« 『死神の接吻は別離の味』 その14 End | トップページ | 『星空のメモリア』 その2 »

『星空のメモリア』 その1

『星空のメモリア』(c)CROSSNET次のプレイ作品、CROSSNETさんの Favorite ブランドからの作品
星空のメモリア -Wish upon a shooting star-』です。

ふむぅ、これも少々死神ってキーワード絡みの作品。詳細はあまり調べてなかったのですが、2作品連続ってのは偶然なんですけどねww

尤も、昨日までプレイしていた『死神の接吻は別離の味』の方が後から発売されていたんですけど(^^ゞ

CROSSNETさんの作品って、シナリオ的にはその時々であまり合わなかったりするんですが、システム回りは結構使いやすくて好きですし、CGと演出が気に入っているんで、毎回チェックはしてるんですよ。CGの動きもスムーズで、かつズームも綺麗なんですよね(^^)

さて、今回の作品。伝奇っぽいような匂いもしそうな気配の、ファンタジー作品みたいですね。楽しみです。

んでは、恒例の作品紹介と参りましょうww


◆『星空のメモリア -Wish upon a shooting star-』

  • ブランド: CROSSNET
  • 発売日: 2009/3/27
  • ジャンル: 星空学園ファンタジーADV
  • 原画: 司田カズヒロ
  • シナリオ: なかひろ
  • 声優
    • 南星 明日歩: 佐本二厘
    • 姫榊 こもも: 宮沢ゆあな
    • 姫榊 こさめ: 楠鈴音
    • 蒼 衣鈴: 東かりん
    • 小河坂 千波: みなづき蓮
    • メア=S=エフェメラル: 杏子御津
    • 諏訪 雪菜: 伊藤瞳子
    • 小河坂 詩乃: 石川乃奈
    • 蒼 鈴葉: 宇佐美みもえ
    • 姫榊 万夜花: 小友わかば

◇Story

 俺は、展望台までの道を登る。

 細くなだらかなこの小道をひた登る。

 ああ、そうか。
 そうなんだ。
 ここは変わっていない。
 変わっているのは俺だけで、この展望台は変わっていない。

 むせ返る草木の匂い。
 薫風にそよぐ梢。
 高く澄んだ虫の鳴き声。

 想い出の中のまま。
 記憶と現実が重なる。

 だから彼女はいると思う。

 数年間、離れ離れになってしまったけれど。
 再会すると約束したから。
 この先で俺を待っていると思う。

 そう、思えるんだ。

 「おかえりなさい、洋くん」

 彼女は俺を待っていた。

 約束どおり、そこにいた。

 夏の星座に彩られた夜空。
 七夕が近いその星空。

 月影と星明りに照らされた彼女は成長を果たしていた。

 背丈も変わらず顔もあどけないままなのに。
 衣装と持ち物が変わっているのがその証拠。
 記憶と重なるその風貌。
 重なるどころかうりふたつのその姿。

 「ちょっと、待ちくたびれちゃった」

 その声すらも記憶とうりふたつで。

 だけど、それは感動の再会とは違っていた。

 なぜなら───

 彼女は、死神となっていたから。

 「憶えていてくれて、ありがとう」

 流れ星に願った夢、叶えようとしてますか?

◇あらすじ

幼い頃に住んでいた雲雀ヶ崎に数年ぶりに帰って来た主人公・小河坂 洋は、
子供の頃の引越しで離れ離れとなった幼なじみとそっくりな少女と出会う。

自分の事を死神だという謎の少女“メア”との時間を過ごしつつ、
転入した雲雀ヶ崎学園では、ひょんなことから天体観測を主な活動とする
天クルという名のサークルに入ることになるのだが、部員数が足りないために
正式な部活として認知されず、まともな活動ができていなかった。

れっきとした部活に格上げするために、仲間たちとある作戦に乗り出すのだった。

キャラクター

◇南星 明日歩(みなほし あすほ) 明日歩
「あたしはね、星が大好きなんだから!」
 CV: 佐本二厘

ヒバリ校の2年生。
天体観測愛好サークル(天クル)の副部長を務めている。
洋のクラスメイトでもあり、席は隣同士。
明るく元気なムードメーカー。
その性格からか、クラス委員を任されている。
人と話すときに顔を近づける癖がある。
そのため洋は冷や冷やすることが多い。
恋に関しては恥ずかしがりな一面もあり、友達のこさめによくからかわれている。
家は喫茶店「ミルキーウェイ」を経営している。
星好きが高じて、メニューは星座の神話にちなんでいる。

◇姫榊 こもも(ひさかき こもも) こもも
「うるさい。それとわたしのこと名前で呼ばないで!」
 CV: 宮沢ゆあな

ヒバリ校の2年生。
こさめの双子の姉であり、生徒会役員を務めている。
家は星天宮という名の神社で、巫女の姿で境内の打ち水をしていることがある。
気がめっぽう強く、いつも不機嫌そうだが、根は生真面目でとても誠実。
自分の名前にコンプレックスを抱いていて、名前で呼ばれると激しく怒る。
星が大嫌い。天クルを目の敵にするせいで、明日歩とはケンカが絶えない。

◇姫榊 こさめ(ひさかき こさめ) こさめ
「困ったことになったらいつでもご相談くださいね」
 CV: 楠鈴音

ヒバリ校の2年生。
こももの双子の妹で、天クルの部員。
姉のこももと同じく星天宮の巫女を務めている。
こももとは正反対で誰に対しても物腰が柔らかく、仲間内のフォロー役を務めているが、そのフォローがさらに問題を悪化させる場合もしばしば。
友達のからかい役も彼女だったりする。
親戚の雪菜と仲が良く、天クルをサボってばかりの彼女を心配に思っている。

◇蒼 衣鈴(あおい いすず) 衣鈴
「……占いますか?」
 CV: 東かりん

ヒバリ校の1年生。
星占いに造詣が深く、学校にはいつもタロットカードを持ち込んでいる。
おとなしい性格だが、口を開くと激しく毒舌。
人を拒絶している節があるのだが、妹の鈴葉にだけは優しい態度を取る。
クラスメイトの千波にもあっちいけと言わんばかりに辛く当たるが、もともとめげない性格の千波なのでいつも振り回されてしまっている。

◇小河坂 千波(こがさか ちなみ) 千波
「千波はずっと、お兄ちゃんの味方だよっ」
 CV: みなづき蓮

ヒバリ校の1年生。洋の妹で、衣鈴のクラスメイト。
料理を作るとどんな食材でも黒く仕上げる特技(?)を持っている。
寝坊したり忘れ物をしたり、兄の洋よりもだらしないくせに面倒を見ようとするので失敗に終わってばかり。
普段からマシンガントークだが、泣かせたり怒らせたりするとさらにマシンガントークになって手がつけられない。
だが基本的に何事にもめげないので、次の瞬間にはけろっとしていて拍子抜け。
それでも洋にとってはかわいい妹で、トラブルメーカーの彼女を陰から見守っている。

◇メア=S=エフェメラル(めあ=えす=えふぇめらる) メア
「わたしは、人の悪夢を刈る死神だから」
 CV: 杏子御津

マセていて、クールぶっているけど本当は泣き虫。
星が大好きで、街の展望台によく出没する。
大きなカマを持つ自称死神だが、命を刈るわけではなく、人の悪夢を刈るらしい。
洋が幼少期の引っ越しで離れ離れとなった幼なじみとそっくりな顔立ちをしている。
そこに理由があるのか、幼なじみとはどのような関係なのか、メアは決して口にしようとしない。

◇小河坂 洋(こがさか よう) 洋
 CV: -

雲雀ヶ崎学園(ヒバリ校)の2年生。
現在は妹の千波、叔母の詩乃と三人暮らしをしている。
幼少期に雲雀ヶ崎から都会に引っ越したのだが、数年ぶりに戻ってきた。
妹がトラブルメーカーだからか、面倒見のよいお兄さん体質をしている。

◇諏訪 雪菜(すわ せつな) 雪菜
「なにが目的かは知らないが、私の邪魔だけはしないでくれよ」
 CV: 伊藤瞳子

ヒバリ校の3年生。
姫榊姉妹の親戚にあたる。
天クルには所属しているが幽霊部員となっており、活動にはほとんど参加しない。
クールでどことなく謎めいており、口調も淡々としていて感情の起伏が少ない。

◇小河坂 詩乃(こがさか しの) 詩乃
「あらあらダメよ洋ちゃん、千波ちゃんいじめちゃ」
 CV: 石川乃奈

洋と千波の叔母。
怒っているときでも笑顔なくらい優しい人。

◇蒼 鈴葉(あおい すずは) 鈴葉
「こ、こんにちはです」
 CV: 宇佐美みもえ

小学校三年生。
衣鈴の妹で、引っ込み思案なところがある。
病気がちのため、よく学校を休んでいる。

◇姫榊 万夜花(ひさかき まやか) 万夜花
「あはは、変に大人ぶらなくたって、ガキはガキらしくしてるのが一番よ」
 CV: 小友わかば

こももとこさめの母親。
星天宮の神主。
神事に関しては厳かで冷たいが、普段はヤンママのノリ。

◇岡泉 温土(おかいずみ はると) 温土
「部長として歓迎するよ、新入部員の小河坂洋クン」
 CV: ?

ヒバリ校の3年生。
天クルの部長。
優男で普段は頼りないが、学年総代に選ばれるほどの秀才。
情緒不安定で、鬱になったり躁になったりする。

◇南星 総一朗(みなほし そういちろう) 総一朗
「お疲れさま。コーヒー煎れたよ」
 CV: ?

明日歩の父親。
元は天文学者だったが、今は喫茶店ミルキーウェイの店長をしている。
メイド萌え。それが高じて店の制服はエプロンドレス。

◇飛鳥 未来(あすか みらい) 未来
「オレがいる場所、そこがオカ研なのさ」
 CV: ?

ヒバリ校の2年生。
洋のクラスメイト。
オカルトマニアで、ヒバリ校ではオカ研に所属している。
軽い性格だが、友達思いの面を見せることもある。


    |

    « 『死神の接吻は別離の味』 その14 End | トップページ | 『星空のメモリア』 その2 »

    ゲーム」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/45007390

    この記事へのトラックバック一覧です: 『星空のメモリア』 その1:

    « 『死神の接吻は別離の味』 その14 End | トップページ | 『星空のメモリア』 その2 »