日和(ワンコとリリーED)、アイの庭(GardenOP)、夢遙か(GardenED)
をはじめ、Ducaが今まで歌ってきたゲーム主題歌10曲とこのアルバム用に創った
新曲2曲の全12曲入り

  (※Peak a Soul+ オフィシャルサイトより)

なんとぉ、今迄CD音源が無かった、「ひとひら」(つくとりOP)、「ありがとう」(つくとりED)が収録されているではありませんかっ!加えて、アルバム用新曲2曲!!

これは買うしかありませぬ(^^)
9月5日までに注文すると、『Garden』 Endingの「夢遥か」のピアノアレンジVer. CDも貰えるらしい。注文は Peak a Soul+ サイト での限定販売らしいので興味ある方は是非!!

お値段は¥3,000.-+送料¥200.-ですが、代金引換郵便ですんで、¥250.-加算ですかね?

ま、そんなのは些細なことww しっかり予約しちゃいましたよ(^^)

続きを読む "祝! 『Duca』 ファーストアルバム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらんぼシュトラッセ』 その1

さくらんぼシュトラッセ次のプレイ作品は、ぱれっとさんの『さくらんぼシュトラッセ』に決定!
や、『さくらシュトラッセ』が楽しめましたし、これは FanDisc も買うしかないなとww
えーと、個人的に『さくらシュトラッセ』を終わらせた時に、後日談を期待していたんですよね(^^)
いやいや、実にプレイヤーの心理を読んだリリースですわ。こりゃww

やっぱり期待のキャラはルゥリィ。CVの井村屋ほのかさんも、良い味を出してくれてましたし、結構無口系のキャラって好きなものですから、アノ後の展開も気になりますよね(^^

マリーも結構無茶して飛び出してましたし、ラストとしてはその後が気になるのも、絶対私だけではないハズ!ww

と言う事で、作品紹介でございますww

続きを読む "『さくらんぼシュトラッセ』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その21 End

『5 -ファイブ-』5-ファイブ- 』最終章コンプしました。これでもってフルコンプ(^^)

はい、終わってしまいました・・

うむうむ、中々に良かったですよ(^^)

最終章ラストは楽しませて頂きました。ほのかシナリオの方はもちょいと変化があるのかな?と思いつつ進めておりましたが、そう変化は無く、続きが付け足されていたって感じでしたかね?

最後は上手くまとめてあったと思いますが、なぁる程ねぇ・・4人のヒロインのシナリオもここへ集約したのね

<ネタバレ反転>

セトウル過去編でも出てこないし、現在(?)でも相変わらず活躍しないなぁと思っていて、良い加減存在も忘れかけていたところに漸く出てきましたかww

うむ、セトウルもカムイだったんですねぇ。や、ほのかシナリオの最後なんか銃弾に倒れても、ほのかを庇いに出てきて当然ってシーンじゃないですか?でも、最後薄れ行く主人公の意識を解き放った(?)のはセトウルの力だったんでしょう。その主人公の意識が森や森の記憶と同化したって感じなのかな?

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その21 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その20

禰音?5-ファイブ-
最終章「-5-」進めています

はい、例によってマイペースでもって進めておりますww

ふーむ、ほのかルートの方は殆ど変化ありませんねぇww

過去のエピソードの方も、なんと言うか良く似た展開? 鈴木親子のポジションが一緒ですし、この親子思考とか行動がパターン焼き写しの様に同じなので、辿る道も自ずと変わらないって事になるんでしょうなww

あーっ、しかし被害を受ける方はたまったものではないですけど、こりゃ長い歳月を生きるカムイから見たら、"人間は変わらない"、"愚かだ"と言うのは当然って気もします罠ww

ま、そこは人間にも当然問題はあるんでしょうけど、ウエンカムイの存在ってのも関係して来そうな気もしますね・・

100%操られているとは言えるかどうかは別としても、付込まれる隙があるってことになりますかww

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その19

志乃5-ファイブ-
最終章「-5-」進めています

うむ、相変わらずスキップは未使用で、今までの復習と、過去のエピソードを楽しんでます。

どうやら、復習の方はほのかルートの方ですね。うむぅ、そう展開は変わらないし、殆どがスキップが利きそうな感じかな。過去エピソードの方は・・クネ夫も親も変わらないなww進歩が無いって言うよりも、血ってのが繋がるって、性格とかだけでないのかなとww

<ネタバレ反転>

過去エピソードの方は相変わらずぽっくん視点なんですが、ぽっくんってあのほのかの遊び相手のぽっくんなんでしょうか?

