« 『ひだまりバスケット』 その13 | トップページ | 『ひだまりバスケット』 その14 »

2010年F1グランプリ開幕

はいはい、昨夜はえろげはお休みして、F1GP2010年の開幕戦に集中しておりました(^^ゞバーレーンGP

うむむ、今年の見所は沢山ありますけど、個人的には並み居るF1歴代チャンピオンに対して、S.ベッテルがドレダケ戦ってくれるか?ってのと、小林可夢偉がどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか?ってのがポイントですかね。

本当は、佐藤琢磨にグリッドにカムバックしてもらって、あの熱き走りを見たかったのでありますが、実力だけで身を置ける世界ではありませんから、兎に角残念ですが、来年以降いつか帰ってきてくれることを願ってやみませんね。

さて、今年のレギュレーション変更で、一番見ていて影響を及ぼしそうだったのが無給油でGPを走りきるということ。入賞ポイントも上位に多くって配点に変わりましたから、サーキット上でのガチンコ勝負で1つでも上のポジションへ!って勝負を期待していましたが、いざ蓋を開けてみると、見ている分にはあまり面白くも無い内容でありました。

惜しかったのは、S.ベッテルがトラブルフリーで走りきってくれていたら、ラストの10周位でガチンコバトルがアロンソとの間で見られたかもって所位でした。

ま、しかしまだ開幕戦。ドライバーの多くは今年のレギュレーション変更に対応すべく、半分手探り状態であったのではないかと思われますが、タイヤマネージメントって実際勝負しているドライバー達には大きな問題なのでしょうけど、見ている分にはあまり伝わってこないのではないのかねぇ?

兎に角、開幕戦はS.ベッテルが手負いのマシンを上手くマネジメントして4位に入ったのが一番印象的でした。それと、復帰緒戦のシューマッハは、3年半のブランクを考えると、十分合格点のレースをしていた気がしますね。 今シーズン半ば辺りからのシューマッハのパフォーマンスにも要注目ですよ。これは(^^)

あと、願ってやまないのは。ザウバーにしっかりしたスポンサーが早く付いて、小林可夢偉にもっと信頼性と戦闘力のあるマシンを供給してやって欲しい! 日本企業にもっと積極的にサポートをと願う次第です。

|

« 『ひだまりバスケット』 その13 | トップページ | 『ひだまりバスケット』 その14 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/47820019

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年F1グランプリ開幕:

« 『ひだまりバスケット』 その13 | トップページ | 『ひだまりバスケット』 その14 »