« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

『スマガ』 その17

姫々スマガ★STAR MINE GIRL
第2部姫々ルート目指してプレイ中

あー、例によって今日は少しだけ進めましたww

ままっ、分岐の見当は付け易いところがありますんで、そのまま生徒会方面へと(^^;

とまぁ、その辺りは予想通りなんですけど、ガーネットが妙に反応しますね。何か生徒会に対して思い入れがあるんでしょうか?それとも、その矛先は姫々を向いているのか?

兎に角、イベント毎にエトワール3人娘の中で絡んでくるのがガーネットって事で、ひょっとしたらガーネットルートへの分岐を含んでいるのかもって気もしますね


続きを読む "『スマガ』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その16

スピカスマガ★STAR MINE GIRL
第2部スピカルートコンプしました。

ほむ、開いた扉の関係でもって、スピカルートへと舵を取りましたが、周辺から攻略しても大丈夫だったみたいですねww

今回のスピカの物語は、『SAKURA MAU GAKUEN』- Spica Excellent Story って事でした。

ふむ、少々都合の良い所もあったりしましたが、取り合えずの Happy End って事で、やっぱ Happy End は良いですねww
都合良いなと思ったところは、最後で某氏から突っ込みがあったりしましたが、そこは第1部がありましたから、"ふむ、そう言う事ねw"ってことで、なんとなく納得はしましたけどね。この辺りは構成が上手いですやねww


続きを読む "『スマガ』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その15

スピカスマガ★STAR MINE GIRL
第2部スピカルート進めています

ほむ、スピカルートどう変化するのかと楽しみにしていましたが、結構そのままって感じで第1部のトレースモードになってますww

うーむ、雨火が絡んできたりってことで、新展開かっ!って気合いれたりしていたんですがねぇ。少々ルートが変わっただけで、軌道修正って方向には進んでないぞ?

と、言うことで今日もあまり書く事がなかったりしますww

ともあれ、途中中々に干渉してこなかった新米神様でありますが、本日プレイの最後辺りで漸くお出ましになりました。特にこれといって啓示を与えるって事はなかったんですが、まぁ第1部とはこの後が変わるのではないかと・・・思うんですけどねぇ(^^;


続きを読む "『スマガ』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その14

???スマガ★STAR MINE GIRL
第2部プレイ開始しました

ふぅぅむ、第2部はどんな展開になることやらと思いつつプレイ開始しましたが、プレイ視点が変わるのかと思いつつも当座は第1部の焼き直しって感じかな?

主人公にCVが付いたって事で、視点の違いってのは表現されているのかも知れませんけど、何が変わるのかと期待しつつも、今のところ殆どがトレースし直し・・・って事で Skip を使い始めましたよww

第2部って事で、気になっているキャラは雨火なんですよね。この世界の真実を知りたいってのは、ジャーナリズムの成せる業って事では片付けられない気もしているんですよね。

真実に至りたいと言う想いはどこから湧いてきているのか?、何故それほどまでに求めるのか?。ちょっと興味そそられますよねww


続きを読む "『スマガ』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その13

ミラスマガ★STAR MINE GIRL
ミラルートコンプしました

ミラの章は『Shoot the Miracle Goal』- Mira Happy Story でありました(^^)

スピカガーネットルートと同様、今回もちょいと悲劇の匂いのするストーリーになるのかと思いきや、ミラルートは一応 Happy End でもって幕を閉じましたねぇ

いやいや、お話的には結構楽しめました。うむ、話の展開的には結構都合よ過ぎる気がしないでもないですが、スピカとかガーネットの複雑な胸中描写とかがあったのは良かったですね。

それと、まぁ良くこんな世界設定を思いつくものだなとww
ま、妙に迫真っぽくグロぃ系のを見せられるよりは、ちょいとコミカル系の味付けの方がww


続きを読む "『スマガ』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その12

アリデッドスマガ★STAR MINE GIRL
ミラルート進めています

ミラルートは明らかに、スピカガーネットルートとは異なる展開ですねww

スピカガーネットルートは似た様なプロセスの中で、この微妙な世界のバランスとか背景の説明って感じでしたが、ミラルートでは展開上一歩進めた雰囲気ですね。尤も、ミラルートと言うよりはハーレムルートっぽくなってきましたけど(^^;

それと、気になっていたアリデッドの反応が面白くなってきました。今まではどちらかと言えば無関心かつ超然とした感のあったアリデッドでしたが、動揺を見せたりするシーンがちらほらと・・・

なんだか、この世界にも変革の兆しが見えてきたと思って良いのかな?


