« 『ひだまりバスケット』 その25 | トップページ | Australian GP »

『ひだまりバスケット』 その26

はるひひだまりバスケット
 かすがルート進めております。

例によってのチョットだけプレイモード(^^;

むーっ、ここんとこ仕事も佳境だし、ちょいと気持ち的にも余裕が無くなっている感じでして、ゲームの方にもあまり腰を据えてプレイできておりませぬなぁww

さて、かすがシナリオの進み具合ですが、こちらも佳境になってまいりましたよww

最近プレイした作品でも、血の繋がらない兄と妹って構図の作品は結構ありましたけど、
 ・既に両親が他界している
 ・親が妙に寛大
なんてパターンが殆どでして、禁忌にあえてつっこんだ作品には当たってませんが、今回はちょっと期待出来そうな気配もありますw


うむ、この作品では主人公達の周囲の友達も、禁忌に対しては寛容ではなく、主人公とかすがにとっては八方塞って感じになってきました。

かすがにとっては自分の気持ちに素直にって所でしょうし、主人公は妹って意識はあっても、愛しい守らなきゃいけない女性って存在の延長線上にあるかすがと、今の有り様でも良いと思っているみたいですが、当事者以外からは禁忌を犯していると見えるのは仕方のないことですし、良識に照らし合わせてみると、周囲が思い留まらそうとするのは至極当然の反応ですよねww

さて、どんな感じに収束させてくれるのか楽しみなのですが、友人たちに主人公とかすがに"血の繋がりがない"って部分は、あまりオープンになっている様子がありませんので、何処かでひっくり返るんだろうかねぇww

兎に角終盤大詰め近しって感じでありますし、もうひと踏ん張り頑張りますか(^^)

|

« 『ひだまりバスケット』 その25 | トップページ | Australian GP »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/47930845

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひだまりバスケット』 その26:

« 『ひだまりバスケット』 その25 | トップページ | Australian GP »