« 『死神の接吻は別離の味』 その9 | トップページ | 『死神の接吻は別離の味』 その11 »

『死神の接吻は別離の味』 その10

十六夜死神の接吻は別離の味
 琥珀ルート進めております

とは言え、またかぁと思われるでしょうが、今日のところも少しだけ(^^;

ふむふむ、どちらかと言うとほのかシナリオ寄りの展開でしょうか?。概ね同じ筋でもって話が展開しておりますが、琥珀視点ってことで、ちょっとは違う見方が出来て飽きないのかな?とか思っていましたが、意外と面白いですww

あぁ、琥珀が主人公の股間に興味津々って辺りも面白いんですが、死神サイドでの考え方と、そんな思考をしている自分に琥珀が少しずつ疑問を感じて行くってのも何やら面白いですww

ん~ん、そんな感覚を覚えるってことは、何かを思い出すような、そんなプロセスなんでしょうかね?


<少々ネタバレ>

はいはい、あまり新展開ってのはありませんが、琥珀が自覚無くも主人公贔屓しているってのか、変に嫉妬心を見せてみたり、琥珀の反応がいろいろと新鮮に見えて、お話としては同じ展開をなぞっているんですが、死神視点って以外にも結構楽しめてますねww

ふむ、しかし死神の姿が見える主人公って存在。十六夜も興味を持つような主人公ってのがここへ来て気になってきました。琥珀の言によると、強くは無いものの死期が近い匂いを漂わせているらしい主人公なんですが、生への執着が薄いってだけで死神の姿が見えるようになっているのか、他にも何か理由があるのかも?って感じもしてきましたね。

<ここまで>

今日のところは新展開へまでは辿り着けませんでしたが、それなりに楽しめましたww
さぁて、ぼちぼちと新展開へと移っていくのでしょうか?兎に角、頑張って進めることにしましょう(^^)

|

« 『死神の接吻は別離の味』 その9 | トップページ | 『死神の接吻は別離の味』 その11 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44948049

この記事へのトラックバック一覧です: 『死神の接吻は別離の味』 その10:

« 『死神の接吻は別離の味』 その9 | トップページ | 『死神の接吻は別離の味』 その11 »