« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

『ヨスガノソラ』 その14

瑛ヨスガノソラ
 ルートプレイ開始(^^)

さて、セーブポイントからのプレイ再開です。この作品、選択肢は前半の共通部だけって感じでして、分岐も随分と解りやすいですよ。

とは言え、への分岐ってのが良く解りませんね。一番最初に戻ってプレイ再開すると選択肢が増えてるってパターンですかね?

さぁて、ここまでプレイしてきましたが、の背景とか問題点ってのは何なのかな?って感じですかねぇ。ここか?って思っていたポイントは一葉シナリオとかで、意外と軽く通り過ぎてましたし、個別で掘り下げるってことは無いと思うんですけどねぇ・・・

しかし、いつも明るくて、天然さも好感が持てる方向ですし、人気者になりそうなのキャラですが、その裏には絶対何かあると思うんですが、今一つ解りませんねぇ。残るは幼い頃に主人公と遊んだって辺りしか切り口が無さそうな気もするんですが、一体そこで何があったんだろねぇww


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その13

奈緒ヨスガノソラ
 奈緒ルートコンプしました

ふ~む、もう一日掛かるかと思ってましたが、奈緒シナリオコンプでございます。

終盤は結構楽しめましたよ。特にやっぱりと言う感じで、が絡んで来た辺りはどうなるんだろ?って感じでしたねw

ただねぇ、最後の締め方は個人的にはちょっとガッカリでした。話の筋はこれでも良いんですよ。でも、期待していた肝心のシーンが無かったと思うんですがね?

それと、ちょっと主人公って出来過ぎた性格してませんか?
や、もう最後は皆が感情をもっと表に出して、腹の中に溜まっていたものを吐き出したみたいな展開を期待してましたからね(^^;


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その12

奈緒ヨスガノソラ
 奈緒ルート進めています

ふむ、奈緒シナリオも中盤に差し掛かったって辺りでしょうか?

夏休みに入って、うーんなんと言うんだろ?。こう、自然と言えば自然なんだろうけど、主人公の方がふらふらっと引き寄せられてくっついた感じw

うむぅ、意外とここまではすんなりって感じでしたね。もうちょいとなにかあるのかと思っていただけに、若干肩透かし気味ですかね(^^ゞ

まぁ、くっついたとは言え、まだまだぎこちないっぽいし、遠慮もある様な雰囲気です。

ちょっと気になるのが、今までのシナリオと違って、が何やら反応を示してるんですよねぇww どうなることやらw


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その11

奈緒ヨスガノソラ
 奈緒ルートプレイ開始

はい、初佳シナリオは口に合いませんでしたが、奈緒ルートはどうなんだろな?とちと不安も覚えながらのプレイ再開です。

うーん、ルートもちと考えたんですが、背景的にまだ良く解らないところもあるし、そんな意味ではちと期待している奈緒を攻略することにww

主人公とは過去、一番接点があったキャラですし、最初再開したときには死んだ魚みたいに生気無い様子を見せてました。それと、フラッシュバック的に挿入されたシーンで、やはり主人公とは過去になにやらあったみたいですし、主人公の前では明るく振舞っている奈緒ですが、な~んか抱えてそうな予感w

木村あやかさんのシリアス演技なんかも期待できそうかな?


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その10

初佳ヨスガノソラ
 初佳ルートコンプしました

わは~っ、初佳ルート\(^o^)/

いやぁ、一葉シナリオは正直なところを書いてしまうと、個人的に趣味に合いませんでしたw

キャラ的にもあまり好きになれないタイプだったし…。シナリオ展開はもっと好きになれない展開だった(ーー;)

<ネタバレ>

や、「なんだこれっ!」展開ですよ。久々に呆れたわw キャラ同様ダメダメでした。

正直なところ個人的偏見で評価するなら、初佳シナリオだけで評価するなら迷うことなく駄作ですな。

昨日「最後に急展開か?」なんて書きましたが、見事に悪い方向に急展開。序盤から中盤に掛けては何のためにあったんだ?ってな感じでしたね。

これなら、もっと中盤でバカップルになってしまって、そこに差す昔の影ってな按配の方がましだったんでないかな?


