« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

『しろくまベルスターズ♪』 その11

つぐみしろくまベルスターズ♪
 きららルート進めておりますww

第11話『You Can't Do That』終了。今日はちょいと少な目ですな(^^ゞ

ほむほむ、『You Can't Do That』ってタイトルだけに、ボチボチ何かがあるのかと思いきや、前半はまた~りと過ごすきららと主人公の構図でありましたんで、期待ハズレなのかと思いきや、後半は動いてくれました(^^)

うむむ、しかしいろいろと要素があって、どう収束されて行くのかってのは解らなくて、楽しめるって面では結構良いのでありますが、塔だとか、人車だとかって方面が絡んで来そうな反面、きららには直結してないですから、ちょっとばかりモヤモヤっとした気分(^^;


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その10

きららしろくまベルスターズ♪
 きららルート進めておりますww

第9話『I Wanna Be Your Man』、第10話『I Want You』終了(^^)

ははぁ、漸くって感じでもってちゃんとくっ付きましたねぇ。主人公ときららww

とは言え、なんと言いますかここまで引っ張った割には特に何も無くって感じでもって、初えちぃまで辿り着きましたかね(^^;

むーっ、羽衣きららの関係ってのもちょいと解らないですけど、羽衣にとってきららは大切な存在っぽいですし、きららの祖母にしても、きららのことを大切にしていると思えるのですが、町に住みだして間もない、言わば胡散臭い主人公相手に難色を示すことも無いんだよねぇw


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その9

さつきしろくまベルスターズ♪
 きららルート進めておりますww

第6話『I Want to Tell You』、第7話『MAGICAL MYSTERY TOUR』、第8話『Lucy in the Sky with Diamonds』と終わりました(^^)

ふむ、きららルートも漸く最初の山を迎えたってところなんでしょうかねw
取り合えず、主人公ときららは良い雰囲気になってまいりましたよ(^^)

や、頑張れ。なんだかもう一息だぞって雰囲気かなぁ。うーむ、兎に角社交的で人付き合いなら任せておけって雰囲気のきららも調子が出ないみたいですし、主人公の方は空を飛ぶだけが能を絵に描いたみたいな野郎ですし、恋愛の経験値もゼロみたいですから、なんとももどかしいですけど、相変わらず丁寧に描写している感じはしますね。

ま、実際ってのはこんなものかもww


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その8

羽衣しろくまベルスターズ♪
 きららルート進めておりますww

第4話『TLET IT BE』、第5話『I Wants to Tell You』終了。
うむむ、きららルート展開はもどかしいってのが本音でありますが、丁寧な作りをこの作品も感じさせてくれますねww

主人公ときららの雰囲気が良くなると、絶妙のタイミングでもって現れる羽衣さん。遠野そよぎさん、良い味を出してくれてますねww

遠野そよぎさんって言うと、こんなスローテンポなキャラの方がマッチする印象があるんですけど、羽衣の独特のペースと雰囲気って演じにくそうな気がしますけど、この作品の中ではなかなかどうして、結構存在感のあるキャラですし、ここぞって時には活躍してくれそうな何かを秘めている様な、そんな期待を抱かせてくれるのですが、そんなミステリアスな役を上手く演じてくださってますね(^^)


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その7

きららしろくまベルスターズ♪
 きららルート進めておりますww

第4話『Tell Me What You See』終了。
や、これはもうきららルートでしょww

話の焦点ってのはきららですし、主人公の興味(と、言っても自覚は未だあまり無いようですがw)って面でもきららだしねぇ(^^ゞ

とは言え、きららのおばあちゃんを中心として、町の人達との交流やら、今迄育んできた思いみたいなのがあって、そこに繋がって行くのは、主人公が手を入れているブツと塔ってのは可能性大って気がしますね。