まぁ、寿命とか考えたら普通の生物ではなさそうなので仕方ないと思いますが、意識が主人公かな?とか思っていたのとはちと合わないですよね。となると、現在の主人公の意識がぽっくんと同調したと考えた方が良いのかも知れない

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その18

ほのか-5-
最終章 -5-プレイ開始しました

ふむ、完全に過去のお話なのか?とちょいと気にしていましたが、ほのかやなんかも登場したので、ちょいと一安心ww

いや、ねぇ。どのヒロインも最後盛り上がった割りに、"え?"って感じでもって意外とあっさりEndingを迎えましたから、"そりゃねーだろ?"と思っていただけに、これで先がより楽しみってものですよ(^^)

さて、お話の方は今までの総集編って感じでもって、どちらかと言うとほのか禰音ルートっぽいルートで、もう一度最初から辿り直しって感じなのですが、そこに過去(?)のエピソードが交互にはさまるって感じで進行して行きます。

過去のエピソードに関しては、視点がコロポックルなんですよね。ま、客観的に見るには良いと思いますが、現在と同時進行してますし、なんらか"今"に対しての影響があるのやら、ないのやら・・・

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その17

ほのか5-ファイブ-
ほのかルートコンプしました

ふうぅむ、ほのかシナリオはなんだかんだ言って盛り沢山でしたww 未だプレイしていない方は、ほのかルートを最後にプレイすることをお薦めしますよ(^^)

終盤は結構楽しめました、クネ夫は捨て駒でもう出番が無いかと思いきや、もうひと働きあったんですねww
意外だったのがセトウル。クネ夫よりも出番が少ないとはww もっとも、まだ出番は待っているのかもしれませんが、兎に角これはちょいと期待ハズレですわw

さて、肝心のほのかの方ですが、こちらもなんとなく最後はあっけなかったですかね。作品タイトルからして、4人攻略時点でもって、この作品は終わりって思ってない分、先があるのかって期待を持てるんで、こんかいみたいな終わりも有るのか?って受け止めていますが、これはほのかだけでなく、他のヒロインにしても多少の差は有れど、あっさりし過ぎてますよ。この後に続くであろう "終章" への布石とするならば、十分ですが、どんな纏め方をしてくれるのか?もう、この作品の評価は最終章で決まると言っても良いと思います。このままであれば、良作にはちと届かないんでないかな?

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その16

ほのか5-ファイブ-
ほのかルート進めています

うぅむ、ほのかがやっぱ一番謎が深そうな気配濃厚ww

終盤には少々早いと思われるのですが、、ほのかシナリオは結構動きますねぇ。んでもって、謎は謎のままって感じなので、これまた一気に展開しそうですが、クネ夫は捨て駒でしょう。なんだかもう役目は果たした気がする。

とは言っても、ほのかの箍を外してしまった感がありますから、十分って感じですがねw

<少々ネタバレ反転>

ほのかの能力・・。と言うか、ほのかの感情に呼応するような吹雪と主人公が夢に見た、雪に纏わる事柄。これまでも、吹雪の来襲を言い当てたりってのは、ほのかが自然に近い存在だからかな?とか思っていたのですが、もっと雪に近い存在っぽい雰囲気ですかね?

でも、禰音が「ほのかが連れて来た人なら・・」なんて言っていたので、ほのか自身が自滅するような相手じゃないと思うのですが、雪に暖かさは相交わらない。まして、"雪は等しく降り積もるもの"ってにも反する部分もあるしね。人の世界には居てはいけなかった存在なのか?