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その9

初佳ヨスガノソラ
 初佳ルート進めています

うぅむぅ、もう中盤だと思われますが、なんだか良く解らないねぇw

んとですね、作品に入り込めないのですよ。なんとはなくお話は進んで行くのですが、内容的にスッキリしない展開ってのか、話が飛んでるって・・とも少し違うか。

話がプレイしていて纏まらないんですよね。個別分岐した前半からこれでネタを振ってるのかなぁ。ま、最後までプレイしないとどう纏まるのか不明ですが、話の焦点がどうにも掴めません。

展開のさせ方ってのは、一葉シナリオと似た雰囲気も感じますが、一葉の時にはもっと話の焦点が、家族の問題とかの関係方面なのかってのがありましたから、そこへの関連性とか考えてみると、想像の働かせようもあったんですがねw


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その8

初佳ヨスガノソラ
 初佳ルートプレイ開始

ふむぅ、初佳ってキャラはまだなんかあまり掴めないですねぇ。

うーむ、年上なのに兎に角頼りないww
落ち着きは無いし、ドジでおっちょこちょい、何をやらせても駄目なタイプ?目にする姿の半分は酔っ払いかドジをしている姿ですものねぇ(^^;

加えて、周囲に気配りの出来るような感じもしませんし・・・って、本当にダメダメじゃねーかww

ま、根は素直って雰囲気はあるんですけど、はてさて彼女の魅力ってのは何処なんでしょうか?

キャラ作りのポイントが分かってないのですが、これからですよね?w


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その7

一葉ヨスガノソラ
 一葉ルートコンプしましたぁ(^^)

ふむふむ、思ったよりも良かったではないですか>一葉シナリオw

いやぁ、てっきり一葉は母親とか、両親辺りとも板挟み状態ってのを期待してしまっていただけに、久々にドロドロのシナリオってのも良いかな?なんて思っていたのですがねw

最後の纏め方、個人的には結構良かったです。やっぱ、二人っきりの世界じゃないんですし、家族や友人との係りもひっくるめた終わり方は好感をもちました。

うーむ、惜しいなと思ったのは、ひとつひとつのシーン、展開が短目なのでちょっと起伏感がもう一つなのかなとw

毎度感じますが、この辺りのバランスは難しいですよね。長過ぎるとダレてしまうし、作品をプレイするテンポも良くないって感じてしまいます。この作品でも、シーンが短くテンポ良く進んで行くのはプレイはし易いんですが、内容が薄く感じられてしまったり・・ね(^^;


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その6

一葉ヨスガノソラ
 一葉ルート進めています

とは言え、今日は例によっての少々プレイモードww

う~ん、設定からしてとかとか、もっと一葉と主人公に絡んでくるかと思っていたんですが、なんとなく拍子抜けっぽく放置状態のお二人さん(^^;

うむ、一葉の家の方、母親とは距離の取り方が微妙ぽいのですが、どうも問題はそちらではないのかねぇ。

と、思ったのはですね。一葉の母親の立ち絵がないww

ま、過去に有ったことはもうやり直しが効かないとは言え、一葉の性格がこうですから、ひょっとしたら母親の方も引くに引けなくなってしまってるとかあるやも知れませんなぁw


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その5

一葉ヨスガノソラ
 一葉ルート進めています

ふむふむ、一葉の核心に近い部分が解った所から、そこそこの展開があるかと思いきや、意外とまったりとした展開ですねぇw

でも、一葉と主人公が互いに互いの事を気に掛けていく様子ってのは、丁寧で良い感じです。うーむ、しかし、設定的にはそうそう無い状況でしょうけど、二人が接近して行くのは、多々有りそうなシチュエーションですねぇw

現実ってのは、やっぱ惹かれて行くのに理由なんて説明できないこともありますし、こんな展開は理解できますが、お話としてはもうちょいとドラマティックでも良かったのかもww

ままっ、このままメデタシメデタシとは行かないんでしょうけどね(^^;


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その4

一葉ヨスガノソラ
 一葉ルート進めています

と言うわけで、どうやら一葉ルートに入ったようであります(^^ゞ

昨日から新たな分岐ポイントに遭遇してないので、どうも前半早い内に個別分岐してしまうようですね。

と言うことは・・・一葉初佳の分岐は最後の一つっぽいな。初佳なんかはちらちらしか登場してきませんし、もまだ絡んで来てないんで、共通部はかなり短いと見てよいのかな?ま、プレイする側としては、一度プレイしたシーンを何度もってのは避けたいですから、歓迎する方向ですがw

