« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

『Garden』 その18

愛Garden
 ルート進めています

なんとか夏休み直前ってところまで進めました(^^;
んぁ…あまり進んでませんねww

ふむぅ、主人公自身はまだまだ自覚が足りない様でありますが、周囲の皆には主人公のへの好意は確定してるっぽいねw

の方もなんだかねぇ、スキンシップレベルが1つ上がってないか?これww

しかし、新卒新任の先生で実際のところこんなに余裕のある人は少なかろうとは思いますが、んまぁつい気が緩んでしまうと、居眠りしてしまうってのはお疲れなんでしょうね。何やら2回目はお茶目ってより天然って感じでしたけどww


続きを読む "『Garden』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その17

愛Garden
 ルート進めています

うむぅ、今日もいつも程度にはプレイ時間を掛けたつもりにも拘らず、作品中ではあまり進みませんでしたww

んと、ゴールデンウィークに主人公が帰省し、友人たちと騒いだ後にが家庭訪問をして帰ったところまでをプレイ。

昨日も書きましたが、主人公の方は、有る程度千夏との出来事にも向き合える程度には前向きに成れているようで、また半歩前進ってところでしょうか。

これも周囲の友人たちのお陰、プラス"めーめー効果"でしょうかねw

主人公の家に友人やが押しかけて、もうちょいと進展するかと思いきや、ここはゆっくりでしたねぇ。こりゃ、もなんらかの形で千夏の問題に絡んで来るんだろうか?


続きを読む "『Garden』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その16

愛Garden
 ルートをプレイ開始(^^)

ここはちと悩んだのですが、やっぱ絵里香は真打だろうって事で、ルート攻略を目指すことにw

ふむふむ、新任教師で情熱があり、世話焼き、しかし恋愛経験は無し・・っとww
ここまでプレイしてきたの印象でありますが、早々にルートに分岐した感じでありまして、まんまパワーアップしておりまするなww

さて、のCVは羽高なる(うだかなる)さん。お初の声優さんですが、ちょっと経験不足は否めない感じかなぁ。

声はハッキリしていて、聞き取りやすいですし、元気な新任教師って雰囲気が出ているのは良い感じなのですが、時折台詞が"朗読"みたいな感じに聞こえてしまうのはちょっと残念。まぁねぇ、白波遥さんの絵里香とか、大波こなみさんのあざみとかと絡んで聴いてしまうとどうしてもって感じかも知れませんが、って役柄が消化しきれてないって感じかな?

時折ちょっと台詞が浮いた感じに聞こえてしまって、羽高なるさんのと言う感じではなく、を演じている羽高なるさんに留まっている様に聞こえてしまいます。でも、とても聴きやすい声をしてらっしゃいますし、今後の成長に期待ってところかな(^^;
ま、収録時期も違うし、録音の条件とかの影響かも知れませんけどね(^^ゞ

うはぁ、生意気書いてるね(汗 某DCIIの誰かさんもそんな感じだったっけなw


続きを読む "『Garden』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC音楽の音質向上にはこれだ!

ゲームプレイ日記以外の記事を書くのは本当に久々ですが、今回はPCで再生する音楽の音質向上アイテムのご紹介をば(^^)

いやぁ、本当にPCって便利ですよね。i-pod やなんかのデジタルオーディオプレーヤー(DAP)の普及にも関連して、PCで音楽を楽しむってスタイルも定着しているのではないかと思いますが、兎に角PCの中には音楽ファイルが一杯って人は多いでしょうね。このBlogでも古い記事なのに、いまだにmp3ノーマライズの記事にアクセスされている方がいらっしゃるみたいですしww

PCで音楽を楽しむ。これはもう今更説明する必要はないですよね。んでもって、オーディオマニアとまで行かなくても、PCのスピーカでは物足りない、もう少し良い音で音楽を楽しみたいと思ったら、先ずはPC内臓スピーカーではなく、外部にアンプ内臓のスピーカーを付ける、もしくはグレードアップするのが近道ですよね。

私もその道を辿ってきた口なんですが、昨年5・6年使ってきたCREATIVEのスピーカーが壊れたのがキッカケで、「もう1グレード上のスピーカーに変えるか」って事で、BOSE、CREATIVE、ONKYO辺りを検討して、ONKYOのGX-70HDってパワードスピーカーを購入(画像のもの)。