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その15

ほのか5-ファイブ-
ほのかルートプレイ開始しました

ふぅむ、例によって序盤はまったりモードですか。とは言っても、ウエンカムイの影もちらついてますし、クネ夫もウザったく絡んできそうな気配

薄氷の上の安寧と言ったところなんでしょうね。しかし、森の動物たちと触れ合う人間の図ってのも、一見メルヘンチックですが、そうそう長続きするとは思えない構図ですな。

まぁ、それにはクネ夫の存在ってのが、間違いなく良くない方向へと導いてくれるでしょうから、外れることはほぼ無いと見てよいかとww

さてさて、ここで個人的に注目しているのは、ほのかは何者なのか?ってポイントですね。禰音に関してはポジションも決まってましたし、それ故に彼女が成さなくてはならない事ってのにも繋がって行ったと思うのですが、ほのか関してはあまり役割って位置付けがピンと来ないんですよね。でも、禰音辺りはおそらく解っているんでしょうけど、ほのかは存在自体に意味がある様な気がするんですが、どうなんでしょうかね?

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その14

禰音5-ファイブ-
禰音シナリオコンプしました

うむむっ、終盤楽しめましたが、この作品って、熱いシーンもあったりしたのねんww

ふむ、禰音とは平和で甘めの生活が続いてましたから、こりゃヤヴァぃかな?と思っていたら、やっぱ来ましたねぇ。

もちょいとクネ夫辺りとかが絡んでくる展開かと思いきや、ちと方向性が違ってました。うーん、やっぱ花畑の方は問題が大き過ぎてって感じはしてましたが、そこは予想通りってのかねw

しかし、禰音って邦衛さんから護身術を習っていたとか触れられてましたが、予想以上に強かったのねんww
こう・・熱い展開になるとは、日頃の禰音からは予想しておりませんでした(^^;

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その13

禰音5-ファイブ-
禰音ルート進めています

仕事の方は今日で最大の山場を乗り越えましたが、お陰でプレイの方はあまり進まず・・ww

ふむ、禰音とは好い雰囲気で、さらに一歩進んだのかな?って感じ。でも、告白は無くて、これって邦衛が扇動(?)してるのが逆効果になってないか?w

さーて、2人で立ち向かうものってのはハッキリしてきましたが、これってなかなかに大変でないですかね?手に職持っていても結構な権力が無いとかなり無理っぽい様な気がしますし、こりゃそこそこびっくり展開がありそうな予感もするなぁ

まぁ、そこはそれ。人外の力も必要になるってな感じですかね?個人的には伝奇系の設定は嫌いじゃないので、そこそこに収めてくれれば問題ないですけどね(^^)

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その12

禰音5-ファイブ-
禰音ルートプレイ中

愛理が帰りの飛行機を予約したりしてますし、ぼちぼち終盤へと入りそうな気配ですw

う~む、他のルートと同様今のところは禰音とまったりモードと言ったところww 主人公も禰音も、恋心とまでは行かなくても、互いに傍にいるのが嬉しいみたいな好い雰囲気ですか

ところで、禰音の名前に使われている漢字が気になったので、ちと検索して調査。” ”の字源としては、"天意と近い、天意に適う"から来ている様で、身近な父の"みたまや"みたいな意味があるようですが、ここは"天理によく沿い従うもの"って意味の方が作品にはマッチしている気がしますね。神の使いってんじゃないかも知れませんが、神話的設定があるとすれば、"神の意を汲むもの"として運命を背負っているとか?

なはは・・(^^;。いやいや、妄想全開モードですが、こんなことを考えるのも楽しいものですよ。

まったく関係なかったりすることも多いですけど、そこそこ関連性とかが見つかると、ライターさんの意図が少し見えてくるようですし、そんな思いを込めてキャラの名前付けたりしていた方が、楽しいじゃないですか(^^)

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その11

禰音5-ファイブ-
禰音ルートへ向けてプレイ再開

ん~と、この作品、分岐はそんなに多い方ではないのですが、結構分岐ポイントが把握し難かったです

ですが、ほのか禰音ルートの分岐と目星を付けて置いたポイントはでしたねぇww

ま、愛理ルートに迷い込まないようにして、「てらーっと出かける」のが正解。ここがほのか禰音ルートへの分岐で間違い無さそうw

ほのか禰音ルートの分岐は……これはもう、ここしかないでしょ!って、一目瞭然に近いものがww

と言う事で、無事禰音ルートへと分岐したようであります。さて、神話とかの設定には、愛理ルート以上に期待してしまう、ほのか禰音姉妹ですやねぇ。ほのかの方はコロポックルと意思疎通ができたりと、すっかり自然児(?)っぽいところがありますが、禰音の方は…さて?