さて、一葉役の五行なずなさんですが、な~んだかいつも気を張ってるキツ目の役なんで、今迄の役柄とは随分イメージが違ってまして、予備知識無しでは聞き分けられませんね。注意していると、ふと柔らかい物言いに変わった時には"あぁっ"って感じかなw


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その3

やひろヨスガノソラ』進めています

えぇっと、漸くが学園に初登校って朝の辺りまでプレイしました。

やひろもやっと登場。あはは、やっぱピカリンってばこんな役柄なのねww
登場シーンは朝、予想に違わず二日酔いと来た。いやぁ、こんなシーンのピカリンは刷り込み済みなので、なんだか"いつものシーン"っぽいですな(^^;

えーと、ここまでプレイしてみてですが、システム関係は問題なく使い良いです。CGの方は、意外と立ち絵と背景の塗りのトーンが近いからか、立ち絵があまり目立ちませんね。まだ、暗いとか濃い目の背景の時にはそう思わないのですが、とか奈緒って背景が白っぽい時には、半分絵として同化している様な感じ。特には髪の色とかも影響して顕著です。細い髪の部分なんか背景と見分けが付かない位。ふむぅ、こんなの結構珍しい気がしますが、これも製作側の意図なんでしょうね。


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その2

穹ヨスガノソラ』プレイ開始(^^)

むふふ、いきなりの白波遥さんにむふっww

あ~っ、やっぱいいよねぇ。別に久々じゃないのでありますが、彼女の声と演技は好みなのです(^^)

んでもって、つんけんしているようで、その内心を表すような行動はぐっと来るものがありますねぇ。でも、双子の兄妹なんだよねぇww

最初情報を見たときは、って攻略対象外だとおもってました。それでいて、妙に気になる存在でしたが、なんと攻略対象じゃないですか(^^;

これはラスボスの予感w
兎に角最初から攻略可能かどうかは別にしても、は最後に攻略すべき対象でしょうね。

ん~ん、しかし・・・本当に良いのか?兄妹かつ双子だぜww


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その1

ヨスガノソラ次のプレイ作品、Sphereさんの処女作品『ヨスガノソラ In solitude, where we are least alone.』に決めました。

最初に興味を惹いたのは、CUFFS の姉妹ブランドって事で情報を拾ってみると、橋本タカシさんが原画ではありませんか(^^)
加えて鈴平ひろさんも参加、声優には白波遥さんに、木村あやかさん、一色ヒカルさん・・・あぁっ、もう買うしかww

最近、五行なずなさんもちとお気に入りですし、月城真菜さんは最近ご無沙汰でしたが、実力問題なし、藤野そよぎさんは今回は炉担当ではないのか・・・とか、声優陣も良いですしね(^^)
(また…病気がww っかし、最近のピカリンはこんな役柄が多いね(汗)

不安要素は、やはり新規ブランドって事でどんな作りをするのか解らないってのと、ライターさんには聞き覚えがないって辺り?

う~ん、キャラ設定読んでいると、"如何にも"って感じもしますよね。その辺り興味を惹かれますが、例によって先ずは外堀から攻略かなぁww

んでは、例によっての作品紹介と参りましょう


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その29 End

ゆかりさかあがりハリケーン
 ゆかりルートコンプしました。これにてフルコンプ(^^)v

「ひとりぼっちの受験戦争」、「ひとりひとりのオリエンテーリング」、「卒業」そして「変わらない二人で」でもってフィニッシュw

うむ、これは確かにシナリオを先にプレイした方が、ゆかりシナリオの内容はわかり易いですねww

まぁ、しかし、個人的な好みとしては、この作品の最後にゆかりを持ってくるのはちと失敗かもって微妙さの残るラストですかww

あ、いやいや、ゆかりルートも十分に楽しめましたし、最後のタイトルにもあるように、主人公とゆかりの関係と言ったら良いのか、距離感、接し方ってのは今まで通りってのは凄く解るし、なにより安心したって感じなのですが、作品として最後を締めるシナリオかと言うとちと疑問符がつくかなと(^^;


