« 『ましろ色シンフォニー』 その18 | トップページ | 『ましろ色シンフォニー』 その20 »

『ましろ色シンフォニー』 その19

みうましろ色シンフォニー
 みうルートコンプしましたぁ(^^)

うむうむ、みうシナリオ結構良かったです。や、シナリオの途中で学園長からの問い掛けがありまして、妙に引っ掛かっていたのですけど、最後にその答に該当する行動をとったみうは予測してなかっただけに、学園長の反応も含めて"成る程ね"と思わせてくれましたww

最終的にみうが抱えていた問題って部分では、概ね予想できた結末であったのですけど、"おもちゃを壊してしまう"って絡みでもって描かれていたえちぃ関係(と、個人的には思っているのですが)ww)の辺りがもう少し分かり易ければなお良いって感じなのかな(^^ゞ

それに加えて、散々描かれてきた紗凪との関連も活かしつつ、最後にはみうだけでなく、紗凪の成長した姿って部分なんかも良かったですねww


<ネタバレ反転>

うむ、兎に角みうに関しては、立派な行動を取っているのは間違いの無いところって言っても良いと思うのですが、結局みうが与えるって一方通行の感が強かったのではないでしょうか?

小さいときに飼っていたねこの死にショックを受けたって事は決して小さな出来事ではなかったでしょうし、その時の想いを良い意味では風化させずに動物と接してきたって事でしょう。
        しかし、その猫の死を自分の中で消化し、かつより良い関係を築く事が出来ないでいた。結局
結子の言葉で、拘っていたことが氷解し、一歩成長できたのですけど、おもちゃにしても恋人にしても偏執的に、みうが与える側に立とうとしていた姿勢もこれで変わっていくと思われますねww

そうそう、良かったのは、最終的に主人公が"親友"と位置付けた紗凪の姿ですね。ずっと自分の想いと、好きになってしまった主人公や敬愛する先輩との板ばさみになっていた彼女でしたが、こう一皮向けて良い女になりそうな予感(^^)

<ここまで>

はい、と言うことでみうシナリオは堪能させて頂きましたよ(^^)
    ま、紗凪の絡みに関してはプレイする人によって評価はどうだろうって感じも受けますけど、個人的にはOKですね。もうちょっぴり希望するならば、みうには紗凪の想いを知って、その上で行動してくれたらとも思ったりもします。

さぁて、これで桜乃シナリオを残すのみとなりました。プレイ開始した当初は、愛理桜乃のどちらを最後に攻略するか迷ってましたが、最初に愛理シナリオに行っちゃいましたからね(^^;

はい、桜乃はどんな義妹っぷりを見せてくれるのでしょうか?楽しみにさせていただきましょう(^^)

|

« 『ましろ色シンフォニー』 その18 | トップページ | 『ましろ色シンフォニー』 その20 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/47274273

この記事へのトラックバック一覧です: 『ましろ色シンフォニー』 その19:

« 『ましろ色シンフォニー』 その18 | トップページ | 『ましろ色シンフォニー』 その20 »