« 『水平線まで何マイル?』 その12 End | トップページ | 『ふりフリ』 その2 »

『ふりフリ』 その1

ふりフリ次のプレイ作品ですが、130cmさんの、
ふりフリ ~ふつうのまいにちにわりこんできた、フシギなリンジンたちのおはなし~
に決定

いやいや、8月末に2作品買っておいて良かったww
最近は2ヶ月で3作品とかが多かったので、月に買うのは多くて2作品まで(特に気になるものが無い場合w)としているのですが、気軽に楽しめそうだと言う理由で購入w

それだけではなくて、主題歌が KOTOKOさんってのも勿論惹かれてしまった要因の一つではありますww

んにしても、『ふりフリ』ってなんだ?と最初に思わせたタイトルですが、「つうのまいにちにわこんできた、シギなンジンたちのおはなし」って・・・マジっすかww

まぁ、この業界の作品って略称で呼ばれる事が多いですけど、それを考えていてこうなったんでしょうかね?

はいはい、兎に角、楽しませて頂きましょうかねww
と言う事で、恒例の作品紹介でございます


◆『ふりフリ ~ふつうのまいにちにわりこんできた、フシギなリンジンたちのおはなし~

  • ブランド: 130cm
  • 発売日: 2008/08/29
  • ジャンル: 日常割り込み系AVG
  • 企画: 俵藤まこと
  • シナリオ: 西空康誠
  • キャラクターデザイン/原画: 泉水いこ
  • BGM: U-ma
  • 主題歌: KOTOKO(I've Sound)
  • 声優
    • 桃瀬 みのり:青井美海
    • 鳳 潤:ウサダウサコ
    • 馬子・フォン・オストヴィント:姫川あいり
    • 鹿子・フォン・オストヴィント:姫川あいり
    • 月詠 かぐや:鶴屋春人
    • ホロビ:三園あすか
    • メルルーサ:越田直樹
    • ゴルグダード・ギムギムIII世:伊藤なつめ
    • イレモノ:如月葵
    • 高幡 輪子:亜衣
    • 新堂 沙雪:青井美海
    • 陸 修治:本多啓吾
    • 穐 冬夏:黒崎倫
    • 森永 こみみ:藤堂みさき
    • ???:真木将人
    • ???:深沢紀都
    • (キャスティング協力: ロックンバナナ)

◆物語

とある時、とある場所に在る街・星降り台。
そこは不可思議な力を持つ、何処からやってくるのか分からない落下物――ガラクタで有名な観光地。

そんな星降り台に住んでいる学生・穐春秋は、夏のある夜、
下校途中にガラクタが落ちてくるのを見かける。

本物のガラクタを手に取る事は、この街に住んでいる人間でも中々無いチャンス。
早速春秋は、ガラクタが落ちたと思われる場所へと向かう。

そこで見つけたのは、光輝く小さな欠片。その光も、春秋が手に取ると同時に失われ、それ以上はうんともすんとも言わない。

「まぁ、こんなもんだよね」
光を失った欠片をポケットに入れて、帰ろうとする春秋。そんな春秋の元に、夜空を横切り落ちてくる、光が二つ。
「な、なんだぁ?」
光と共に降り立ったのは、おかしな格好をした二人の女の子。これが、ガラクタの降り注ぐ街で始まる、更に不可思議なおはなしのはじまりはじまり。

