« 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その8 | トップページ | 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その10 »

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その9

青妹きっと、澄みわたる朝色よりも、
 第2章進めていますw

ほむぅ、そうなのか・・・。うむ、転換点か?って昨日書いてみましたが、転換点って感じよりも、先の第1章で越えられなかったハードルを越えたって感じでしょうか?

なんとなくですけど、そのハードルを越えるのはもっと後かと予想していたのですが、いやぁ、なかなかに懐の深そうな作品ですねぇ。

そんな風に感じるのも、第2章前半部の軸をぶれることなく進行させつつも、"この先まだまだあるぞw"ってのをちらつかせてくれてますからねww

それと、サブキャラがもっと活躍してくれそうな、そんな気がしているんですよ。"四君子"のくくりだけで物事全てが収まるようには思えないんでねぇ。ここんとこは、個人的な希望でもありますけどねww


さて・と、赤組の作品ってのは予想通り。しかし、その作品が意図した部分は明白ながらも、何故この学園が…ってのはもっと根が深い気がしているんで、ここんとこはまだまだ何か秘めているのではないでしょうか?

さらに深読みしていた部分としては、"四君子"って部分への拘りからすると、その秘めていた部分ってのは、"菊"であることろのひよでは無いのかとww
なので、第2章でひよ中心の展開ってのは、春告って存在が控えているだけに、個人的にはちょっと計算外の展開だった訳です(^^ゞ

ほむ、何はともあれ、新たな局面に移行しそうです。学園の春夏秋冬、"四君子"。そんなキーワードを考えると、この作品も4部構成なのかと思ってしまうのですが、どうなんでしょうかねぇww

|

« 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その8 | トップページ | 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その10 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/45839190

この記事へのトラックバック一覧です: 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その9:

« 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その8 | トップページ | 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その10 »