最初はどちらかがきららに関わってくるのかと思っていましたけど、これは両方っぽいなぁw


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その6

サンタ先生しろくまベルスターズ♪
 進めておりますww

あぁ、えとぉ、第3話『HELP』終了。んでもって、頑張って第4話『Tell Me What You See』も終わりました。

んと、第2話でもって選択肢がひとつ出てきたのでありますが、どうもその選択肢ひとつでもって、きららシナリオに分岐したっぽい気がします(^^ゞ

最初は、きららに主人公とヒロイン達の秘密を打ち明けるとか、味方に引き込むとかのプロセスってのが共通シナリオ部かと思っていたのでありますが、どうにもきらら中心に話が進みますし、これはもうきららシナリオに入ったと思って良いんではないかと言う感じです(^^)


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その5

きららしろくまベルスターズ♪
 進めておりますww

第2話『ハローメイト』終了ww
いやはぁ、玩具店オープンってのも前途多難っぽいのですが、サンタ&トナカイのピンチって展開になって参りました(^^ゞ

うむ、まぁ、きららはどうやって物語の核心に関わってくるのかって思いはありましたから、"成る程ねぇ"って感じはしましたねw

ほほぉ、何やら進学の道途上って感じのきららですけど、これを期に転進ってのもありえるってことですかねぇ。それには、祖母とかそこら辺りの想いってのも関わってきそうな気配が漂ってますなぁww

ままぁ、その辺りはきららシナリオでって事なんでしょうけど、まずはきららを味方と言うか、サンタ&トナカイサイドに引き込んでって事になるのかな?


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その4

リリカしろくまベルスターズ♪
 進めておりますww

あはぁ、今日は休日ですが、そこんとこはともかく、例によっての少しだけモードで(^^ゞ

第2話『ハローメイト』に入りました。ま、第1話『サンタが町にやってきた』ってのもプロローグの続きみたいなもので、第2話に入って漸くお話が始まったといったところですw

うむ、3人のサンタと主人公が共同生活を始めますって言ったところまで進んだ訳ですけど、取り合えずサンタ3人の個性ってところを十分に披露してくれたって感じかなぁ。

そんな展開の中で、"おっ?"っと思わせてくれたのは、りりかでありまして、我が侭お嬢様ちっくに見えて、結構他人のことはきっちりと認めるんだなとww

まぁ、当人の前ではきっと素直には認めないんでしょうけどね(^^ゞ


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その3

硯しろくまベルスターズ♪
 進めておりますww

Prologue『Last Christmas』を終えて、第1話『サンタが町にやってきた』に入りましたが、最初に感じたキャラ毎の問題ってのはそのままと言うか、その反面ヒロイン毎に得意な方面では存在感をアピールって事ですかなww

ななみは自然体かつ自由奔放って感じですけど、意外と繊細?って感じの面を見せてくれますし、は納得って感じでもって裏方仕事は万全ってところ、りりかはサンタとしての行動って視点では合格って感じですが、協調性って面ではちょっとねってww

ななみはちょいと底が見えないって感じですけど、ここからがそれぞれの成長物語ってところでしょうね(^^)


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その2

ななみしろくまベルスターズ♪
 プレイ開始ww

ほほぉ、いきなりクリスマスイヴとは思いませんでしたねww

んな感じでもって、始まりましたが、最初から結構テンション高いですねww
それにしても、こんな設定良く考えるものでありますね。サンタの設定はともかく、トナカイがマシンを操って夜空を駆け回っているとはね(^^)

取り合えずプロローグは終わりました。や、やっぱ新しい作品を始める時のこの雰囲気は良いですね。

うむぅ、ななみのテンションに付いて行けるかってのはちょいと心配な気がする。はおどおどしていてちょいとウザそうな気もしますし、りりかは取っ付き難そう(^^;


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しろくまベルスターズ♪』 その1

『しろくまベルスターズ♪』@PULLTOP次にプレイする作品ですが、PULLTOPさんの『しろくまベルスターズ♪』にしましたww

あはは、季節的には外した感もありますけど、まぁ仕方無いよね(^^ゞ
PULLTOPさんの作品はチェックしている方なのですが、意外とプレイしてなかったりしまして、前回リリース作品には手をつけてませんでした。なので、『遥かに仰ぎ、麗しの』以来となりますかね。いやぁ、そう言えば以前のBlog投稿記事の移行をサボっているもので、『遥かに仰ぎ、麗しの』の記事も蔵の中ですな(^^;

ってことで、3年ぶり位のPULLTOPさんの作品であります。ここんとこ年間プレイ本数が少なくなってますから、タイミングを外すと惹かれていてもプレイできない作品が多いんですよねww
それと、どうにも"重そう"な作品には手を出さなくなってきました。まぁ、そこそこ忙しいですし、やっぱゲームでは癒し寄りの方がってチョイスですやね(^^)

んなこんなで、この作品。女の子サンタだし、暖かそうな作品だしってことで手に貼り付いた次第でありますww

さ、それでは恒例の作品紹介に参りましょう(^^)


続きを読む "『しろくまベルスターズ♪』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その27 End

桜乃ましろ色シンフォニー
     桜乃シナリオコンプしましたぁ(^^)

これにてフルコンプです。
    んぁぁ、終わってしまいましたねぇ。桜乃シナリオ最後は特に派手さはありませんでしたけど、個人的にこんな終わり方は好きだったりするので、良かったですよww

まぁ、一発大逆転みたいな展開があるのではなかろうかと、若干期待した部分もありましたけど、最後の〆って部分では、やはりもっと大切なものってのがクローズアップされた形でしたし、これも十分"有り"な終わり方でした。

印象的だったのは、桜乃の選択でしたねぇ。往々にして恋愛に溺れる方向で流されるのが人ってものでしょうけど、これから先きっと桜乃はより強く生きて行けるんではないかと思わせてくれる選択ではなかったかと思います(^^)


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その27 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その26

桜乃ましろ色シンフォニー
 桜乃ルート進めています

おおっ!桜乃シナリオ良い感じではありませんかww

うぅむ、こう言った展開・・ってのはえちぃに至るプロセスっぽいところですが、ある程度付け足しっぽく他のシナリオみたいなものかと思いきや、すんなりとえちぃに展開するのではなく、桜乃シナリオの場合は"そこ"へ踏み込むのにもう一段意味を持たせたって感じなのかもね(^^)

んでもって、懸案となる両親の承諾って方面でも、結果的にはあっさりしていたって事になるんでしょうけど、きっちりと整理してくれましたし、その際のプロセスも含めて、個人的にはそこそこ納得の展開って感じでありますよww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その25

桜乃ましろ色シンフォニー
 桜乃ルート進めています

あははぁ、今日はちょいと久々に出ましたちょっとだけモードww

取り合えず主人公と桜乃、お互いのわだかまりってーのか、引っ掛かりってのは乗り越えたってところで、ちょいともどかしい状況が続いているって辺りまで進めましたw

ふむ、作品全体として、安易にえちぃに突入してないってのは個人的には良いことだと強く思う訳でありますが、その分って言ってはなんですけど、このもどかしい時間帯が生じてしまいますねぇww

ま、これはひょっとしたら?って位でしたけど、親からダメ押し的な連絡もありませんでしたし、当面は当人達の問題って感じの展開なのかねww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その24

桜乃ましろ色シンフォニー
 桜乃ルート進めています

ふむふむ、今日もまたやっぱりねwwって部分が来ましたね(^^)

友人達の方は2人の関係に関して嫌悪感もなく、全面バックアップって体制ですし、残るは主人公と桜乃が覚悟を決めるだけ。

それも、2人共に気が熟したって所まで来ていたのに・・・。いやはぁ、父親からの電話でのひとことで若干ややこしいことにww

一旦小休止していましたけど、やっぱ義兄妹の関係って方向へきっちりと舵を取り始めました。むぅ、落とし所ってのはどうなるんだろか?ってのは凄く気になりますけど、やっぱここんとこは避けて通れないですし、ボカしたままでは納得も行きませんから、それなりに納得できる様にしてもらいたいものですねww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その24"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その23

紗凪ましろ色シンフォニー
 桜乃ルート進めていますよ(^^)