続きを読む "『スマガ』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その11

スピカスマガ★STAR MINE GIRL
ミラルートプレイ続行

っと、例によって今日はあまり進みませんでしたが(^^;

今回はスピカガーネットダブルデートww

あはは、どうやって互いに気付かれずにクリアするのかと思いきや、ウィークポイント総攻撃って感じで、相手を釘付けでしたねww

スピカガーネット、ちょっとデートにしては可哀想な気もしますが、やっぱミラルートですしねww

今までのシナリオと発生イベント…特にゾディアック絡みで、異なるのはミラの影響力でしょうが、主人公の選択一つ(ゲーム中の選択肢じゃないですよw)でお終いって事は、他の2人の影響力も避けては通れないレベルってことでして、この微妙なバランスを壊さずにミラへの展開をどうするんでしょうかね?ライターさんの腕の見せ所ですかw


続きを読む "『スマガ』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その10

ミラスマガ★STAR MINE GIRL
ミラルート(?)プレイ開始ww

いやいや、順番から行くとミラの章なのですが・・・とは言え、どちらかと言うとミラが真ん中に座っている感のあるシナリオなので、ミラルートで良いとは思うのですが、今のところはミラルートと言うよりも、スピカガーネット三角関係シナリオっぽいwww

ふむ、今までの経過からして、おそらくこの章もどちらかと言うと共通編に近い形のプロローグの一部だと思われるのですが、主人公を取り巻く環境+主人公の経験値が変わっていますからねw

今までのシナリオとはちょっぴり味付けに変化が加えてあって、くどくどしい繰り返しになってないのは大歓迎。と言うか、繰り返しで明らかになってきた部分と、一層謎になってきた部分が結構良いバランスでして、かなり楽しめてます。表面的などちらかと言うとドタバタっぽい展開の反面、その裏では真相は一体どうなっているのか?ってのがあって、結構惹き込まれる展開となっております。


続きを読む "『スマガ』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その9

ガーネットスマガ★STAR MINE GIRL
ガーネットルートコンプしました

ふむふむ、ガーネットの章は『SAD MAD GOOD-BYE』- Garnet Pained Storyでした。

予想通り主人公の体の痛みには理由がありましたが、その根源はちょいと哀しいものがありますやねぇ。

ま、"Garnet Pained Story"ですし、となればこんな展開も解りますけど、なんだかこの展開では主人公もガーネットを受け入れる方向で進みますが、ちょっと方向性を変えられなかったのかと思わなくも無いなww

それはそれとして、ガーネットの章もサブキャラがちょっと光ってました。今回は姫々がなかなかに良かったですね。あの揺ぎ無い自信は何に裏打ちされているのか、ちょっと興味が湧いてきましたよ。ちょっと格好良すぎかも知れませんww


続きを読む "『スマガ』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その8

アリデッドスマガ★STAR MINE GIRL
ガーネットルート進めています

ふむふむ、成る程ぉ。スピカルートではエトワールの運命って言う感じの部分が描かれていたとすると、ガーネットルートでは、この天蓋付き世界の成り立ちが描かれている感じですね

いやぁ、"気楽に楽しめそう"って印象で購入したのですが、『るいは智を呼ぶ』に引き続いて意外(失礼w)ながら、結構引き込んでくれる作品ではないですかww

作品世界の背景がしっかりしていますね。
往々にして、最後まとめるのにとか、一発逆転に都合の良い世界なんかを作り上げてくれたりして、「あぁそう?」みたいに終わる作品も見受けられる中、こんな作品は中々に楽しめるのですよww

