« 『コンチェルトノート』 その11 | トップページ | 『コンチェルトノート』 その13 »

『コンチェルトノート』 その12

白雪コンチェルトノート
  白雪ルートコンプしました(^^)

ほむほむ、白雪シナリオ終盤は楽しませて頂きましたよww

うーむ、作品としての核心部には触れられていませんでしたが、作品としての設定はなかなかに活かしてあったって感じでしょうかね(^^ゞ

ちょっと運の使い方って言うか、タマが軌道修正したって方向性が最初は解りにくかったって部分もありましたけど、"あぁ、こんなところかね?"と納得した辺りで、後付けで説明が有った辺り、ライターさんも意識していたんではないでしょうかww

うむ、麻里香の方はちと根に持ち過ぎ感もありましたけど、あの性格を考えると引っ込みが付かなくなったとかねww
小太郎の出番が無かったのはちょっぴり肩透かしっとww

ま、唐突にこの文章では理解できないでしょうけど、ストーリー的にはOKでしたね(^^)


<少々ネタバレ?>

さて、もっと麻里香小太郎の出番があるのかと思いきや、控え目って言うよりも最低限って感じでありまして、ここんとこは予想をハズレてましたけど、白雪シナリオとしてはこの方が良かったっぽいですね。

いやいや、白雪の方は予想通りの心臓病で、しかも移殖手術までしていたとは思いませんでした。うーむ、でもちょっと考えればその可能性ってのには至るんでしょうけど、昨日も書いた様に同級生で大手術をしたのが居ましたからねww

さて、タマによって運気の流れを正常…ってか、人並に戻された白雪。結局今までは親友の心臓を、その臓器本来の寿命まで正常に動かすってのに運の大半を注ぎ込んでいたってことですよね。んでもって、タマの存在に頼れなくなった主人公と本来の現実に直面して、自らが自分の運命を選択することの大切さに気付いて決断する白雪って辺りは良かったと思いますね(^^)

白雪が父親に対して実際にどんな行動をとったのか、その辺りは知りたかった気がしますがねww

<ここまで>

ふむ、正直和奏シナリオの出来から言って、白雪シナリオが予想よりも楽しめたのは意外でしたけど、これは嬉しい誤算ってやつってことでww

んでもって、相変わらず(?)良く意味のわからないENDに到達するルートも存在するのでありますが、こちらは正直どうでも良いって感じ。と言うことでして、なんとなく攻略順がある程度決まっている様な節もあるのですが、余分なENDはいらね!って事で、攻略サイトさんのお世話になろうかと思っております(^^;

うぅむ、次は星華がターゲットかな?

|

« 『コンチェルトノート』 その11 | トップページ | 『コンチェルトノート』 その13 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/46047485

この記事へのトラックバック一覧です: 『コンチェルトノート』 その12:

« 『コンチェルトノート』 その11 | トップページ | 『コンチェルトノート』 その13 »