以前使っていたのが、5・6千円位の物で、今回のGX-70HDが約1万円程度。それ程大きな期待は持ってなかったんですが、「やっぱ壊れたから無いと不便だし、ちょっとは音も良くなっているのかな?」程度ででした。それが、いやいやなかなかどうして、サイズからは想像出来ない位、低音も鳴るし、音の解像度も段違いでしたね。
(あくまで、PCスピーカーとしての話で、コンポなんかとは比較になりませんけどねw)

これは良い買い物したと思って十分に満足しておりました。

ところがところが・・・・・

続きを読む "PC音楽の音質向上にはこれだ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その15

小夜Garden
 小夜ルートプコンプしました(^^)

ほむほむ、小夜シナリオは結構予想した展開とは違ってましたが、これはこれで趣きがありますねぇw ん、個人的にはちょっと好きなシナリオかも(^^)

小夜シナリオを終えて、最初に思い浮かんだのは、同じくCUFFSさんの作品『ワンコとリリー』でした。なんと言うか、シナリオ全体を包む優しく温かい雰囲気が良く似ているなって部分ですかね。似ているのが。

うーん、この作品の中でメインを張れるシナリオではなかったと思うのですが、小夜シナリオは、もう少し時間が経ってからでももう一度プレイしたくなる様なシナリオでしたよ。

もっとも、プレイする人の好みでかなり評価が割れそうな感じはします。本のジャンルに例えるなら、小夜シナリオって「ショートショート」に近いような印象を持ちました。背景や問題となっている部分、小夜と主人公の距離が縮まる要因とか、この先どうなって行くのか、事細かな記述はありません。なので、小夜のしぐさや行動からプレイヤーが想像を膨らませたりできないと楽しめないと思います。その分小夜シナリオについては、解釈の仕方が人それぞれだと思いますし、今プレイを終えても、時間が経過して再プレイした時には、もっと別の見方ができるのではないかなと思いますね(^^)


続きを読む "『Garden』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その14

小夜Garden
 小夜ルートプレイ開始(^^)

さぁて、小夜ルートに入りましたw

やっぱ、ここはもう一度最初からリプレイですよ。特に小夜の場合はテキストをちょっと丁寧に読んでおかないといけないと思ったものでね(^^ゞ

さてさて、『Garden』のヒロインの中でもちょいと異彩を放つ・・・と言ったら大げさかも知れませんが、兎に角小夜の設定には惹かれますよねww

特に境遇とかを考えると、主人公が小夜のことを気にして、徐々に惹かれて行くのは仕方ないって気がします。特待生資格も危ういって状況なのに、焦る風でもなく、あくまでもマイペースでにこにこしていられるのは何故なのか?

如何にも不幸面して、周囲に気を使わせている主人公とは、なんとも対極に位置するような小夜。でも、そんな小夜も周囲に気を使わせているって事では同じなんですけどもね(^^;


続きを読む "『Garden』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その13

撫子・桜子Garden
 撫子ルートコンプしました(^^)

ほむほむ、撫子シナリオ楽しめましたねw

うーん、想像、期待とはちと方向性が異なったんですが、まぁこんな展開も有りかぁって感じでしたね。

ま、撫子に関しては、もっとヒールっぽいポジション取りなのかって、プレイ前には思っていたのですが、他のヒロインシナリオでも、その内面は何処か違うんだってところが垣間見えたりしてましたから、そこにストレートに切り込んで行ったってのが最後の展開につながったのではないかな。

個人的な希望としては、もっとこう主人公が自分の体面なんか気にせずに、無様な姿をさらけ出しても、欲しいものに手を伸ばすような展開だったんですけどね(^^ゞ


続きを読む "『Garden』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その12

撫子Garden
 撫子ルート進めておりますw

うーっ、ちと風邪気味。皆さんお気を付けくださいませ。と言う事で、今日はあまり進んでおりません(^^;

ふむ、撫子のお試し期間限定お付き合いモードが終わる辺りまで完了しましたw

"やっぱりね"って感じではありましたが、やはり持っていた意外な一面ですかなw。とは言え、思いの他ピュアでありましたよ。この辺りのギャップは可愛いんですよね(^^)