おぉ、やっぱりねwwって感じで、ちょっぴりここで展開スピードにはブレーキが掛かったってところですかw

や、今迄のペースでずんずん進んでしまったら、随分と奥深いところまで切り込んで行かないと・・って感じでしたから、ちょっと一息ついて現状を整理しましょうかって流れなのですw
ままっ、きっとプレイしている方も付いて来れない部分があるだろうってことで、一旦ブレーキってのは良い選択だと思いますよww

や、期待通りに主人公と桜乃だけでなくて、主人公には隼太が、桜乃には愛理がちゃんと拠り所として付いていて、良い感じですし、そのほかみう紗凪もさり気無く気遣っている感じが良いですやね(^^)


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その22

桜乃ましろ色シンフォニー
 桜乃ルート進めています

ほほぉ、桜乃ルート意外と飛ばしてますねぇww
いやぁ、義兄妹って関係にはもっと後で触れてくるのかと思いきや、結構来てますよこれはww

いやぁ、長年積み重ねてきたものって崩れるときは意外とあっけないものかも知れませんけど、主人公も桜乃の方も勝手が解らないって感じですか、一旦調子が狂ってしまうとなんともまぁ厄介なことですねww

ままぁ、状況的にはそんな感じであるのですが、どちらかと言うと桜乃の方が主たる原因を作っている気がしますけど、そこはそれ主人公の方もそれなりの秘めたる(と思っているw)事情があるだけに、余計にややこしくなっているってことですやねww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その22"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その21

桜乃ましろ色シンフォニー
 桜乃ルート進めています

うむうむ、桜乃ルートでは早くも話しが動き出しましたかねって感じww
しかも、血の繋がっていない兄妹って辺りへもう切り込んでくるのか?って雰囲気が無いでもないから、結構ワクワク展開であります(^^)

桜乃の場合の意識変化ってのは十分に解りますし、主人公の方はってーとまだ決め手には欠いているって雰囲気で先はどうなる事やらってねwwww

意外と早くに動いたのは、主人公が告白されるって展開。そりゃぁ桜乃も気になるってものでしょうが、どうやら今迄にも主人公は告白された経験をお持ちの様ですが、今回は今迄とは勝手が違うみたいですな。んぅ、告白相手への対処ではなく、主人公の気の持ち様って部分のようですけどねww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その20

桜乃ましろ色シンフォニー
 桜乃ルートプレイ開始(^^)

あは、桜乃ルートへは無事分岐できましたけど、数少ない分岐ですから、選択してから、確実に桜乃ルートだと認識するのに少々進めないと確信出来ないのが難点だなぁww

ふむ、まぁ桜乃の場合には、血の繋がっていない兄妹って所が焦点になるのは間違いないとして、何を切っ掛けに動き出すのか?ってのが最初のポイントでしょうかねww

それにしても、主人公と桜乃が作り出している空間と言うか、雰囲気やらここは突っ込み過ぎては行けないとか、強く出ても相手が引かないとか、互いの気配りの様子を見ると、これはもう長年連れ添ったオシドリ夫婦のレベルではないのか!って気がしますねww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その19

みうましろ色シンフォニー
 みうルートコンプしましたぁ(^^)

うむうむ、みうシナリオ結構良かったです。や、シナリオの途中で学園長からの問い掛けがありまして、妙に引っ掛かっていたのですけど、最後にその答に該当する行動をとったみうは予測してなかっただけに、学園長の反応も含めて"成る程ね"と思わせてくれましたww

最終的にみうが抱えていた問題って部分では、概ね予想できた結末であったのですけど、"おもちゃを壊してしまう"って絡みでもって描かれていたえちぃ関係(と、個人的には思っているのですが)ww)の辺りがもう少し分かり易ければなお良いって感じなのかな(^^ゞ

それに加えて、散々描かれてきた紗凪との関連も活かしつつ、最後にはみうだけでなく、紗凪の成長した姿って部分なんかも良かったですねww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その18

みうましろ色シンフォニー
 みうルート進めておりますww

はいはい、みうルートの方は、紗凪の絡みと、みうと主人公の関係進展って感じでもって二元中継っぽく進行しておりますww

とは言え、いろいろと紆余曲折を経て主人公とみうが漸く結ばれましたって感じですか。ま、主人公とみうの関係ってのも、自然と言えば自然に接近して惹かれ合ったってことで問題は無いのでございますが、紗凪の存在を考えるともう少しこじれても良かったのではないかと思ったりもしなくはないですねぇww