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その29 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その28

ゆかりさかあがりハリケーン
 ゆかりルート進めています

「ジョブチェンジ」、「勉強の時間、恋人の時間」、「近づく年末年始戦線」と終わりましたw

ほむほむ、ゆかりと主人公の関係が一気に進展・・ってよりも、一区切り付いてやっと互いの気持ちに正直に向かい合ったってところでしょうかねww

んにしても、急展開ってことではなく、十分に進展する要素はあったのものの、えちぃなイベントの予感無く、一気にいっちゃうのね(^^;

とまぁ、中盤は大きく動くことなく、どちらかと言うとまったりした流れってところか。いやぁ、これってえろげだったんだと認識した次第でありますよww


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その28"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その27

ゆかりさかあがりハリケーン
 ゆかりルート進めています

「彼女たちの恋愛検査(陰性)」、「バカ野郎のの恋愛検査(陽性?)」、「近いようで、詰められない」、「部屋と冬服と私」と終了w

ほぅむ、ゆかりと主人公の関係は相変わらずってのは表面だけなのか?ってな感じww

周囲の人からすると、ゆかりと主人公の関係と言うか、距離感ってのは、"幼馴染"なのか、"好き合っている"のか測りにくいってところでしょう。どちらにしても、相手に対して悪い感情を抱いていないのは明らかなれど、その実その親愛の深さはどうなのよ?ってねww

この辺りの微妙な距離感の描写は上手いですねぇ。ドサクサ紛れの主人公の言葉も、上手くいなしてましたし、良いコンビでなのは確かかも(^^;


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その27"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その26

ゆかりさかあがりハリケーン
 ゆかりルートへ向けてプレイ再開

えーと、セーブポイントでなく、再び最初からプレイ開始。多少はskipを使いながら第1幕をクリアして、第2幕「幼なじみとの過ごし方」まで終了w

ほむほむ、第1幕のゆかり絡みのイベントからして、ちょいと新鮮でしたww

公私を使い分けているゆかりですが、他のヒロインイベントをプレイしていると、"公"の生徒会長としてのポジションしか見てこなかった訳で、結構甲斐甲斐しい姿とか、第2幕に入るとはっきりしますが、第1幕の頃から予兆はあった訳ねww

っと、まぁ、シナリオでの絡みがありますから、その辺りがベースになっていると言う目で見ると、今までのイベントも少々見方が変わったりするものですが、いやぁ、結構ゆかりって主人公のこと意識してたのねw


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その25

涼さかあがりハリケーン
 涼ルートコンプしましたぁ(^^)

なんとか、ルート「猫の迷い」、「猫の明日」、「猫の友達」、「猫の恋人」、「猫の未来」でフィニッシュ!

うむうむ、シナリオ良かったです。楽しめましたよww
キャラ的にも結構面白いし、特にギャップ感とかがね(^^)

ちょ~っとばかり、もう少し説明が欲しい部分があったりもしました。ま、大きな問題ではないんですけど、個人的にはもう少しその根っ子の部分に切り込んで欲しかったってところかな?

予想していた部分については、正解もあり、ハズレではなくグレーっぽくはぐらかされた部分もありって結果でしたけど、楽しませて頂きましたよw


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その24

涼さかあがりハリケーン
 涼ルート進めています

ん゛ぁ~・・。風邪ひいたか。頭痛もちょいとあって今日もあまり進みませんでした(-_-)

なんとか、ルート「猫の誘惑」、「猫の拒絶」、「猫の過去」と終わりました。

うはぁ、体調とは関係なく(当たり前w)お話の方は急展開。そして、主人公同様に、プレイしている方も翻弄されてるって感じの展開ww

いやぁ、なんだか面白くなってきましたよ。が拘っていて、今も引き摺っている過去の出来事も解りましたし、の核心部とか、行動の意味なんかは未だ不明ながらも、外堀は埋まり始めたってところでしょう。

しかしながら、昨日取得したアイテムとかもありますし、まだ決め手となる部分のヒントは出てきてないんだろなw


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その24"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その23

