« Australian GP | トップページ | ベッテルの敗因 »

『ひだまりバスケット』 その27 End

かすがひだまりバスケット
 かすがルートコンプしましたぁ(^^)
これにてフルコンプであります。

ふむむむ。なんと言いますか、コメント書き辛い終わり方でありましたww

まぁ、そのぉ、いわゆるハッピーエンドにはなっているのですが、扱っているものが禁忌の類ですし、明確な答えってのは提示できないでしょうけど、結局の所は主人公とかすがはるひの家族ってのはどう収まったのかがちょっと解り難かったですな。

これはプレイする人によって随分受け取り方とか印象は変わってしまうと思います。先ずはかすがってキャラが許容範囲なのかどうかでも違うんでしょう。個人的にはちょっと遠慮したいタイプでしたけど(^^;


はい、と言うことでありまして、かすがシナリオ悪くは無かったのですが、最後の纏め方にスパイス一振り足りないって後味でしたかねww

さ、ここでいつもの作品全体としての評価でありますが、システムは使い易いしストレス無くサクサクプレイ出来るのでここんとこは好印象でありました。テキスト消去状態でもってCGのズームアップが出来たりもするのですが、こちらの方はCGの解像度がズームアップに耐えるものではないので、これは何のためにある機能やら少々疑問。キャラ造りの方は意識しての配置でしょう。個人的には憧子深美が良かったですかww

シナリオ展開的には結構丁寧な作りを感じさせてくれます。後半は共通部が若干ダルい感じもしますけど、個別シナリオはそれなりに楽しませてくれました。シナリオはそれなりなんですけど、個人的には若干期待ハズレ、かすがシナリオは微妙?憧子深美シナリオがそこそこってところで、作品の評価は良作と言う事で(^^)

ふむ、今後の作品にも期待って感じで、ちょいと気になるブランドのひとつに加えることにしましょうww

|

« Australian GP | トップページ | ベッテルの敗因 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/47936121

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひだまりバスケット』 その27 End:

« Australian GP | トップページ | ベッテルの敗因 »