魔法とか係ってくると、得てして超展開とかが最後に用意されていたりするものですが、なんだかこの作品は最後も期待できそうなwww


続きを読む "『スマガ』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その7

雨火スマガ★STAR MINE GIRL
ガーネットルートプレイ開始

おーっ、結構面白いではないですかww
結構楽しめてますよ(^^)

いやいや、同じようなルートを別視点なのかとか思いきや、前世の記憶を引き継いでいる訳ですけど、少し前回とはズレた展開ってのが良いですね。

それと、結構周囲のサブキャラが醒めている様で、実は少々距離を取っているだけで、見守っているってのも良い感じ。

スピカルートでも終盤そうでしたけど、魔法世界だと言って、急に力を得てなんでも解決って急展開になるんではなく、周囲の後押しを得てってのが好みの展開ですやね(^^)

とは言え、ちょいと重めの展開が続いていますし、このパターンだとまだ暫くは続きそうでありますがね(^^;


続きを読む "『スマガ』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その6

結花スマガ★STAR MINE GIRL
スピカルートコンプしました

とは言っても、どうもスッキリしないってんで、取り敢えずEXTRAの方を偵察・・・。

ふむ、最初はスピカルート固定みたいですね。CG Library を覗いて見ると10個の章に分かれているような感じですし、クリアした部分は『SHE MAY GO』って章らしく、"Spica Sad Story"らしい

ふむ、となると、今の感触からして、人生リベンジで主人公が通過する扉はやはり意味を持っている様であります。

EXTRAを覗いて見ると、作品的にはかなりボリュームがありそうです。"Spica Sad Story"も序盤3章のひとつと考えた方が良さそうでありますね。こりゃ、この作品でひと月位は掛かりそうな勢いだよww


続きを読む "『スマガ』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その5

姫々スマガ★STAR MINE GIRL
スピカルート(?)めてます

はい、お話の方はちょいと気分重めのまま展開しております。主人公がこの世界に現れたからなのか、どうにもガーネットとのチームワークもいまひとつで、スッキリしないっぽい。

でも、ストーリー的には、そんな心情の表れかたって部分が描かれている分、重く感じるのでしょうけど、エンターテイメント性に走って、安直なアニメ的展開よりは個人的には良いですけどねw

プレイ最初は、スピカルート固定なんでしょうか?

進めてはいますが、最初から気になっていた主人公がリベンジする際、扉が3つあるのですが、どう考えてもスピカを指し示していると思われる扉しか通っていないんですけどww

なので、最初はスピカ固定的な展開なのかと思うんですが、もちろん、今までの選択肢の結果と言う可能性もありますし、選択肢がどう影響しているのか結構見極めるのが、相変わらず難しい作品でありますね。


続きを読む "『スマガ』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その4

ガーネットスマガ★STAR MINE GIRL
進めてますよw

ふむ、お話の方はなにやら急展開?
合宿に来て、一夜明けたら放置されていた主人公www

と、ここから急展開で、スピカガーネットが妙に変な雰囲気だなと思いきや、合宿の夜にゾディアックの襲来が有った様で、変な雰囲気はミラの負傷(?)にも関係ありそうで、スピカガーネットも不安定っぽくなってしまいました。

なんだか覇気がないってのか、どうにも合宿明け以降、スピカが弱気になってしまって、どうにも何をするにしても、逃避行動っぽく思えますね。

しかも、なんとなく諦観しているような印象もあって、プレイしていてもちょっと重いなぁ。こんな雰囲気の時のおちゃらけキャラはウザいですが、その辺りは主人公も同様の様でww


続きを読む "『スマガ』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その3

ミラスマガ★STAR MINE GIRL
進めております

んと、取り敢えずはゾディアックの襲来も無く、平和な日常がって感じ。主人公もなし崩し的に学園生活へ突入ってところですが、ま、最初は世界観とかキャラクターの背景説明に、人間関係の構図の説明モードってことですやねww

一色ヒカルさんもアリデッド役で通常(?)モードに戻ってますし・・って言うか、最近こんな役多いですねww
日頃の言動はともかく、シリアス展開を期待したいものです。最近ご無沙汰なので(^^;

作品の方は最初に触れた感じですが、相変わらずネタはそこかしこにww
パロディっぽい味付けですが、元ネタ知らないのもあるだろなぁ。


続きを読む "『スマガ』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その2

スピカスマガ★STAR MINE GIRL』 プレイ開始!

いやいや、ストーリー紹介にありましたから、分かってはいましたが、主人公最初っから死んじゃいますねww

しかも、最初からいきなりネタで始まるのですが、のっけからなかなかに笑わせてくれまして、”つかみ”はOKって感じでしょうか(^^)

んでもって、次は神様の登場となるわけですが・・・

きゃははは!神様河合春華さんって、キャラ嵌りすぎだろっ!!

っかし、いいのか?や、嵌りすぎて噴出しそうに成った位の演技なのでありますが、勿体無い位のキャスティングですなww

河合春華さん演じるキャラで、最後にプレイしたのが、凛奈(『この青空に約束を―』 、『フォセット』 )だったので、どうも声だけ聴いてると、凛奈が喋ってるみたいで余計に笑えたんですがww


続きを読む "『スマガ』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スマガ』 その1

『スマガ』(c)Nitro+次のプレイ作品ですが、 Nitro+ さんの、『スマガ★STAR MINR GIRL』 をプレイすることに決めました。

最初は買う気が無かったんですけど、Flashで気合の入ったオフィシャルサイトを見て、CGが綺麗そうだなってのが最初に惹かれたポイントなのですが、さり気無く豪華な声優陣とか、結構気楽に楽しめそうってのが、いつの間にか買ってしまってましたww

ちょいと気掛かりなのがシステム回りでして、以前「天使ノ二挺拳銃」を購入したときには、マシンスペックが足りなかったらしく、あまりのレスポンスの悪さ加減に嫌気がさして、途中放棄してしまいましたからね(^^;

それと、ちょいと気になったのは、今迄の作品と明らかに路線が違ってますし、ライターさんもお初の方ですが、どんな作品なんだろか?って興味も湧いてきまして、購入と相成りました。

ま、しかし、今のタイミング、結構仕事の方でストレス来てますから、気軽に楽しめそうってのが一番大きな要因ですかねww
何はともあれ、息抜きになると良いなってのが正直なところであります(^^;

んではーっ、恒例の作品紹介などww


続きを読む "『スマガ』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その21 End

茜子るいは智を呼ぶ茜子ルートコンプ!これにてフルコンプであります(^^)

おーっ!良かった。良かったですよ、結末ってば(^^)

ま、全てがハッピーって訳には行きませんでしたけど、設定上全てが上手く収まるってのには無理がありますし、そんな方向に持って行くとすれば、かなり都合の良い展開を用意しなきゃいけなかったんでしょうけど、兎に角納得の結末でありましたよw

いやいや、何が良かったって、今迄に散りばめられた色んなピースが全て集まって来て、嵌るべきところに嵌ったって感じが個人的にはとても良かったです。
宮和は特に捻りは無かったww)

キャラ好きに方にはちょっと物足りない感が漂う作品かもしれないですけど、やっぱ個人的には作品としてしっかり纏まっている、こんな作品の方が好みですww


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その21 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その20

惠るいは智を呼ぶ茜子ルート更に進めています

ほむ。予定通り(?)を群れに迎え入れての新たな展開。しかしながら、もう一つ歯切れが悪い辺りが結構面白そうだったりしますねww

そんな感じの展開ですが、すんなり一直線のシナリオよりも、やっぱり面白いですね。なんと言うか、作品の奥行きが出るってんですか、人それぞれに思いはある訳で、綺麗事で一括りには出来ないってね(^^;

さて、の協力は一旦取り付けたものの、今日進めた所では"群れ"瓦解の危機って感じになってきました。元々が強固な絆って感じではなく、孤立した者たちが"呪い"って物をキーワードっぽく繋ぎとめていた関係みたいなものでしたから、一旦疑心暗鬼に陥ると脆いんでしょう。まぁ、冷静さを欠いていたってのもあるでしょうけど、シーン的には感情的に流されるのも仕方ないでしょう。


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その19

宮和るいは智を呼ぶ茜子ルート進めています

うむうむ、何やら個人的には好みの展開と申しましょうか。結構楽しめておりますよ(^^)

なんと言うか、今までプレイしたヒロイン達のシナリオ中にあった、色々なピースがまた登場し、集まって来ています。そして、展開的に今はそれらのピースがひとつずつ有るべきところに嵌って行ってるって感触ですね

今日も少しですが進めたところで、央輝が群れに入りました。まぁ、主人公にとっては大変なんでしょうけど、央輝が群れに入るプロセスにしても、すんなりと仲間に入ったわけでもなく…。同じものを背負った仲間だという微かな繋がり、それに掛けた主人公達の信頼、央輝が生きるためにすがり付いて来たもの、それ故に残る不安、疑念、己に対する自信の喪失、それからそれでも傍に寄り添う存在が与えてくれるもの・・・。いいぢゃないですか(^^)


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その18

央輝るいは智を呼ぶ茜子ルート進めています

ふむ、結構展開のスピードが今迄のヒロインよりも少し早い感じがします。それだけの要素があるんでしょうかね?

例によって今日もあまりプレイ時間はとれなかったのですが、が行動を起こしましたし、央輝も登場して来ました。もっとも、ヒロイン顔見せ勢揃いって雰囲気ではなく、トラブルもしっかと絡んでおりますが(^^;

そんな感じの展開ですんで、そろそろ話は動き出したかって雰囲気です。未だ解りませんが、やはり伊代ルートで辿った道筋に近いものがあるんじゃないか?って気がしますけど、"呪い"の核心に近付くには現状そう考えて仕方ないでしょうしね・・・

なんにせよ、これが最後であるならば、"呪い"の核心に迫って貰わないと、個人的には凄く気になってたまらんのですがww


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その17

茜子るいは智を呼ぶ茜子ルート目指してプレイ再開

はいはい、最後のヒロインですからね。もう一度最初から、あまりスキップは使わないで、復習を兼ねて茜子さんルートへ向け進行中w

ふむ、確かに選択肢が追加になっておりますねww ん、でも対象が茜子さんならこっちかな?って感じで選択。選択肢は共通部ですし、その気になればスキップも使い放題だしね(^^)

でも、結果茜子寄りって感じの展開ですし、取り敢えずは大丈夫そうかな?

やはり、今迄のヒロインシナリオでちらっと見せてきた、茜子の本質的イメージはクローズアップされている感じです。意味不明的毒舌で誤魔化した背後に隠した、優しさとか恐れっぽい部分が良い感じでありますよ。

ん~ん、ちらっと見せてきた部分は納得ですが、思っていた以上に情には厚そうな感じかな?なんのかんのと言いつつも仲間を信頼していそうだし、それ故か自分の"呪い"に関してもあっさりと明かしてしまう茜子さんですw


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その16

花鶏るいは智を呼ぶ花鶏ルートコンプしましたっ!

ほむ、花鶏ルート結構楽しめましたねw

まぁ、尤もここまで来れば、ある程度の割り切りと楽しみ方を覚えたからって説もあったりしますがww

花鶏が拘っていた本に関しては概ね予想の範囲内でありましたし、"呪い"の方の展開もある程度って感じかww

しかし、前半のネタ振りの結果は全くもっての予想外。うーむぅ、花鶏攻略をるいシナリオ直後にしていたら、かなりがっかりしたのではないかとww

ままっ、可能性があるかどうか、全く期待して良いのか悪いのか解りませんが、これも全て作品のラストに収束させるためのネタ撒きだったら良いんですが・・・。さて?


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その15

花鶏るいは智を呼ぶ花鶏ルートプレイ開始!