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その10

楓5-ファイブ-
シナリオコンプしました(^^)

シナリオも終盤の急展開。まぁ、急転直下ってのに近いかもww

う~む、予想していたのとは随分違ったシナリオ展開でありました(^^;

神話とかの要素の入り方と、の背後にあるもの、個人的予想とはどちらかと言えば逆でした

<少々ネタバレ>

に彼氏が居るとは思っていなかったのですが、何かもしくは誰かを待っているのかってのは"約束"を支えに頑張っているの姿から想像していました。

ただ、神話よりの設定として、実はが精霊的ポジションの存在なのかと思っていたんですよね。主人公の父親と同級生と言いつつ、若々しい姿とかからそう思ったんですよ。

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その9

楓5-ファイブ-
シナリオプレイ開始

とは言え、意外とルートに入るのに梃子摺りましたww

や、シナリオ分岐はこの辺りかな?と目星を付けていたのが、全く間違ってまして、それ以降どんな選択肢を選んでみてもBAD END でもってお終いと言う構図(^^;

う~む、これは予定外に時間が掛かってしまいました。どうやら分岐は湖シーンでの選択肢。愛理寄りでない方を選択するのが吉の様でありました。

ふむふむ、の場合何故一人で牧場を切り盛りしているのか、ってのが焦点かな?と思っていましたが、どうやらそれだけでも無さそうな雰囲気ですねぇ。愛理のケースもあるし、どうにも予測の付かない状況って気がします。ままっ、年齢差もありますしねぇ。どうなるのやらww

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その8

愛理5-ファイブ-
愛理シナリオコンプしました(^^)

おおっ!なんとなんと終盤は動きましたねぇ。お話w

ま、当然と言えば当然なのですが、プレイ開始してからもずっと疑問に思っていたこととか、ちょっと欠落してんじゃね?って部分が埋まりましたよw

ん、愛理シナリオ楽しめました。なかなかに急展開って感じもありましたが、最後は"そうだったのくわっ!"って感じで納得のラストでした

あははぁ、結構こんなお話は好きなのですよ。途中からこの手の話になるのかと思いきや、ラスト近くまで普通でしたからね。

おっと、そうそう志乃も登場しましたよ。結構な〇リっ娘にはちと参りましたけど、春楡って姓が出てきたときに"あぁ、成る程ね"と思いましたね。

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その7

愛理5-ファイブ- 』どうやら愛理ルートに入ったみたいです

ふむぅ、実の妹ってのには間違い無さそうなんですが、どうにも愛理イベント中心ですしww
そう言えば、パッケージ絵とかにも志乃ではなく愛理が大きく描かれてましたよね・・・。
と言う事で、愛理ルートの様であります。

ま、時折"お兄ちゃん、好き!"オーラは出してましたけどね。

さて、お話の方は、ほのか禰音と知り合って、ここから一気に展開かと思いきや、予想外にまったりモードw

んにしても、小さい頃を思い出してんのか、一緒のベッドにもぐりこむのはまだ良いとしても、バスタオルは巻いてるとは言え、兄の入浴中に乱入しますかね?
ま、愛理の方はいたって自然に振舞ってるみたいなのが、えろげらしくないと言えばらしくないので、なかなか愛理ルートと認識しなかったんですがww

と言うことは、辺りとのルート分岐はお出掛けの所か、部屋に引き上げる辺りなのかな?