んぁ、撫子の頭なでなでしたいですねぇww

んでもって、不器用ってのも予想通りでありました。日頃の言動見てるとそうも見えないんですが、そこはそれやっぱり姉妹の血は争えないってことでしょうか(^^ゞ


続きを読む "『Garden』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その11

撫子Garden
 撫子ルートプレイ開始ですw

取り合えず、撫子桜子に絡んでいる辺りからリプレイww

ふむ、ちと選択肢で気になっていたところが2箇所あったのですが、どちらかと言うと最後の選択肢が決定的だったようですねぇ。あ、いやいや両方効いているのかもしれませんが、主人公の取った行動にインパクトがあったもので(^^ゞ

それでも特別急接近って事は無かったんですが、「そりゃまぁそうか」ってイベントでしたから仕方ないかと思ってましたが、これで急接近したら逆にヤバいってねw

ま、しかし、主人公の行動はきっと撫子に影響を与えているんでしょう。姉の桜子も不器用でしたし、双子ですから、見た目や表に出ている性格はともかく、根っ子で共通していると予想しておりますw


続きを読む "『Garden』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その10

あざみGarden
 あざみルートコンプしました(^^)

ほほぉ、あざみルート終盤はそこそこ楽しめましたww

んにしても、主人公も言葉を一瞬失ってましたが、一緒にお出掛けのこの(→)姿には同じく一瞬あっけに取られてしまいました(^^;

洋服まではまぁ良しとしましょう。ですが、流石にこの頭のリボンってのはちょっと引いてしまいましたぜww

ん~ん、あざみのお話としては、終盤一気に展開しましたが、こんなものかなぁ。ちょっと駆け足っぽかったのですが、一応それなりにはまとめてくれたって感じでありました。

個人的好み的としては、もうちょいとあざみにせよ、主人公にせよ抱えていたものに突っ込んで欲しかったって気もしますねぇw


続きを読む "『Garden』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その9

あざみGarden
 あざみルートプレイ進めています。

ふむ、あざみルートを進めているのに合わせた訳では勿論無いのは解っているんですが・・・な、なんだ!この物体はっ!!(爆ww

ちょ、ちょっと勘弁してくださいよぉ>☆画野朗さんww

や、ちみっこいのが好きとかでは決して無いのですが、可愛過ぎるでしょ。これww

いやぁ、丁度今日進めた範囲で、あざみの妹達が登場したところでして、タイミング良過ぎだよね(^^ゞ

注)02/17日付で、CUFFSさんのオフィシャルサイトのTop絵が鈴村3姉妹になってましたw

をっと、思わず盛り上ってしまいましたが、このTop絵はいつまで公開されているんだろ?や、思わず頬が緩みますからお早目にww


続きを読む "『Garden』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その8

あざみGarden
 あざみルートプレイ開始しました

ふむ、結構簡単に選択肢一発であざみルートに入った様でありますww

お話の方は、例によって賑やかにふざけるな絵里香と、対照的に理性的に対処するあざみと言った構図で進展してます。

なんとか夏休みに入ってって辺りまで進めましたが、なーにやら主人公の方は随分と落ち着いている感じですね。

桜子シナリオを終えてプレイすると、若干違和感を覚えるなぁ。んと、設定の方も桜子シナリオとあざみシナリオでは異なっているようで、バスに1時間もゆられて辿り着いた山の中の学園ですが、商店街や駅には徒歩で行けるようですし、全寮制でもなくて自宅通学生も居るようです。

確か、桜子シナリオではあざみと主人公の実家は比較的近いといった設定でしたが、どうやらあざみシナリオでは結構離れているようですし、最寄の駅から反対の方角らしいww


続きを読む "『Garden』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その7

桜子Garden
 桜子ルートコンプしました(^^)

ふむふむ、桜子ルートなかなか良かったですよ。うんうん、こうこなくちゃねww

主人公にしても、桜子にしても心の機微が描かれていて、良かったと思いますね。こんな作品ってのは好物なもので結構満足気味であります。

う~ん、最後の方はもう一捻り有っても良かったかもしれませんけど、それだと鬱展開にもなってしまいそうですし、この程度が良いのかな?

