« 『アンバークォーツ』 その6 | トップページ | 『アンバークォーツ』 その8 »

『アンバークォーツ』 その7

智アンバークォーツ -Amber Quartz-ルート進めております

はい、4章の次は5章ではなく、「Another Episode:砂塵学園」ってことみたいですね。んでもって、どうやらルートに入ったようであります。

あまり"誰のルートか?"ってここまでそう気にせずプレイしてましたが、まさか最初の選択肢が効いているんだろか?

ま・・ねぇ。なゆたはやっぱ最後でしょうし、「普乳」ってわめいていたんで、後は「微」か「巨」ってんで前者を選択したんでした(^^ゞ

となると、今までプレイしていて、が主人公に惹かれる動機ってのが、一番分かり易かったってのは、ルートに入っていたんだろうか?うぅむ・・

ま、いっかぁwwって、ことでw


<ネタバレ?>

はいはい、砂の異神がいじめグループを全滅させた辺りまで進めました。しかし・・・何やら違和感たっぷりのご都合主義(^^;

砂の異神には"水"ですか。なんだかイメージ湧かないねぇ。砂に水掛けても泥にはなりそうもない感じがしますし、砂に水掛けたところをワイヤーで切っても、砂の粒子同士がくっついている訳ではないので、ダメージなんて与えられるんでしょうか?も"天才"って呼ばれる程なら、もっと粘性のある液体とか、液体セメントをぶっ掛けて、次に急結剤で固めるとか考えようよww

それとか、エアコンの室内機から異神が出てくるって、換気タイプって確かにありますが、基本的に冷媒が室内機と室外機の間を循環しているんで、外に開いた仕組みではないですから、砂がどうやって入り込むんだかww

極めつけは、主人公の父親が刑事で、しかも事件の後最後の犠牲者を追っていった息子は姿をくらましているのに、捜査対象にもなってないって・・・あーた、身元も調べずに事情聴取できますやんかww

異神の設定にしてもあやふやですね。人間界に馴染んでないから、消化した人間の性格とか妄執を引き摺るって、つい最近人間界にいらしたんですかね?
いじめられていた少年の妄執が強かったにせよ、前出のカマキリタイプの
異神はしっかり学習してましたし、そんなに簡単に人間の想いに引き摺られるものなんでしょうか?異神の意識が強くないんなら、とっくに誰かに乗っ取られていたと思われますがねぇ

それに、いじめられ少年の後に何人も消化しているんだったら、そこで影響を受けるとか、最初の妄執も薄まりそうなものですが・・・ま、そこは考えたら駄目なのかねww

<ここまで>

むーっ、兎に角、シナリオに期待するのはやめにしました。他のヒロインに期待かなぁ。

でも、「Another Episode」って位ですから、真のルートがあるんですよね。きっと(^^;

|

« 『アンバークォーツ』 その6 | トップページ | 『アンバークォーツ』 その8 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44527008

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンバークォーツ』 その7:

« 『アンバークォーツ』 その6 | トップページ | 『アンバークォーツ』 その8 »