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その6

愛理5-ファイブ- 』進めています

今日もボチボチと進めていますよw。漸く変化の兆しとか、ちらっと先の展開への手掛かりになりそうなものが出て参りましたww

いよいよ動き出したかってのは、ほのか禰音への再会が切っ掛けの様で。やっぱこの作品はほのかの存在ががキーポイントのひとつには間違いないようですww

ん~ん、ほのか禰音も普通にコロポックルの存在が見えるようですな。さんも見えるようですが、なんとなく係わり合いのレベルが違うような気がするw
ほのかなんか、普通にコロポックルと一緒に遊んでいそうだしね(^^ゞ

さて、愛理ほのか禰音は初対面にも係らず意気投合した様で、特に愛理ほのかは波長的に近いのか、同属愛(?)でも目覚めましたかね?や、二人のパジャマ姿はちょっと不意に暗闇で出会いたくはないなww

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その5

禰音5-ファイブ- 』進めています

さぁてと、今日進んだのは2日分。いつものペースに戻ったみたいww

ふぅむ、幾つか選択肢は通過しましたが、これっ!って決め手は特に無かった様な気がしていたのですが、なんとなく雰囲気的には愛理の比重が増してきたような・・・

あれ?愛理って実の妹ですよね?
う~ん、そんなルートがあるのか?
ちとヤヴァいんでねーのかなww

まぁ、そのぉ、恋愛感情はともかくとしても、愛理って暴力沙汰になったり、きつい物言いはしているものの、主人公のこと信頼してますよね。その辺りの雰囲気はしっかりと伝わってくるのですが、そのままその感情を成長させて行って良いんでしょうかねw

なんか、幼少時とか、二人の想いみたいなのを決定付ける出来事みたいなのがあったら、それはそれで良いのかも知れませんけど、物語の舞台としてはちと外れてますし、違う方向へ進んでくれた方が個人的には趣味合いそうなんですが(^^ゞ

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その4

ほのか5-ファイブ- 』進めています

今日もそこそこ進めたかなと個人的には思っていますが、まだ序盤っぽいですねw

ま、いくつか選択肢も通過してきましたが、ほのか禰音はまだあまり出てきません・・と言うよりも顔見せ程度ですね。

どちらかと言うと、愛理の好感度に影響しているっぽい気もしますが、ほのか禰音は攻略順を後の方でと思っていたんで、これはこれで良いのかもしれませんねww

しかし、「5-ファイブ-」の5ってのは何を指しているのやら?
「全ての根底にあるもう一組のラブストーリー」って謳ってるからには、何か秘めてるのは間違いないとしても、愛理は実の妹間違いないみたいですし、志乃を勘定に入れるとしても、未だ登場してないんですよねww

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その3

楓5-ファイブ- 』プレイ開始

昨日はほんの少しだけだったので、実質プレイ開始は今日からみたいなものw(^^;

今日はまぁそこそこのプレイ時間でしたかねww 作品中の時間経過で4日目まで終了しました。

4日目にして漸く、ほのか禰音が登場しました。それまでは、愛理さん家での牧場生活って感じでした。

ほのか禰音まだちらっと登場したって程度。なんとか接点が出来た・・のかな?意外なことに主人子達が滞在する牧場とはかなりロケーション的に離れてました。隣の家とかアパートの隣部屋じゃないんだww
しかし・・・京都~大阪間よりも遠いぞww
うーむ、これはどんな展開になるんでしょうかね?

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その2

愛理5-ファイブ- 』プレイ開始!

と言いたい所ですが、殆どプレイ出来ずww 実は、寝落ちに近い状態で(^^;

まぁ、たまにはこう言ったこともありますやねww

結局作品中で一日分も進めてなかったりしますねw
ままっ、それはそれとして、オープニングから良い雰囲気の作品であります。それに寄与しているのはやっぱりBGM。雪国、季節は冬。当然雪の降るシーンで始まるのですが、クリアーな透明感のあるBGMが、冬の澄んだ冷たい空気や、雪の結晶がぶつかって音を立てるような、そんな雰囲気を醸し出しています。

「ドタバタ 雪国ラブコメディ」なんて称していますが、オープニングからも、ドタバタだけではない雰囲気を感じてしまっているのですが、これって期待過剰なんでしょうかねww