<ちょっぴりネタバレ>

撫子の方は100%姉を思ってって事ではありませんでしたが、やはり心の奥底では桜子が全力を出すのを期待していたってのは良かったのではないでしょうか。綺麗事ばかりの人間関係ではないでしょうし、近しい関係に置いても清濁併せ持つってのは十分ありそうで、この辺りは上手いと思いました。


続きを読む "『Garden』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その6

彩花Garden
 桜子ルート進めています。

漸く桜子ルートっぽくなってきました。撫子ルートって含みもありそうですが、楽しめてますよ(^^)

さて、桜子にとっては転機となりそうなイベントを夏休みの最初に通過し、その後の夏休みはすんなり過ぎて、学園祭が終わった辺りまで進みました。

桜子は漸く殻から抜け出そうとしたのか、動き出したって感じですが、やはりそこには撫子の干渉がって感じですか。

主人公の方も、自覚はあるみたいですが、桜子に対しての接し方の変化と共に、若干心境の方も解れてきたんでしょうね。もっとも、まだまだ前に向かってって雰囲気ではないのですが、取り合えずは自分の足元は固まって落ち着いてきたのかな?


続きを読む "『Garden』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その5

撫子Garden』進めています。

はい、『Garden』の世界楽しんでますよ(^^)

夏休み前最後のイベントってことで、水泳大会が終わるまで進めました。

ふ~むぅ、間にちょっと進行は休憩気味に、主人公の過去がちらっと挟まって、桜子ルート・・ってよりも、春日姉妹ルートへ向かっている様にも思えるんですが、まだ共通部分かも知れませんww

少なくとも、春日姉妹寄りには進んでいると思うんですけどねぇ。小夜が全く出てこないのが少々寂しいんですが、個別ルートに入ったもしくは近付いたからなのか、それとも未だ共通部で、この後小夜絡みのイベントも発生するのか・・・。前者だと思うのですが、こればかりは進めてみないことには解りませんね(^^;


続きを読む "『Garden』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その4

千夏Garden』進めています。

さて、桜子を念頭に進めている成果が出たのかどうか?取り合えず春日姉妹絡みの2回目のイベント発生しました。

ふむ、桜子絡みのことも、ちとはとっ掛かる糸口が見えてきたのか、関わらないでと言っていた桜子も少しは反応するようになりましたww

おぉ、それと昨日はもう少しプレイしていればって感じました。小夜の状況やら背景が見えたのと、主人公の境遇の方ももう少しちらっと垣間見えた感じかな。

うむぅ、これは背景的には結構重いものがある感じですが、そりゃまぁマイナス思考にも陥りますやねww

自分が主人公のポジションに居たら・・・うぅむ、引き摺るだろうな(^^;


続きを読む "『Garden』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その3

桜子Garden』進めています。

はいはい、漸くALLヒロインの顔見せが終わった辺りかな。主人公が髪を切りに行かされて、小夜がちらっと登場した辺りまで進みました。

体験版には小夜は出てきませんでしたが、その段階で一番気になっていたキャラが瑠璃で、次が小夜でしたねぇ。改めて小夜が登場して、やっぱ魅力ありそうなキャラだと再認識ww

さて、今日は3つ選択肢が登場しましたが、当初予定通り桜子を念頭に選択。

んと、傷心な主人公と一番似た匂いがするなと思ってましたが、作品中でもやっぱそんな言及する箇所がありました。桜子小夜ってのが、まぁ不幸を背負ってって感じの位置付けなのかなと思いつつ、撫子も反面似た様な境遇だったりしないかなぁ。絵里香は主人公にとって、運命の人っぽい気がします。あざみ先生はまだ解りませんがww


続きを読む "『Garden』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その2

瑠璃Garden』プレイ開始(^^)。

んと、取り合えず、転入初日の学園案内って辺りまで進めました。ふむ、体験版の範囲とは言え、流石に1年以上も前ですし、細部は忘れてるなぁww

うむぅ、確か体験版ってもう少し先まであったと記憶してますが、今日はこの辺りまでです(^^;

しかし、やっぱり日常シーンを描くのは上手いなぁ。会話のテンポとか、そんな中で各々のキャラの性格付けやなんかを把握できる様なシーンとか、ぐいぐいと惹き付けられます。

主人公はどうも事情持ちで、それもなにやら傷心モードの様ですが、その暗い部分とその逆に明るい周囲の対応。この先主人公は何を見つけ、変わっていくのかって感じがします。


続きを読む "『Garden』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Garden』 その1

『Garden』(c)CUFFS次のプレイ作品、CUFFSさんの作品『Garden』に決めました。

既に発売になって1年以上になってしまいましたねww

当初攻略対象キャラと目されていた、瑠璃が攻略できないとか、バグがあったりと、地雷だと騒がれていましたが、個人的には期待していた作品でしたので、追加で瑠璃シナリオが出ることになり、追加パッチを待っておりましたが、ここへ来て我慢出来ずにプレイ開始することに(^^)

現在のバージョンは、Ver2.10 発売当初から考えると、バグフィックスだけでなくて、のシナリオと音声追加が追加されています。作品情報公開当初それから体験版を通じて一番気になっていた瑠璃に関しては、今年の7月目標で、トノイケ氏談

Gardenに登場した姫宮瑠璃をメインに据えた、おまけ、外伝、スピンオフ──

といった形でリリースされるようですので、瑠璃はまたの楽しみとして、今回プレイすることにしました(^^)

念のため以前に『Garden』関連で書いた記事の一覧を上げておきます

 ・『Garden』 その0
 ・『Garden』 その0.5
 ・『Garden』 その0.75
 ・『Garden』 その0.9

んでは、例によっての作品紹介と参りましょう


続きを読む "『Garden』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その24 End

穹ヨスガノソラ
 シナリオ、コンプしましたっ!

おおっ!最後はなかなか良かったではないですか(^^)

うーむ、他のヒロインのシナリオの内容がもう一歩と言った所でしたんで、見くびってしまっておりました(^^;

しかし、コメントとしては中々にし難い部分もありますなぁww

兄妹の愛。それが、男と女の間のものになってしまった時には、社会的には禁忌ですが、"互いの想い"とかもっと単純に"愛"って部分にフォーカスして考えると、これも純粋な愛の形なのかも知れません。

と主人公は更に双子って事で、殊更に禁忌の感が強く感じますが、その兄妹って関係を取っ払ったとしても、世間体だとか、家柄の釣合いだとか、年齢差とかから来る障害ってのは耳にしますし。なにやら、ちと考えさせられた部分があります。


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その24 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その23

穹ヨスガノソラ
 ルート進めています

さーて、いよいよ面白くなってきましたよw

夏休みが終わり、と主人公が手を繋いで学園に登校って辺りまできましたが、このままお話が終わる訳が無いよねww

<ネタバレ反転>

ふむ、ままっ話の展開としては、主人公がの想いを受け入れるだろうってのは予測の範囲内w

とは言え、もうちょっと委員長辺りが絡んで、が嫉妬に走るのかと思っておりましたが(^^ゞ

まぁ、この後は世間的には禁忌ですし、ましてや田舎のことですから、世間とどう折り合いを付けて行くのか?それとも破滅系の展開が待っているのかw


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その22

梢ヨスガノソラ
 ルート進めています

例によって今日もあまり進んではおりませんがww

えーと、夏休みに突入。お祭りと海水浴イベントを消化。両親の初盆を終えて帰ってきた辺りまで進めました。

うむ、他のヒロインのシナリオと違って、委員長)が結構登場してますねぇw

いやはぁ、なんだか委員長見てると初々しくて良いね。攻略対象でないのが勿体無いですぜ。個人的には初佳をサブに追いやって、を攻略対象にして欲しかったかなとww

うーん、でも当て馬なんだろうなぁ。残念w


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その22"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その21

穹ヨスガノソラ
 ルート進めています

ほむほむ、が学園に通うようになって、周囲からの刺激を受けたのか、が行動を開始しましたねww

うーむ、不器用ながらも頑張るの姿っての結構可愛いじゃまいかww

むふぅ、白波遥さん、今回も良い仕事してるじゃありませんか(^^)
なんとも良い雰囲気を醸し出してるって感じ。台詞が少ないなりにってより、少ない台詞でも雰囲気を作り出せるってのは大したものですよね。

おおっと、そう言えば月城真菜さんも良い感じです。今までプレイした作品でこんな役柄は無かったんで、ちょっと今までイメージしてたのと違ってましたが、こんな正統系(?)おにゃの子役結構はまってる感じがするww