涼さかあがりハリケーン
 涼ルート進めています

おろろ・・。ここでアドヴァイスを2通り受けてしまいました。「ゆかり」と攻略すべしってのと、「ゆかり」の順が良いってのw

うーむ、どちらから攻略しても解り難い部分があると言う事かも知れませんね。こりゃ(^^ゞ

取り合えず、ルートへ入ってしまったので、このまま続行と言う事でww

と言う事で、涼ルート「猫の迷い」、「猫の後悔」をクリア。今日は例によってプレイ時間短目(^^;

ですが、ほほぉ、成る程攻略アドヴァイスが出てくるってのは、こう言うことでしたか・・・。
これはちと意外な展開ですわww


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その22

涼さかあがりハリケーン
 涼ルートへ向けてプレイ再開

ちょっと見直したい部分もあったので、作品冒頭からプレイ再開。最初に感じたように、やっぱりは裏に何か有るなって感じさせてくれますなww

出会いのシーンからして意味深ですからねぇ。日頃のクールっぽい印象とはおお違いの、饒舌で明るく、茶目っ気もある女の子ってのは、今までプレイしたなかでも殆ど見られなかった部分です。

ま、最初にそんな部分を見せられた訳ですから、他人には無関心かつ自分の事だけって冷たい性格とは思えないですし、他のヒロインのシナリオでも、無関心を装いつつ、要所要所ではきっちりと主人公のフォローしている辺りでも裏付けられてますが・・・

兎に角、最初っから気になる存在ですよね。勿論主人公もその辺りは同じようですがww


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その22"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その21

柚さかあがりハリケーン
 柚シナリオコンプしました(^^)

「止まれない二人」、「しこりと和解」、「ずっとじゅーっと…」でもって、シナリオコンプですww

ふむむ、シナリオ終わってしまいましたねww

んーと、主人公とのお話と言うよりは、の物語って感じかもww

いや、まぁ可愛いから良いんだけど、お話としてはちょいと物足りない感が漂ってますねぇw

しかし、文中に「あの小動物が頬袋パンパンにして怒る…」ってフレーズがありましたが、いやぁのキャラってのまさにそんな感じだなって、思わず噴出しかけました。そうか、保護欲をかき立てられそうって、小動物系キャラだってのもあるんですなww


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その20

柚さかあがりハリケーン
 柚ルートプレイ進めていますw

「企画決定」、「学園祭の約束と」、「こんなの俺じゃない」、「こいびとどうしですることすこしずつ」と終わりました。流石に睡眠時間を削れないので今日はこの辺りまでww

ふぅむ、らしいと言えばそれまでの展開を経て、主人公とくっついてしまいましたww

けれど、もう中盤のはずなのに起伏らしい起伏はないなぁ。これは終盤に一気に来るパターンなのか?

はいはい、お話の方はなにやら無事にくっついて、バカップル化しております。いやぁ、この主人公の性格からして、一旦枷が外れてしまうと可能性はありそうにも思ってましたが、相手は奈都希ゆかり辺りと想像していたんですが、相手だとブレーキが効かないんではww


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その19

柚さかあがりハリケーン
 柚ルートプレイ開始w

「2つ目の出発点」、「企画と企画と企画と企画と…」、「人気者ともやもや」、「ちょっとした違和感」、「砂のお城」、「不器用な感情」を終了・・・と、今日もブレーキの効きは甘目なようでww

ふむふむ、可愛いですやねww
主人公と釣合いが取れるかと、爪先立ちで歩いたりww
いやぁ、本当に身近にいそうなキャラですし、なにやらより親近感がww

まぁ、これと言って大きなイベントは無いのでありますが、これまた何処にでもありそうな、自然な感じに距離が近付いて行くってプロセスですね。

ん~ん、主人公がその気になって、一気に押して行けばはイチコロって気がしなくもないですけど、女性関係にはどうにも強気になれない主人公っぽいってのがありますしねぇ。他のヒロインシナリオでも、その辺りのイメージは違和感無いので、こりゃ仕方ないですかww


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その18

ハルさかあがりハリケーン
ハルルートコンプしました(^^)

「ぶつかった頃の君でいて」、「ハルちゃんの一番長い日」、「天までとどけ」でコンプ

おーっ、ハルシナリオ良かったですよ。十分に楽しむことも出来たし(^^)

描写的には、浅いとか都合良い展開って捉える人も居るんでしょうけど、作品的にはOKって感じかな。しっかりと、外堀も埋めて有ったしね。

しかし、サブキャラの設定とか背景がありましたから、こんな展開もあるのかとは思ってましたが、いやぁこんなにいきなりだとは思わなかった罠ww

ん、ハルの一生懸命さは良かったね。境遇に流されるのではなく、自分で頑張って幸せになるんだってのがこれまた(^^)


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その17

ハルさかあがりハリケーン
ハルルート進めています

第2幕完了ですが、やっぱりここからハル個別ルートって感じです。

「まだ夢の中」、「恐るべき企み」、「暖かな風」と終了

うむぅ、ハルって能天気に見えて結構スペック高かったんですねww
人気者になりそうな素質十分なのに、何が良くて主人公を追いかけてきたのやらww

花坂紅葉さんのキャラ作りも問題なく、良い感じにハルの活き活きした様子を演じられてますが、今回は過去あまり接したことの無い雰囲気ですねぇww
こちらも、若干最初違和感を覚えましたが、これもまた新鮮な感じで良いのではないかと(^^)


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その16

ハルさかあがりハリケーン
ハルルート向けてプレイ再開ww

さて、お次のターゲットはハルに絞ってプレイ再開しました。

うむ、選択肢の方はハルを優先して進めていますが、大筋は奈都希の時と変わりがありませんねぇww

取り合えず Skip も使いつつ第7話「さかあがりハリケーン」を終了。これで第1幕完了ですが、これでハルルートに入っているのか?って感じ??

いやぁ、やっぱちょいと心配した通り、お話の方の大筋は変わらない様ですねぇ。第2幕では変化があると期待するしかないかねww

と言う事で、ハルに関しても新たな情報ってのもあまり無かった訳ですが、前の学園の時に何かあったんですかねぇ・・って程度かw


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかあがりハリケーン』 その15

奈都希さかあがりハリケーン
奈都希ルートコンプしましたww

奈都希ルート、「明るすぎる家族計画」、「台風一号の復興計画」、「ふらふら巡って、もっと愛して」、「夢」とラスト「愛しき暴れん坊」でコンプでございますw

うむ、なかなかに楽しませて頂きましたよww
作品の位置付け的には、やはり明るく楽しくって感じですかね?大仰な感動物ってんではないのは確かですが、変に泣かせる程のシナリオに持っていくよりも、作品としてはバランスは良いのかもしれません。

なんと言うか、アニメ向けっぽいようなシナリオ展開ではないですかね?
ままっ、それでも途中マンネリ化するでもなく、楽しませてくれたのは良かったと思いますよ。

変にえちぃに偏ってもないし、個人的には楽しむのに丁度良いってレベルかなww


続きを読む "『さかあがりハリケーン』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁紙:『冬のロンド』

ヴィクトリアすっかり公開の間が開いてしまいましたが、壁紙公開のお知らせです(^^;

冬のロンド』から壁紙を作成してみました。

この作品をプレイしてからも、少々間がありますが、季節感的には丁度良い塩梅かなとww

設定や背景は良かったですし、CGも綺麗ですし、ボーカル曲も力の入った作品だったので、個人的には期待をしていたのですが・・・。

そんな良い部分を活かしきれてなかったのは残念でしたww
特に現代において、時の流れに取り残された様な国が舞台ってことで、そっち方面での展開を期待していたのでありますがねぇ(^^;


続きを読む "壁紙:『冬のロンド』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本年もよろしくお願いします

「巫女舞」浅緋

謹賀新年

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年も「水月の揺らぎ」および「まよいがの杜」をよろしくお願い致します。

昨年は結構変動と言うか、世の中もそうですし、個人的にも新しい仕事が増えたりと、変化のあった1年でした。

ま、ネット関係ではこのBlogサイトの移転ってのもありましたし、これも変化の一つかなとw

昨年を振り返ってみると、仕事が忙しくなった関係もあって、ゲームとかサイトの更新に時間があまり取れなかったのは、ちと残念でありますが、なんとかここへの投稿だけは、毎日欠かさずに続けられました。その分ゲームのプレイ本数は激減してますけどね(^^ゞ

続きを読む "本年もよろしくお願いします"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »