« 『るいは智を呼ぶ』 その12 | トップページ | 『るいは智を呼ぶ』 その14 »

『るいは智を呼ぶ』 その13

伊代るいは智を呼ぶ伊代ルートに入りました

ふむ、選択肢的には伊代茜子って感じだったのですが、蓋を開けてみると伊代ルートでした。w
他にも思うところはあれど、取り敢えずは伊代ルートに集中ですねww

ほむほむ、主人公と伊代が接近していくプロセスは結構自然で良い感じであります。伊代に限らず、るいこよりもそれなりに良い感じではありましたが、伊代とのプロセスはもちろん一からの関係で、互いに認め合いながら、そこに安らぎを見出していくってのはいいな。

デフォルトで好感度MAXとかってキャラよりも、こんな風にプロセスを踏んで好感度が上がっていくってのは好みであります。

それにしても伊代って結構不思議なキャラだなぁ。何処と無くズレてるし、空気読めないんだけど、なんとなく許せてしまうみたいなww


さて、伊代ルートでは結構も係って来るようで、"呪い"に関しての進展もあるんでしょうか?家系的にもなにやら秘密に接している様な予感もしますし、伝承とか文献とか核心にまでは届かなくても、手掛かりの一端位は持ってそうな気がするな。

花鶏にもそんな印象は持ってましたが、の方がヒントとしては重要な何かを持っているのかも。だとしたら、伊代よりも先に花鶏を攻略した方が良かったのかなぁ
ま、ここまで来て後戻りはしませんけどねww

<ネタバレ?>

ここでちと気になることが・・・

主人公の見る悪夢。そこで見た着物姿の主人公。でも、夢の中の主人公はその人物を見下ろしている構図。

ひょっとすると着物姿の人物は主人公の双子の姉?
これは面白くなってきましたよ(^^)

<ここまで>

主人公は相変わらず能力については自覚が無いようですし、無自覚にも使っている節がないですね。それは伊代ルートに入っても同様みたいで、こりゃ最後に開眼してって展開でしょうか?

それは追々分かるでしょうし、伊代ルート続きを楽しむことにしましょう(^^)

|

« 『るいは智を呼ぶ』 その12 | トップページ | 『るいは智を呼ぶ』 その14 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44662171

この記事へのトラックバック一覧です: 『るいは智を呼ぶ』 その13:

« 『るいは智を呼ぶ』 その12 | トップページ | 『るいは智を呼ぶ』 その14 »