◆キャラクター

◇桃瀬 みのり(ももせ みのり) みのり
 CV: 青井美海
『外』から星降り台へと侵入してきた、大魔王・ホロビの従者。
驚異的な胃袋を持つ、ものすごい大食い。
大抵のものは、ひと飲みで平らげる。目の前においしいものがあれば、それだで幸せ。
ホロビには忠実なのだが、その性格の為、暴走したり食べ物に釣られたりで、有能な部下とは言い難い。
◇鳳 潤(おおとり じゅん) 潤
 CV: ウサダウサコ
メルルーサによって見出された、次代の勇者。
メルルーサとの戦いで弱体化したホロビに、止めを刺すべく追撃。ホロビの従者であるみのりと激しい戦いを繰り広げながら、星降り台に降り立った。
生真面目で困った人を見過ごせない性格。次代の勇者に選ばれたことを誇りに思い、その重責をしっかりと果たさんと勤めている。
しかし心の中では、年相応に恋人との出会いと、そこから始まるささやかな幸せも夢見ている。
◇馬子(まこ)=フォン=オストヴィント
◇鹿子(かこ)=フォン=オストヴィント 双子
 CV: 姫川あいり
『外』を自在に行き来し略奪を繰り返す、盗賊国家の双子王女。
何故か部下の盗賊団は引き連れず、ギムギムだけをお供に星降り台にやってくる。
享楽的で、物事を派手に行うのを好む。
父親に甘やかされて育ったので我侭放題だが、仲間や親しくなった相手に対しては、時折素直ではない気遣いを見せる。
◇月詠 かぐや(つくよみ かぐや) かぐや
 CV: 鶴屋春人
主人公と同じ学園の一年生であり、彼の所属する同好会の唯一の部員。
主人公に一目ぼれしての入部であり、事あるごとにその好意を静かにぶつけてくる素直クール。
優等生ながら非常に強固かつ情熱的。
時にはそれが、後戻り出来ない頑固さになる事も。
◇穐 春秋(あき はるあき) 春秋
主人公
学園の2年生で、部員1名のガラクタ同好会の部長。
みのりと潤の戦闘に巻き込まれるも、回収した欠片の力でホロビと融合。一命を取りとめる。
周囲や体内に異世界からの来訪者を抱えながらも、日々の生活をこれまで通り送る、ある意味剛の者。
また姉がだらしない性格の為、自然家事全般をこなす、主夫タイプになってしまっている。
おいしい食事を一緒に食べれば、誰でも仲良くなれるという信念の持ち主。
◇高幡 輪子(たかはた りんこ) 輪子
 CV: 亜衣
学園の三年生。
新聞同好会の写真担当。
お互い弱小同好会という事で同じ部室を共有しているため、顔見知り。
日々カメラを片手に、特ダネを求めて飛び回っている。
◇新堂 沙雪(しんどう さゆき) 沙雪
 CV: 青井美海
春秋のクラスメイト。
新聞同好会の記事担当。多々暴走気味の輪子に、ブレーキをかけるのが役割。
同じクラスの修治とは、恋人同士。
◇陸 修治(くが しゅうじ) 修治
 CV: 本多啓吾
春秋のクラスメイト。
新聞同好会とは無関係なのだが、沙雪の恋人という立場を利用されて、輪子に引っ張り回される事が多い。
◇ホロビ ホロビ
 CV: 三園あすか
みのりの主にして、自称・いくつもの世界を征服してきた大魔王。
夢は名実ともに全世界の支配者となること。
その征服の過程で勇者・鉄槌王と激突。
大半の力を失い、緊急措置として舞い降りた星降り台で、春秋と融合してしまう。
この融合を切り離すとともに、あわよくば力を取り戻す足がかりを得るため、ガラクタの独占を目指す。
◇メルルーサ メルルーサ
 CV: 越田直樹
幾つもの世界を救ってきた「鉄槌王」の異名を持つ勇者。潤を次代の勇者に指名した。
ホロビとの戦いでその力を減退させるも、自らも呪いを受けて魚の姿にされてしまった。
メルルーサという名称も呪いによるもので、真名はまた別にある。
熱血漢で情にもろいが、ノリは結構軽い。
老若問わず女性に弱く、出会った相手はまず口説くのを信条としている。
◇ゴルグダード・ギムギムIII世 ギムギム
 CV: 竹田彬夫
オストヴィント一族に代々伝わるガーディアン。通称ギムギム。
見た目は緊張感の無い顔の浮かんだ泡。分裂したり膨らんだりも自由自在。
言葉は「ギム」のみしか発音出来ないが、馬子、鹿子とは普通に意思の疎通が可能。
何をされても言われても、ふわふわしている所から、温和と思われる。
もっとも何も考えていないだけかもしれないが。
◇イレモノ イレモノ
 CV: 如月葵
謎の少女に付き従う、契約の魔。


|

« 『水平線まで何マイル?』 その12 End | トップページ | 『ふりフリ』 その2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44682374

この記事へのトラックバック一覧です: 『ふりフリ』 その1:

« 『水平線まで何マイル?』 その12 End | トップページ | 『ふりフリ』 その2 »