うむ、まぁ、それにしてもみうのなんと言いますか、綺麗な側面だけでなく、我欲っぽい側面が描かれていたのは結構良かったんではないかな。紗凪との関連をスルーするんであれば、これ位は無いとねって感じで納得っぽいかなww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その17

結子ましろ色シンフォニー
 みうルート進めております。

や、紗凪の方は随分と柔らかくなっちゃいましたねww
うむ、これはもう主人公に想いを寄せているってレベルまで行ってるってね(^^)

しかし、主人公とみうの方は、まだそこまで踏み込んだ雰囲気にはなってないんですけど、主人公が意識しているのはあくまでみうみたいですし、なんだかこんな状況になってしまうと、紗凪を応援してあげたくもなってきます(^^ゞ

うむ、主人公にしても、みうにしてもどんな存在なんだと言う紗凪の問いに対し、全く同じ「一緒にいると安心できる存在」と返答してますし、紗凪もこりゃ辛いよねぇw


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その16

紗凪ましろ色シンフォニー
 みうルート進めております。

うむ、みうルートですが、相変わらず紗凪みうが微妙な距離でもって絡んでの展開。現実世界でもこんな事は多々あると思われますが、まぁ良くってなんとなく察知して、最終結果を知る位で、途中のプロセスを事細かに知ることは無いですよね。それを第3者的に眺める訳ですし、なかなか面白い展開ですねww

それと、紗凪ってば不器用だけど良い娘ではないですか(^^)
むむむっ、これって途中から紗凪シナリオに分岐するって無いのかねww

あ・・あぁ、そうか。この手の作品ってヒロインが複数居てって、普通の事なのに紗凪みうに主人公が絡んでの微妙な関係が面白いって、紗凪がヒロインじゃないからかも知れませんね(^^ゞ
なんだか、書いていてそう思っちゃいましたよww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その15

みうましろ色シンフォニー
 みうルートプレイ開始w

はいはい、取り合えずみうルートには分岐できたみたいですが、展開的に今だけ見てると紗凪シナリオみたいに感じますねww

しかし、なんだか面白そうな気配ですよ。主人公が意識しているのはみうみたいですが、キツイ態度を取りつつも気に成り出しているのが紗凪って構図。んでもって、みうはと言うと、特に主人公を意識している風ではないのですけど、なんと言うか気遣っているって感じなのかね?

ふむ、兎に角みうルートです。共通シナリオの際には、みうがあの集団の中にいるのはちょいと違和感がありましたけど、分岐してからはそんな違和感もなく、ぬこ部中心の展開ですしねww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その14

アンジェましろ色シンフォニー
 アンジェルートコンプしました(^^)v

ふ~む、アンジェのお話はちょっと意外な進行で結末を迎えました。
あーっ、まぁそこはそれあくまで個人的な期待値との差って意味で意外だっただけで、平和と言うか幸せなお話でございましたよww

最後は綺麗に纏めたって感じがしますね。うーん、個人的予想としては、途中で例えがあった雪だるまで〆るかと思っていたんですが、これはちょいと外れました。

作品タイトルが『ましろ色シンフォニー』なんで、真っ白な雪だるまで〆るかなとか思ったんですけどね。ハズレ。ま、愛理エンドの印象が尾を引いていたってところですかな(^^ゞ


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その13

ぱんにゃましろ色シンフォニー
 アンジェルート進行中ww

はいはい、アンジェと主人公の関係も無事に、波風ってこともなく進んでおりますねww

ふむ、まぁじれったくはあったのものの、無事(?)に初えちぃもクリアして、益々バカップル化しておりますww

う~む、愛理シナリオの時もそうでしたけど、バカップルの道は避けて通れないんでしょうか(^^;

