« 『とっぱら』 その10 | トップページ | 『とっぱら』 その12 »

『とっぱら』 その11

イソラとっぱら ~ざしきわらしのはなし~
イソラルートコンプ(^^)

ふむ、イソラシナリオですが、終盤は良かったですね。やっぱ、男は行動を起こさないとww。

やっぱねぇ、物語の初めの頃の主人公はカビが生えかけてましたから、それが良い姿でないのは確かで、妖怪との触れ合いの中で成長してくれないとww

そんな視点でお話を見ると、イソラシナリオは落しどころを見据えたお話でありました。ラストは人の好み次第でしょうけど、個人的にはこんな終わらせ方も良いのではないかと思いますね。

おぉ、そう言えば作品紹介の中で、「美少女に変化して気を引こうとしたりする」なんて部分がありましたが、本日の画像はその図ww

いやぁ、もっと変化が大きいのかと思いきや、あまり変わってない気もwww
最初は解らなかったのですが、おっぱい以外にも、髪型が少々変わってます。ちょっと伸びたのかな?中性バージョンと美少女(?)バージョンの違いは、帽子のかぶり方(前向きか後ろ向きか)で判別するのがよろしいかとww

<少々ネタバレ>

ん~ん、イソラシナリオは綺麗にまとめたって感じでありますが、やはりと言うかもう少しボリュームが欲しかったですかねぇ。シナリオの雰囲気は瀬織に近いものがありますが、いっその事どちらかサブキャラに追いやって、シナリオボリュームを増やして欲しかった気がしますね。

テーマと言うか、展開的にもイソラ美影幸子と言った人ならざる者との触れ合いの中で、ミドリへの接し方が如何に理不尽であったかとかを気付かされ、人としての成長と、妖怪達と共に有ることで自分がどんなに幸せであるのかって事でしょうし、この辺りも瀬織シナリオに近いと思いますし。

もっと生々しい(喧嘩するとかむき出しの感情をぶつけ合うとか)様なエピソードを盛り込んで、主人公やイソラの内面を描写してくれていれば、かなり好みのお話だったのではないかとww

<ここまで>

ふーむ、ラストは結構余韻を残すようなシーンでした。ミドリも過剰に関与して来なかったですけど、あの一言はなかなかに良かったですねぇ。惜しむらくは、もちょいとボリュームと起伏が少なかったかな?なかなか沁みる一言だったと思えるだけに、ちょっと勿体無いなw

さてさて、次の攻略キャラは千鶴美にしましょうか。金田まひるさんが良い味を出してらっしゃいますよね(^^)
正にキャラに命を吹き込むって印象です。作品紹介見ていてもここまでのキャラとは思いませんでしたし、能天気に見えてその背景に何があるのか楽しみですぉ(^^)

|

« 『とっぱら』 その10 | トップページ | 『とっぱら』 その12 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44620143

この記事へのトラックバック一覧です: 『とっぱら』 その11:

« 『とっぱら』 その10 | トップページ | 『とっぱら』 その12 »