続きを読む "『5 -ファイブ-』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5 -ファイブ-』 その1

5-ファイブ- (C)RAM次のプレイ作品は、RAMさんの『5-ファイブ- 』に決めました

や、伝奇系の作品っての結構好きなのですが、「幻想と神話が織り成す世界」なんて紹介されていたら気になって仕方ないではないですかww

しかも、音楽にはあの麻枝准氏の名前があるし、ライターとしては引退表明されてましたが、係った作品と言うことではやはり興味がありますしね(^^)

「ドタバタ 北国ラブコメディ」なんて、オフィシャルサイトには紹介されていますが、ドタバタで終わることは無かろう!ってのもやっぱねぇ。何か期待しちゃいますよww

はいはい、そんな事よりも、恒例の作品紹介とまいりましょうかww


続きを読む "『5 -ファイブ-』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『キラ☆キラ』 その17 End

きらりキラ☆キラ
きらりルートコンプ

これにてフルコンプとなりました(^^)

ん~っ、終わってしまいましたね。きらり TRUE END も引き込まれました。いやぁ、週末で良かったよ、これじゃ次の日仕事になんねーww

なんと言うか、泥臭い話と表現したら良いか、人の懊悩とかだけでなく、色々な思いが絡み合ったシナリオでした。こんなシナリオはたまりませぬなぁw

内容的にも奇抜なところは無くて、ちょっと世間を見渡せば転がってそうな事ばかりだと思える(ってーか、最近の事件の方が余程だと思う)のですが、展開とか描写が上手いです。本当、人と人が係り合うってこんな事もあるんだって、その辺りを丁寧に描いてありました。

ま、最後は綺麗に纏めたって感じでしたが、きらり一人だけでなく他のメンバー達もそれぞれの道をってのが良かったですね。皆がそれぞれの進路を歩む中でも、友情は変わらないってのが尚良しww

さて、TRUE END でも重要な展開がありましたが、これも昨日同様反転部でも触れない方が良いと思われますし、極力触れない方向でww

続きを読む "『キラ☆キラ』 その17 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『キラ☆キラ』 その16

きらりキラ☆キラ
きらりルート1stエンドクリア

・・・・・
・・・
・!

んあ~っ、油断しておりました。ま、まさかこんな展開が待っているとは・・・。

くっそ~っ、そうですとも、やられましたよ。こんちくしょーっ!って感じです罠w

これ、無防備過ぎて鬱入ってしまう可能性大ですよ。本当、危険。でも、良かった。シナリオ的には良かったです。

なんせ、ずっと気にしていた主人公のスタンスが遂に崩れましたし、個人的には納得の出来でした。途中、とあるイベントでもって、"こりゃ、BAD ENDか?"と思いきや、残りは一気に最後までプレイしてしまいましたよ。こんな展開予測できないやねww

それにしても、これは絶対書けないな。未プレイの人が居ると思うと、絶対に伏せておいた方が良いと思うので、この後の反転部も頑張って触れないようにしなきゃw

続きを読む "『キラ☆キラ』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『キラ☆キラ』 その15

きらりキラ☆キラ
きらりルート進めています

今日はあまり進みませんでしたが、無事きらりとくっつく主人公ww
バンド活動も停止、主人公は受験勉強に、きらりは就職って方向で過ごしてますが、それなりに恋人らしき日々を送っているってことで、なにやらまったりした感じです。

でも、なんかねぇ、普通過ぎてこの後がどうなるのかちと不安になったりww
むーっ、深読みし過ぎなのかもですけど、兎に角このまま Happy End は有り得ないと思いますから今後どう展開するのでしょうね?

しかし、どうにも主人公ってあまり変わってない様に見えるんですよね。以前の彼女との付き合い方ってのもこんなだったのか?と思えてしまいますね。
このままだと、作品プレイ開始直後の"主人公彼女に振られる"の図にまたしても直結しそうな気がするんで、どうにもバンド活動だけでは、この主人公って成長してなかったのではないですかね。まぁ、想定の範囲内ですが(^^;

続きを読む "『キラ☆キラ』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »