« 『とっぱら』 その21 | トップページ | 『さかあがりハリケーン』 その1 »

『とっぱら』 その22 End

ミドリとっぱら ~ざしきわらしのはなし~
美影シナリオ、ミドリシナリオコンプして、これにてフルコンプであります(^^)

ふむふむ、成る程ねぇ。美影シナリオは結構楽しめましたし、これで最後かと思ったりしましたが、おまけで未回収があるってんで、最後のセーブデータからSkipで流しました。特に選択肢を変えることなく、おそらく全てのENDを見終わった後は、美影ルートから強制的にミドリシナリオに入るようでありますよw

うーむ、私の場合美影は最後に攻略しましたが、最初に美影攻略って出来るのかな?

ま、何はともあれ、未プレイの方は最後に美影を攻略することをお薦めですかねww

最後は上手く話を収束させたと思います。途中までは描き方が浅くて、個々のシナリオが短い感じが強く、物足りなさがありましたが、全ては最後への布石ってことですね。この辺りの作り方は『るいは智を呼ぶ』と似てますかなw

うーん、となると穂波シナリオだけは完全におまけシナリオって所なのかww

あ、そうそう、幸子のCGが1枚未回収だったので、こちらも幸子シナリオをもう一度流したらちょっと追加があって無事回収終了www美影

<ネタバレ反転>

ふむ、ミドリ美影幸子に分離した経緯は分かりましたが、主人公の夢に出てきたミドリは何だったのか?

やっぱあれですかね?高次の精神生命体・・・つーか、神みたいな存在であって、肉体って入れ物に入りきらない部分があり、高次存在で認識できることと、肉体を持って存在する際に認識できることにキャパの差がある・・みたいな?

ま、突っ込みどころと言うか、いまひとつ消化し切れなかった部分は置いておくとしてww

美影幸子穂波を除いた妖怪達が、ミドリが姿を消すと時をほぼ同じくして、主人公の住む町に姿を現したのには意味があったんですね(^^)

<ここまで>

はい、ラストはプレイしてみてのお楽しみってことでねww

さて、作品としての評価でありますが、個々のシナリオが最初の頃はちょっと物足りないってのはちょっと残念。ですが、作品全体のボリュームを考えるとこれ位が妥当な量かも知れませんねww

うーむ、そんなポイントが気になってまして、諸手を挙げてって訳ではありませんが、ここはラストのまとめが気に入りましたんで、良作判定であります(^^)

しかし、声優陣のみなさんの演技は期待通りでしたね。声優さん期待でプレイするならまずハズレは無いかと思いますよ(^^)

|

« 『とっぱら』 その21 | トップページ | 『さかあがりハリケーン』 その1 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44620095

この記事へのトラックバック一覧です: 『とっぱら』 その22 End:

« 『とっぱら』 その21 | トップページ | 『さかあがりハリケーン』 その1 »