ふむふむ、花鶏ルートでは、またまたに新たな展開って感じでありますな。

なんにせよ、元になる素材はそのままに、新しい側面でのアプローチってのは良いですね。結局似たり寄ったりの展開を、ヒロイン変えただけってな作品もままありますから、これはまた嬉しい展開かとww

ま、花鶏シナリオでも、多少の物足りなさを感じるのはここまで来ると覚悟の上って感じでプレイ開始しましたからねw
兎に角、作品として飽きが来ないってのは長所でしょうし、これは大歓迎ってところであります(^^)

んでもって新展開。"呪い"の真相は分からないまでも、新しい可能性ってポイントで話は進んで行きそうです。この辺りは花鶏のポジションを考えつつ、"呪い"に皆で向き合うにはなかなかに考えましたねww


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その14

伊代るいは智を呼ぶ伊代ルートコンプしました

おーっ、伊代ルートは中々に良かったですよ(^^)

お陰さまで、明日も仕事だってのについつい夜更かしをしてしまったではないですか(^^;

これで漸く全容めいたものがぼんやりと見えてきた感じです。全てのタネ明かしはどうやら作品最後の様でありますが、伊代シナリオでは若干ピースは欠けてはいるものの、こんな終わりがあっても良さそうな感じがしました。

ま、作品の性格として、若干の欠落は仕方の無いことなんでしょうけど、その割に話の展開は楽しめました。
こより
シナリオに近いものを予想して、伊代ルートはプレイ開始したので、サブキャラも結構役目を果たしていましたし、駒はこれで出揃ったのかどうかは未だ解りませんけど、核心に至る道は見えてきたんではないかな?


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その13

伊代るいは智を呼ぶ伊代ルートに入りました

ふむ、選択肢的には伊代茜子って感じだったのですが、蓋を開けてみると伊代ルートでした。w
他にも思うところはあれど、取り敢えずは伊代ルートに集中ですねww

ほむほむ、主人公と伊代が接近していくプロセスは結構自然で良い感じであります。伊代に限らず、るいこよりもそれなりに良い感じではありましたが、伊代とのプロセスはもちろん一からの関係で、互いに認め合いながら、そこに安らぎを見出していくってのはいいな。

デフォルトで好感度MAXとかってキャラよりも、こんな風にプロセスを踏んで好感度が上がっていくってのは好みであります。

それにしても伊代って結構不思議なキャラだなぁ。何処と無くズレてるし、空気読めないんだけど、なんとなく許せてしまうみたいなww


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その12

こよりるいは智を呼ぶこよりルートコンプしました(^^)

ほむほむ、結構楽しめましたが、最後の締めくくりは、まだこの作品全体としての終わり方では無さそうな気配濃厚ですかねw

えーと、昨日心配しておりました展開の方は、取り敢えず伏線になっていてほっとしましたww
いやぁ、"呪い"だとかって気にしているのに、お気楽になにしてんですか?とも思わなくなかっただけに、一安心でしたが、好みの展開とはちーとズレがあったりして(^^;

の方は勘ぐり過ぎましたかw
うーむ、それにしても、最後の締め方からして、とか央輝とかももっと重要なポジションに思えるだけに、取り敢えず登場はしたものの、なんとなく消化不良気味だなぁ。

作品の最後に締めの章とかが用意されているのか?むーっ、どうなんでしょう
最初がるいルート固定だったので、ひょっとすると最後にしか攻略できないヒロインが居るとか、隠しのメインヒロインが・・・。←信用しないようにww


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その11

こよりるいは智を呼ぶ』 お次はこよりルート方面へと進行中w

ふむぅ、なにやら展開の方向が一見、"呪い"とかの方から離れていってしまっている様に思えるのですが、これは…なにかの伏線となるのでしょうか?

うーん、なんと言いますか、何も無く思いついただけとか、腕試し的に始めてみたってんなら、ダルぅって惰性プレイに走るんですけど、切っ掛けが気になっているんですよね。

こよりシナリオと言えば、どう考えても姉絡みの展開は抜きに考えられないですし、何かありそうな気がしているのでありますよw

それにしても、鷹月さくらさんはいつも通りと言いますか、相変わらず良い仕事されてますねぇ。個人的にはもう少し大人っぽい役とかシリアス系の演技が好きなんですが、こんな元気一杯娘も相変わらずはまり役って感じでww なんか、腹黒い役ってのも聞いてみたいんですがね(^^ゞ


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その10

るいるいは智を呼ぶるいルートコンプしました(^^)

昨日と今日でるいルートをコンプしましたw

後半はライターさんが違うんでしょうかねぇ。ちょっとストーリー展開の雰囲気が明らかに違う感じがします。

一旦は主人公とるいの世界?って個別ルートなのかと思いきや、他のヒロイン達も絡んで来ていい感じになるかと思ったんですが、ちょっと期待とは違ったかなぁ

<少々ネタバレ>

主人公の秘密がるいにバレてしまい、"呪い"と正面から向き合うのか?って思っていたんですが、これが肩透かしでして少々残念

るい以外のヒロイン達も再び集まってって流れは個人的には結構良い感じに捉えていたのですが、その再集結イベントの終盤から話の展開が期待ハズレっぽい方向に・・・


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12 Stories 最高!

Duca_cover

無事に到着しましたっ!(^^)v

いやいや、一昨日の夜到着していたのですが、流石にじっくり聞くことができませんで、報告は今日にズレてしまいましたが・・・期待通りの出来栄えに大満足でありますっ!

曲の一覧なんかは以前の投稿に目を通してもらうとして、ちょちょいと駄文をばww

初めて Duca さんの歌声を耳にしたのは、ねこねこソフトの『ラムネ』でした。
なんとも良い味のする歌声だなと思ったのが最初。ファーストインプレッションはそうでもなかったんですが、聴いていると更に良くなってきて、お気に入りの1曲に(^^)

彼女の詩に最初に接したのはCIRCUS作品「ホームメイド -Homemaid-」の『Cheer Up!』。なんとも前向きで気持ちの良い曲で、車の中で良く聴いたものでしたが、最初は作詞にまで気が回ってなく、橋本みゆきさんの曲って認識しかなかったんですけど、歌詞カードでも作るかって段になって漸く Duca さんの作詞だと知りましたww

そんな感じで気になるアーティストではあったのですが、一気に引き込まれて行ったのは、彼女が作詞して歌唱もしている曲に出会ってから。
ふとした事から、友人に良い曲だと紹介されたのが、『雨のちキミと晴れ模様』。作品自体はプレイしてないのですが、暫く遠ざかっていた Duca さんの歌声に、曲の描き出す世界に惚れて、『散歩日和』で止めを刺されました(^^)
もう、跳ねるように歩くワンコの姿や、聞いているこちらも一緒に風の匂いまで感じられそうな良い曲で、個人的には名曲の殿堂入りものでありました。

おーっと、そんな事は余談ですね。アルバムに収録されている曲の感想などをww

続きを読む "12 Stories 最高!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るいは智を呼ぶ』 その9

るいるいは智を呼ぶるいルート進行中。

とは言え、例によってあまり進まず(^^;

ふむぅ、しかし中々に予想を外してくれますね。この作品ww
いやぁ、でもそれが面白いんですよね。読める展開ばかりぢゃつまらないですし、予想の上を行ってもらわないとw

<少々ネタバレ>

主人公の秘密は予想通りにるいに見つかってしまいました。一緒に生活していればいずれとは思っていましたが、それも仕方の無いことでしょ。

主人公達の群れの6人が6人ともに、今迄生き残ってこれたのも、ある意味では人と係り合わない事だったかも知れないですから、必然的に皆が抱くのは孤独や寂寥感、それと"呪い"を踏まないようにと気を抜けない日々ってところでしょう。それ故、互いに利用しあうのが目的とは言え、誰かと同じ時間、空間を共有し、それが似た境遇の者たちってのは、互いの境界を弁えてくれるでしょうし、一般人よりは随分と気が楽なはず。そこに、"信頼"が加わってしまえば、気も緩むってものでしょうw


続きを読む "『るいは智を呼ぶ』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »