« 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その6 | トップページ | 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その8 »

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その7

青姉きっと、澄みわたる朝色よりも、
 第2章プレイ開始w

ほむ、第1章は前半プロローグ、後半はターンでありました。と言う事で、第2章は最初主人公に距離を取っている春告かと思いきや・・・ひよのターンみたいですやねww

ひよの過去回想がちょこっとあって、ひよ青姉妹に怯える理由ってのが判明しました。

うーむぅ、しかし青姉妹まで幼馴染であったとはねぇ。そこんとこは思いも寄りませんでしたぜ。いやぁ、この超難関学園、しかも芸術家志望の集まるところで、"四君子"が揃うだけでも、かなりの確率って気がしていましたから、ひよ青姉妹が幼馴染とは思わないでしょ、普通w

ままっ、あくまで作品の舞台、"器"ってだけですから、気にしてはいけない部分ですやねww


いやぁ、章構成ってのもあって、これも最後の方に取っておくのかと思っていましたが、ひよの幼少期が描かれるってことは、主人公の過去にもこれから触れられて行くんではないかと思われます。

第1章でも詳しくは触れられていませんでしたが、春告が一旦主人公と距離を取ってしまった理由ってのも、そんな過去に関係があるのでしょうか?

主人公の"家庭の事情"ってやつが、それなりに今にも影を落としている気はしますし、その"家庭の事情"ってのを知った上で、主人公と変わりなく接することが出来るひよの事を春告が指して"ひよは強い"と第1章でもって表現したように受け取ったもので、そんな気がしているんですけどねww

しかし、ひよに取っては元凶ってところの青姉妹にもなにやらありそうな気配ですなぁ。なにやら面白くなってきそうですよ(^^ゞ

|

« 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その6 | トップページ | 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その8 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/45818847

この記事へのトラックバック一覧です: 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その7:

« 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その6 | トップページ | 『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その8 »