プレイしている方は、いつ新たな動きがあるんだろ?ってな具合に構えていたりするんですけど、今日のところは単純にバカップル一直線で終えてしまいました(^^ゞ


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その12

アンジェましろ色シンフォニー
 アンジェルート進めていますww

ふ~む、アンジェと主人公の関係ですが、取り合えずはそのまま恋愛関係+主従関係みたいになったまま前へ進むようで、個人的にはちょいと意外な展開かなぁw

とまぁ、取り合えずアンジェはメイドのまま主人公の家へと転がり込むことになりましたが、このままで良い様な、良く無いような・・・。

ま、恋愛関係になれたって事で喜んでいるってのは解りますし、居場所が出来て必要とされて、今までの夢が叶ったって部分は解りますけど、もっとアンジェを素のまま甘えさせて、メイドで居なくてすむ時間を与えてあげなくて良いんだろうかとも思うんですよねぇww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その11

アンジェましろ色シンフォニー
 アンジェルート進めていますww

ほむほむ、アンジェシナリオ進めましたが、アンジェが取り合えず主人公のメイドになってしまいましたねww

うーむ、まぁそのぉアンジェが主人公を支えたいって思った経緯に関してはいたって自然でしたし、そんなアンジェの感情も解るのですが、主人公のポジションが"旦那様"ってのだけがいまひとつしっくり来ないって感じなんですよね(^^;

個人的にこの展開は予想してなかったなぁ。主人公は性格的にも他人の縁の下の力持ちにはなっても、人の上に進んで立とうとする人には思えなかっただけに、"主人とメイド"って関係を受容するとは思ってなかったんですよ。

まだ、執事とメイドって方が納得しちゃいそうですやね(^^;


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その10

アンジェましろ色シンフォニー
 アンジェルートプレイ開始ww

さてさて、アンジェルートプレイ開始でございます~っ!ww

愛理シナリオの時点でもって、若干ヒントめいた部分もありましたけど、空気が悪いって事に抵抗感をもって周囲に気を配る主人公と、メイドって立場でもって周囲に気を配るアンジェアンジェ自身も言及してますが、そんな気配り要素って部分で、アンジェの"ご主人様"候補には入ってない主人公の図って感じでありますねw

しかし、主人公の期の遣い様と、アンジェのそれは微妙に違う気がしているので、そこんとこはどうなんだろうって思いはあります。

取り合えず、アンジェは主人公に親近感を覚えるのでしょうけど、少~しそれにはズレみたいなものがあるんではなかろうかとww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ましろ色シンフォニー』 その9

愛理ましろ色シンフォニー
 愛理ルートコンプしましたぁww

おーっ!結構良かったですよ>愛理シナリオ(^^)

うむ、作品の主題みたいな部分での締めくくりを見てしまったのですが、他のヒロインのシナリオは解らないのですが、そこだけ見ると最初に攻略してしまったのは早計に過ぎたかな?って気もしてしまいます(^^;

ままっ、他のヒロインでもそこんとこには触れているかもしれないので、現段階ではなんとも言えませんが、なんとなく最初に攻略してしまうのは勿体無かったのではないかって気がしなくもありません(^^ゞ

まぁ、最初のえちぃはともかくとして、残りのえちぃは正直どうでも良いかな?ってレベルでした。そんなシーンを目にすると、やっぱ"えろげ"だったんだなって再認識してしまいまするなww


続きを読む "『ましろ色シンフォニー』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけおめぇ!

2010あけおめぇ!え~っ、みなさん。

明けましておめでとうございます!

はい、新しい1年が始まってしまいましたねww

うむ、去年1年は予想通り仕事の関係もありまして、プレイ時間がより少なくなった関係も有って、プレイできた作品の数はピーク時の半分以下となりはしましたが、あまりハズレは引かなかった1年であったかと思います。

昨年一番印象深かったのは『きっと、澄みわたる朝色よりも』ですかねぇ。他にも良かった作品ってのはありましたけど、プロットが新鮮でしたし、結末の方もある程度見えていましたが、しっかりと楽しませて頂きましたしね(^^)

そらいろ』も新しいアプローチでもって楽しませて頂きましたが、あの作品ってのは100点を狙った作品でなく、80点を狙いながら・・って感じがしましたww


続きを読む "あけおめぇ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »