« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その5

鬼武きっと、澄みわたる朝色よりも、
 進めていますw

ほむほむ、作品作りに取り掛かったとは言え、ここでもネタの方は出し惜しみですかww

うぅむ、主人公やヒロインに纏わる部分に関しても、ひとつひとつ明らかになってゆくって感じの展開ではなく、背後にある事柄はあくまで伏せたままってことになっていますね。

とは言え、展開としては新たな局面に入りました。今までがプロローグ。主人公が学園に転入してきて、一通りの周囲の描写が終わったってところでしょうか。そこには主人公が恋焦がれていたのとは、少々異なった幼なじみ達の反応があって・・・って状況から、その状況を打破する方向に動き出したってことで、漸く本編が動き出したって言って良いのではないでしょうか?


続きを読む "『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その4

春告きっと、澄みわたる朝色よりも、
     進めていますw

ほほぉ、な~にやら良い感じですかな?結構こんな作品は好みかも知れないですなww

と言うのは、主人公とひよの会話シーンでも少し感じたことなのですが、感じ方ってのは人それぞれ、一つの物事でも見方や先入観があったりすると、捉え方が人によって異なったりしますけど、なにやらそんな部分にこの作品の"色"があるのかも知れませんね。

当然、その差異の部分ってのは、互いが言葉に出して、確認し合わないとなかなかにわかり難いところでありますし、固定観念を持ってしまうと、他人がそんな自分とは違った捉え方をしているとはなかなか思えませんからねぇww

この、微妙なすれ違い感は良いかもしんないですよ(^^ゞ


続きを読む "『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その3

蘭きっと、澄みわたる朝色よりも、
 進めていますw

ふむ、未だサブキャラも出揃っていない状況ですが、なにやらいろんな事が背景としてありそうな雰囲気ですねぇww

と、いろいろと想像を巡らす切っ掛けを与えてくれてますし、今のところは手探りですけど、なんとなく好感触な予感(^^ゞ

CGの方は綺麗ですね。幾つか段階のあるズームモードですけど、どアップ以外は十分に鑑賞に耐えるレベル。んで、その割りには境界線部分のラインも目立ってませんし、カットインや効果も良い感じで、システム面も合わせて良いですね。

シナリオ面でも、何やら重そうな背景を抱えていそうな部分を感じさせるのですが、勤めて明るく・・って程ではありませんけど、前向きっぽいのは歓迎したいところかな?


続きを読む "『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その2

ひよきっと、澄みわたる朝色よりも、
     プレイ開始(^^)

なのですが、ちらっと情報を見てしまいました(^^ゞ

うむむ、どうやらこの作品って一本道のシナリオ展開だそうですねぇ。ちらっとそこだけ見て、他は読まないようにしたので、それ以上の情報は得ていませんが、どうも個別シナリオってのが無いっぽいww

ままっ、別に一本道が嫌いな訳ではなく、それなりに楽しませて貰えれば特に文句はないのでありますよww

と言うことですが、新しい作品をプレイ開始するってのは、なかなかドキドキさせてくれますし、"どんな作品なんだろか?"って期待も手伝って、毎度のことながら、この少し緊張したような雰囲気は好きですねww


続きを読む "『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その1

きっと、澄みわたる朝色よりも、さて、次にプレイする作品ですが、propellerさんの『きっと、澄みわたる朝色よりも、』に決定ww

実はこの時期、他にも興味を惹く作品が有ったのですが、大本命が一月発売時期がズレてくれて、この作品をプレイすることに決定ww

とは言え、propellerさんの作品はチェックすることがデフォになってますし、前から気になっていたのも確かでして、そんな意味では迷うことなくオーダーを入れちゃいましたね。

特に気を惹かれたってのが、主人公が大切にしているものが"仲間"、しかも『四君子』とは命を懸けて守るに値するものって辺り。いやぁ、どんな人間関係がそこにあるのか、なんとも興味深いではありませんか(^^)

と言う事で、恒例の作品紹介とまいりましょう(^^)


続きを読む "『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その25 End

さくらさくらさくら
     さくらシナリオ第2部コンプしましたww
     これにてフルコンプです(^^)

ふむふむ、さくらシナリオ結構楽しめましたねww とは言え、徹とさくら絡みに展開って視点で見ると、ちょ~っと不満が残りますな(^^;

<ネタバレ反転>

うむ、さくらのシナリオって言うよりも、多紀のお話で終わってしまった感が強くて、その面では不満ですね。多紀のお話としては悪く無いのですが、さくら第2部って期待がありましたし、さくらの知られざる一面とか、今に至る経緯とか、個人的な希望としては、さくらの今に至る背景や、ひとつ壁を乗り越える姿とかを描いて欲しかったです。


続きを読む "『さくらさくら』 その25 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その24

さくらさくらさくら
 さくらシナリオ第2部進めていますww

ほほぉ・・菜々子シナリオでは期待ハズレもあったので、まぁ、そのぉ、さくらシナリオには過大な期待はしていなかった(失礼ww)のでありますが、なかなかどうして、良い感じではありませんか!

ふむ、まぁ、菜々子シナリオと似ていると言えば、さくらの個人的な部分への展開はあまり無さそうな感触ですが、周囲のキャラを上手く使ってきたなって感じがします。

相変わらずやきもきはされられますけど、さくらの嫉妬とか甘えたそうにしているシーンなんかは、一生懸命さも手伝って、なんとも可愛いじゃないですか!>さくらww


続きを読む "『さくらさくら』 その24"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その23

さくらさくらさくら
 さくらシナリオ第2部プレイ開始ww

はいはい、これは概ね・・と言うより菜々子シナリオをプレイした後でしたから、確信めいてましたが、その予想に違わず最初はえちぃシーンから始まりましたww

や、まぁこれだけ続くといい加減集中力も削がれるってもので、ちょっと放置気味でプレイしてしまいましたぜw

とは言え、折に触れての青山ゆかりさんは良いねぇww
まぁ、そのぉ、所謂クーデレに分類されるさくらでありますが、キャラが豹変してしまうケースもまま見られる中、キャラの雰囲気は保ったままのデレ方なんか良いんでねーかな(^^)


続きを読む "『さくらさくら』 その23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その22

菜々子さくらさくら
 菜々子シナリオ第2部コンプしましたww

うむむむぅ、予感は悪い方に当たってしまった感が漂ってますww

ん~ん、とは言え期待していた方向性と期待値の高さとのギャップって気はしますね。そう言うことで、変に期待してなければ、一本シナリオとしては一貫したものがあったと思いますし、それなりに楽しめるのではないかと思いますよw

変にだけを中央に据えたシナリオでなかったってのは、個人的には歓迎したい展開ですし、良かったんですけど、菜々子の方でシナリオに背景とか深みが欲しかったです。

ここまで来たら期待しちゃ駄目って思うんですけど、菜々子さくらの第2部の後にもうひとつあるってのが気にはなってますが(^^ゞ


続きを読む "『さくらさくら』 その22"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その21

菜々子さくらさくら
 菜々子シナリオ第2部進めていますw

いやいや、有りがちなすれ違いモードに移行していますけど、な~んだか現状では期待していた方向へは進まないみたいな感じがひしひしとww

やっぱねぇ、個人的な嗜好としてはちょいとえちぃがどうにもクドクテイケマセンなww

シナリオ的な流れとしては、気になりつつもえちぃがどうにも展開の邪魔って気がしてならないのですよ(^^;

アフターストーリーって事ですから、サービスモードってのも解らなくは無いのですが、第1部で描かれてなかった、なんと言うか、もうちょっと手を伸ばして欲しかった部分へと切り込んで欲しかったのですがねww


続きを読む "『さくらさくら』 その21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その20

菜々子さくらさくら
 菜々子シナリオ第2部開始(^^)

はい、最初からプレイを再開すると、『1年後の菜々子先生』、『1年後のさくら』ルートへの扉が開いていましたww

と言う事で、次は『1年後の菜々子先生』を選んでプレイ再開。うむむ、一抹の不安を覚えるのが、"アフターストーリー"って単語っすねぇ。おまけ的位置付けだったらやだね・・。

さて、出会いから1年後のお話ってことですから、丁度直樹と幼なじみシナリオが終わった後って感じに繋がってるんですかな?

幼なじみ三角関係バトル!』の時には、前半はさくら、後半は菜々子がくっついている雰囲気でしたが、直樹の方はどんなポジションに居るのやらww こちらもちょいと気になるところですかww


続きを読む "『さくらさくら』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その19

晶さくらさくら
 シナリオコンプしました(^^)

ふむふむ、シナリオ普通に良かったと思うのですが、昨日反転部で触れた様な内容の展開になってまして、ちょいとビックリww

ままっ、それだけ意外性のある展開では無かった訳ですが、直樹の過去の経緯や、それぞれの家庭環境なんかにも少し触れられていて、こうやってしっかりと背景を描いた上での現状ってのは、今この時のそのキャラの行動を読み解くにしても、髄分と印象を変えてくれるもので、良い感じですねぇww

そんな感じで深みを増したって印象で、ネット幼なじみと真正幼なじみの対比としては、真正幼なじみに軍配を上げたいと思いますよww


続きを読む "『さくらさくら』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その18

晶さくらさくら
 ルートへ向けてプレイ再開w

と言うことでして、セーブポイントからプレイ再開であります。うん、この辺りは解りやすくて、月見荘に来た恐そうな人達から逃げるとこからねww

さて、こちらは普通の幼なじみってことですし、くるみシナリオみたいにちょいと解り難いってことは無いと期待していますが、今まで築いてきた直樹の関係からして、そんなに大きく雰囲気は変わらないって可能性が高いんではないかと思いますが・・さて?

ルート分岐直後の展開は、くるみシナリオでもちょいと引っ掛かっていた"ポコ"絡みですね。ふむぅ、名前だけだとNETの世界ってのもあって、ひょっとしたらHNかとも思ってましたが、どうやら犬の様でww


続きを読む "『さくらさくら』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その17

くるみさくらさくら
 くるみシナリオコンプw

ふむふむ、まぁ概ね予想通りの展開とは言え、結構思い切った荒治療っぽかったですかね。最初はマジかと思いましたが、そこは直樹ですから、本当に大事な部分ってのは解って行動してましたかww

さぁて、くるみシナリオですが、くるみってキャラが好みだったり、直樹に感情移入できていればそこそこ楽しめるんではないですかな?

とまぁ、ここまで書けば察して頂けるでしょうけど、個人的にはどうも直樹が理解できなっていうか、行動パターンについて行けないってのもあって、もうひとつって感じでした。

根っ子では良いヤツだってのは解るんですけど、なしてそんな行動を取るのかねぇ?って感じですし、日頃の姿とくるみを前にした時との差がどうにもww

もっと、自分に自身をもって当たれば良いんでねーかねぇww


続きを読む "『さくらさくら』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その16

くるみさくらさくら
 くるみルートに入りましたww

はいはい、ルートとくるみルートの選択肢は気付かない人は居ないでしょ?って位でありましたねww

取り敢えず、シナリオの方がなんとなく深いって気がして、くるみルートを選択してみましたww

うーむ、それにしても、日頃活発な雰囲気のくるみと、直樹に対するときのくるみの雰囲気の差ってのが極端で、前振りなしにこんなシーンを見せられたら、かなりウザィんでしょうけど、前半共通部でもって、くるみに関してはきっちり描写がありましたから、そんなくるみの姿にしても、背後に重いものがあったんだねってことで、なんとか踏ん張ってますよ(^^ゞ

くるみがここまで来るには、それなりの頑張りが必要だったでしょうしねぇw


続きを読む "『さくらさくら』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その15

晶さくらさくら
 進めています。

さてさて、話の方は進めておりますが、 VS くるみ +それに巻き込まれる正志の構図でもって進行してますww

ふむぅ、直樹の方はと言うと、何気に晶やくるみの想いを知りつつも、巧にはぐらかしている様な感じです。なんつーか、そのぉ、贅沢な状況ですことww

この直樹ってキャラですが、先の『さくらと桜との出会い』シナリオでも感じたんですけど、なかなかに本心を掴ませないって感じですよね。

おちゃらけた表面はともかく、散々引っ掻き回している反面、肝心なポイントではきっちり気配りしているってのが解りますから、根は"いいやつ"なんでしょうけど、そこが解っているのが幼なじみってことなんでしょうかね?


続きを読む "『さくらさくら』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その14

くるみさくらさくら
 『幼なじみ三角関係バトル!』プレイ開始しました。

最初からプレイを開始すると、「STORY SELECT MODE」画面が表示されまして、新しい『幼なじみ三角関係バトル!』が選択可能になっていました。

ふむ、しかし、さくら菜々子を攻略した所までが、『さくらと桜との出会い』ってことで、それは良いとして、この「STORY SELECT MODE」画面には5つのストーリー選択が可能になってます。『さくらと桜との出会い』、『幼なじみ三角関係バトル!』と来て、残るは3つの物語かぁw

少々予想していたものと構成が違うみたいですね。まさか、高田さんルートではあるまいwww


続きを読む "『さくらさくら』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その13

菜々子さくらさくら
 菜々子ルートコンプしました(^^)

ふむふむ、結構楽しませて頂きましたよ>菜々子シナリオww

もうちょいと安直に展開するのかと思いきや、意外と梃子摺ったってのが思いのほか良かったんではないですかねww の経歴からして一発決着なのかとか想像していただけに、いい感じだったんではないかと思います。

あと、生徒たちの居場所を守ろうとする菜々子、そんな菜々子を守ろうとする徹達って感じで、それぞれに行動するのは良い感じだったかな。ただ、守られているってのも、無力感もあるし、年上って立場の菜々子、男として女性を守りたいとか、学生だから出来ることが限られるとか、それぞれに辛い部分もあるでしょうからねw


続きを読む "『さくらさくら』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『さくらさくら』 その12

菜々子さくらさくら
 菜々子ルート進めています。

はい、取り敢えずは予想通り…とは言っても、これまでとは違うの新展開になったってだけですがww

方向性的には、さくらシナリオでも軽く触れられてましたが、月見荘の存続問題に絡んでってことになってきました。

さくらシナリオと違って、菜々子メインで話を進める関係上仕方がないのかも知れませんけど、美術部関係を離れてしまいましたねぇ。

うむむ、個人的希望としては、運動部側へ流れるんではなくて、美術部志望って方を通してもらって、尚且つ菜々子直樹を助けて欲しかった感はありました。でも、まぁの経歴を考えるとこの展開も仕方ないですかねw


続きを読む "『さくらさくら』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その11

菜々子さくらさくら
 菜々子ルート進めています。

ふむ、取り敢えずの最初の関門(?)突破ですかなww

兎に角、最初の問題ってのを越えたところまで進めましたが、な~んだかこれで終わりで良いのか?って気もしなくはないんですよね。うむぅ、気のせいかもしれないんですけど、ちょいと気には留めておきましょうかね(^^ゞ

さて、菜々子ルートとは分かっているものの、さくらが妙に積極的ですな。何やらさくらシナリオよりも、三角関係っぽい部分はこちらの方が色濃いのかもねww

菜々子の方は、なんだか意地っ張りポイントが目に付きますけど、この先もその辺りが展開の鍵になりそうかな?


続きを読む "『さくらさくら』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その10

菜々子さくらさくら
 菜々子ルートプレイ開始(^^)

はいはい、菜々子とさくらルート分岐は解りやすくて、"ここだっ!"って選択肢がありますから、迷うことなく菜々子寄りの選択肢からプレイ再開ですねww

と言う事で、菜々子ルート暫く進めてみましたが、なんとなくさくらルートと少し似た様な展開。ライターさんが一緒なんですかね?

菜々子の周辺にストーカーちっくな影が・・。加えて学長からの見合い話と来て、気の休まらないですなぁww

んでもって、ストーカーっぽいイベントの辺りで不安を抱く菜々子ですが、さくらに付き纏う監視の影って図とこの分岐後序盤の展開は似た部分があるなぁ。ままっ、同じ手は2度使わないでしょうけど、二段仕込って可能性は菜々子シナリオでもありえるかもねww


続きを読む "『さくらさくら』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その9

さくらさくらさくら
 さくらルートコンプしました。

ふむ、さくらルートと言っても、第1次ルートなんですよねww

さくらルート終盤楽しませて頂きましたよ。うむ、なかなか引き出しが多いですね。尤もしっかりと伏線も有ったのですが、最後にここまでしっかりと収めてくるとは思ってなかったですから、良い方向での誤算ってところかw

うんうん、さくら青山ゆかりさんの嫉妬は可愛いしなかなか良いですなw

こう、感情を表に出すキャラじゃないので、演技の方も難しそうですよね。そんなさくらが感情を表に出すときってのが青山ゆかりさんの本領発揮って感じでしたし、菜々子との対比も良いですから、このキャスティングはなかなかナイス!と言いたいww


続きを読む "『さくらさくら』 その9"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その8

さくらさくらさくら
 さくらルート進めております

あはは、盛り上ってきたなと思ったら、良いところで好感度を落としてくれてるですねww

と言う事で、いい感じになって来た所から急展開って言うか、その実問題は無いんでしょうけど、さくらが引き篭もりになってしまうとはww

あはは、つっくきそうでくっつかないってのがこの先も続くんですかね?

うーむ、それにしてはまだ三角関係って程の展開ではないなぁ。でも、まぁそれなりに楽しめているんで、そこんとこは問題無いんですけどww

いやいや、日頃クールなさくらですけど、案外子供っぽかったり、嫉妬深かったりこの辺りの見せ方ってのは、そう目新しくは無いですけど、良い感じですね(^^ゞ


続きを読む "『さくらさくら』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その7

さくらさくらさくら

 進めております

ほぉほぉ、取り敢えず2次試験通過ってことですが、どうやらボチボチと個別ルートの匂いがしてきましたよww

しかし、サブルートが多いと、書くことが少なかったりしますなぁww
今のところ、サブルートは本編に影響を及ぼしたり、背景的な部分を補うようなことは無し。まぁ、息抜きってことなのかなw

そうそう、サブルート以外にも、入手アイテムのエピソードが見られたりするんですけど、こちらの方は本編をさり気無く補間していたりします。ま、これも上手いってことですか。サブルートだけでは・・ねぇww

高田さんは何か使命を帯びているんだろうか?だとしたら、菜々子シナリオの方かもしれませんねぇww


続きを読む "『さくらさくら』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その6

晶さくらさくら

 進めております

ほむほむ、何やら面白くなってきましたねぇww

まぁ、順番からしてさくらのターンって事ですよねww

むふぅ、美術部の2次試験へ向けてってのが基本部分の話の筋だと思うのですが、ここでさくらに絡んだ展開が待っていました。

なかなかに楽しめているんですが、その要素ってのは、真っ直ぐ2次試験やさくら絡みの展開になりそうな所を、直樹吉岡を含めて一見サブシナリオっぽい展開を見せつつ、しっかりと本筋に絡んでいるってのは良い感じですねぇ。

この前は、くるみ、今度はくるみ直樹って辺りの接点の持ち方とか、先への伏線もしっかりとww


続きを読む "『さくらさくら』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その5

くるみさくらさくら

 進めております

はい、美術部入部試験一次試験が終わったところまで進めました(^^)

ふむん。いやいや予想に反して(?)くるみシナリオっぽくメインに展開しましたね。ww

うむむ、この章の主人公 に関してのお話と平行して、次の章の主人公 直樹 に関しても話が進んで行くってことになるんでしょうか?
ん~ん、取り合えず に関して展開して行くと思っていただけに、ちょっと新鮮な印象も受ける進み方なのですけど、 の章が終わってからでないと、 直樹 方面は対処できないでしょうから、進展は見せるけど、どっち付かないって状態になるんでしょうなww


続きを読む "『さくらさくら』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その4

さくらさくらさくら

 進めております

ほむほむ、展開的には の試験対策って方向ではあるんですが、 中心の筈なのですが、さくらはあまり絡んで来ませんねぇww

主に絡んでくるのがくるみってのは意外ですけど、序盤って事で背景とか伏線的展開なんでしょうね。三角関係の当事者はさくら菜々子のはずなんで、その方面から見ると、今は接する機会の多い菜々子のターンなのかもww

直樹ってコンビの方も、な~んとはなく互いを思いやっている様でもあり、日頃の言動はともかく、根っ子の部分では"いいやつ"っぽいって印象を受けるシーンもちらっと出てきましたし、本質のところは第2部待ちかも知れませんが、漸く2人の見方が変えられそうな気がして来たww

続きを読む "『さくらさくら』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その3

さくらさくらさくらさくら

 進めております

うーむぅ、なんだか直樹のテンションとか、主人公のヘタレさ加減には早くもちょっと辟易気味ですが、"表面的なものだけではないハズ"と言い聞かせて、最初の試練の時ww

高田さんってのも何か役割があるんだろうな…とは思いつつ、今のところは"何だ?この生物は?"状態でありまするね。

菜々子先生は微ポンコツ?かな、くるみのテンションとかは大丈夫ですね。くるみは飛び級的に学園の美術部に居るようですが、ねたみとかの対象になってそうな気がしないでもないですね。あの妙に明るい性格の裏はきっと何かありそうな気がする。さくらさくらであの態度の裏には何か隠れているのは確実っぽいww

続きを読む "『さくらさくら』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その2

さくらさくらさくらさくら』プレイ開始しました(^^)

うぅむぅ、取り敢えずプレイ開始ってことで、未だ主要キャラ全員は登場してませんけど、主人公が学園に来て漸く初日を迎えた辺りまで進めましたけど、なんだか、直樹のテンションに付いて行けないww

んと、この前にプレイしていた作品とは、明らかに日常シーンの味付けが変わっているのは、作品の味付けからしても仕方ないとして、首尾一貫してこのテンションで攻められたら、思わずギブアップしてしまいそうですやねww

主人公にしても、このヘタレっぷり且つ流されるまま、自己主張も無く展開するんではたまったものではないのですが、なにやら運動部には絶対入らないと決めていることや、診断書を拠り所にして来たみたいな部分を見ると、何か背景にありそうな匂いはしますから、そんな所が無かったら速攻バンザイだったかもねww

続きを読む "『さくらさくら』 その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『さくらさくら』 その1

さくらさくらさて、長かった作品も漸く終わりまして、次にプレイする作品ですが、ハイクオソフトさんの『さくらさくら』に決めましたww

なにやら、発売時期もずれ込んでいた様ですが、個人的には丁度よかったのかもww な~んてねww

ふむ、この作品に興味惹かれたのは、三角関係2つって事で、同じ舞台を背景に、主人公がどうやら2人いて、他方の関係を違う視点で見られるって辺り。

個人的にコメディ路線が、自分に合うかどうかってのが、少々引っ掛かる部分ではありますが、こんな”他とちょっと違う?”的作品は妙に惹かれるものがありますよねw

と言う事で、何はともあれ、作品紹介とまいりましょう(^^)


続きを読む "『さくらさくら』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『星空のメモリア』 その49 End

メア星空のメモリア

メアルートコンプしました(^^)v

 これにてフルコンプww

うーむぅ、これだけのボリュームの作品にしては、メアシナリオはあっさり終わったなって印象ですかねww

とは言え、こんな含みを残した終わり方が嫌いって事ではないのですが、シナリオが結構奥深かっただけに、メアシナリオも結構深くまで突っ込むのかと思いきや・・って意味では、あっさりしていたのかなw

ふむ、まぁ主人公の父親とレンが絆を結んだように、主人公とメアにもそんな絆が生まれたってことで、将来を想像するに、どんなことがあっても2人でもって対処していくってのは見えてますから、そんな顛末まで描いてくれても良かったとは思うのでありますが、そこはここまでプレイして来たのなら解るでしょ?ってとこですかねww

続きを読む "『星空のメモリア』 その49 End"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »