« 『コンチェルトノート』 その20 | トップページ | 『コンチェルトノート』 その22 End »

『コンチェルトノート』 その21

莉都コンチェルトノート
  莉都ルート進めていますw

ほむほむ、莉都シナリオの新たな局面ってことですが、一応相思相愛ってことで、主人公と莉都の関係は進展したはずなのですが・・・やってることは変わってねーっww

まぁ、それだけに主人公と莉都の信頼関係ってのか、敢えて恋人同士にならなくても、今までの関係ってのは阿吽の呼吸ってのに表現されるってのでいいんでしょうなww

そうそう、クラウス登場しました。いやぁ、暫く存在を忘れていましたが、なんらか役割を果たしてくれるんでしょうかねぇ?
今迄特にこれと言って出番がありませんでしたし、核心に迫るための駒ってんでは無いかもしれませんが、ヒントとか何かをもたらすとか、導き手になるって感じだったら面白そうなんですけどね(^^ゞ


学園祭を巡っての一連の出来事は結構楽しめました。それはそれで良いんですけど、なんとなく主人公達のあずかり知らぬところでもって、根源と成る出来事は進んでいるんではないかって、そんな印象を受けます。

<ネタバレ反転>

うむ、一連のイベントってのは、結構楽しめましたが、まだまだ作品の核心って所からは遠い感じですね。やっぱり、一番大元になりそうなところへのアプローチは未だですからね。

や、ここまで来ると厳重に封印された井戸の件とか今は寂れてしまった神社の事とかに触れられていないってのはオカシイと思えます。これから最後に向かうにはそこ辺りがキーポイントになるんではないですかな?特に井戸には何かありそうだ(^^)

んでもって、過去とか今に繋がる過程でのポイントが井戸とか神社にありそうですけど、現在ってのに目を向けると、そもそも何故タマは主人公に憑いているのか?って事ですよね。神凪を始めとして、どう考えても今学園のあるこの地に縁の深い存在の様ですし、憑いた後にこの地を離れる主人公に・・ってのも何かしら理由があるんでしょうか?

<ここまで>

ふむふむ、取り敢えずは一件落着って事でタマの方も退場しちゃいましたね。ふぅむ、しかし莉都誘拐なんて企んだ(莉都の本家だったりしそうですが)なんて方の根っ子は残ってそうですし、この後がどうなるか楽しみですやね(^^)

間違ってもこのまま・・・いや、そんな恐ろしいことは考えないようにしましょうww

|

« 『コンチェルトノート』 その20 | トップページ | 『コンチェルトノート』 その22 End »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/46130473

この記事へのトラックバック一覧です: 『コンチェルトノート』 その21:

« 『コンチェルトノート』 その20 | トップページ | 『コンチェルトノート』 その22 End »