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その20

穹ヨスガノソラ
 ルート目指してプレイ中です

はいはい、が学園に通い始めた辺りまで進めましたよww

んーんと、取り合えず過去に出た選択肢は全部通過しました。こうして振り返ってみると、初佳ルートって選択肢的には出涸らしじゃないかww

と言う訳で、どうやらルートに入ったみたいですね。ま、今までプレイして来てある程度の背景が解っているからでしょうけど、なんだか良い感じの雰囲気ですねぇ。

主人公だけの単一視点でなく、時折穹視点に変わるのも良い感じ。それは、主人公視点では解らないの心情を垣間見ることが出来るって辺りですかね。


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その19

梢ヨスガノソラ
 ルート目指して最初からプレイ再開です(^^)

ふむ、最初からプレイ再開ってのも、復習って感じで良いですなw

取り合えず最初に選択肢が出てもう少し進めた辺りまでプレイ。はまだ学園に登校してないです。

んでもって、最初の選択肢はファーストプレイの時はありませんでしたから、誰か他のヒロインを攻略するか、全員攻略すると出てくるんでしょう。

微妙な選択肢でしたが、取り合えずに対して積極的な方向でww

その後の展開は変わってないですけど、の反応があったから、多分大丈夫ではないかと(^^)

ま、この後選択肢が変化してなければ、他のヒロインとは仲良くならない方向で行けば大丈夫かな?あ、一葉と初佳絡みの選択肢はどうすっかな(^^;


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その18

瑛ヨスガノソラ
 ルートコンプしました(^^)

おーっ、ルート終盤は結構楽しめましたねww

ま、そのぉ、"深さ"って方向での掘り下げはあまりなかったのですが、なかなかドキドキ展開もありましたし、以外の周囲のキャラが絡んできての展開って部分は私好みでしたw

ただ、惜しむらくは、ちょっと分り難い部分がありました。深く考えてはいけないのかも知れませんけど、が拘っていた部分については、なんだかすんなり理解出来なかったです。うーん、の行動の大元になにがあるのかってのはOK。ただし、何故に全てにおいてその行動に走らせるのかって辺りはちょいと分かりませんでしたねぇ。

そこまでしないといけないの?って辺りの線引きが曖昧っぽいのではなかったかと思います。これが、嫌われっ子で、村人の情けで生かされてるってな存在なら・・・まだしもねww


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その17

瑛ヨスガノソラ
 ルート進めています

ふむふむ、今日も例によってあまり進んでいませんが、ルートなにやら面白くなって来そうな気配ですよww。

うむぅ、結構さらっと通り過ぎて行くみたいな展開でしたが、ここに来て新事実が出てきたって感じですかw

<ネタバレ反転>

やっぱり笑顔の裏にはってやつですかな?

一葉が取替えっ子の可能性有りですか・・・。
ま、それがベースで今のの性格が確立されたんではないのは間違いの無いところでしょうけど、そんな瑛をもってしてもこりゃ悩ましい問題ですやねぇ。

今更真の出来事が解ったからって、が幸せになれるとも限らないし・・。


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その16

瑛ヨスガノソラ
 ルート進めています(^^)

えーと、今日はいつものちょこっとプレイですねww

はい、ルート少し進められましたが、なんと昨日もう少し進めていたら、主人公とくっついたんですねww

とは言え、なにかこう決定打があって感じではなく、なにやら自然と惹かれあってって感じなのかな?

の方はまだ、の抱えている何がしかの問題って部分が見えてないので、他に理由があったりするって可能性も捨て切れてないんですけどねw

ルートに入ってから、と主人公の距離感ってのが、やはり他のヒロインのシナリオと違って、微妙な距離を保つんではなく、の方から一歩踏み込んでいる感じがしますね。

個人的なシナリオ展開の好みとしては、もう少し主人公に行動を起こして欲しいんですけどね(^^ゞ


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヨスガノソラ』 その15

瑛ヨスガノソラ
 ルート進めています

はい、ルートですが、夏休みに入りました。海水浴にって辺りまですね(^^)

って良い娘ですよね。なんだか自分の事よりも周囲の友人とか、氏子さんのこととかをついつい優先してしまうような感じで、性格も明るいですしねぇw

こんなことを書くと、如何にも自己犠牲的でちょっと息が詰まるキャラを想像してしまうと思うのですが、そこは茶目っ気があることで、上手く緩和してあります。

しかし、天然っぽいところは、計算づくなのかどうなんでしょうか?微妙な雰囲気があります。無意識に行動しているのか、それとも、場の雰囲気を読んで行動しているのか?
はてさて?って感じかな?


続きを読む "『ヨスガノソラ』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »