« 壁紙:『ましろ色シンフォニー』 | トップページ | 『ひだまりバスケット』 その5 »

『ひだまりバスケット』 その4

繭ひだまりバスケット
 ルートに入った気配ww

ふむ、かすがの方は相変わらずですが、憧子に妙に馴染んでしまってますかねww

お話の方は、深美との勉強会やお弁当もぶっちぎって、方面へとまっしぐらにさらに幾つか選択肢を通過したお陰で、どうやらルートへ分岐できたようです(^^)

ま、まだ決定的なイベントまでは到達していないのですが、も主人公に対して警戒心を緩めたようで、の方から主人公へちょっかいを掛けて来たりするようになってきました。

それに、興味を持っていなかったら、彼女の場合コンタクトしてこないでしょうしね。尤も、疑いをもってとかってケースはあるでしょうけど(^^;


ふむ、あさひ寮ってのは問題児とかが集められているって事ですが、そこんとこは何かあるのかなぁ。まぁ、問題児って言えば十分に憧子には当て嵌まるのかww

<ネタバレ反転>

ほほぉ、は接触テレパスですか。どうやら繭が主人公に興味を惹かれているのは、が接触テレパスだと信じてなお態度を変えないし、加えて繭が接触するのを拒みもしないってことですね。

うむ、まぁこれでが友達も作らず、どこか孤高な雰囲気を醸し出しているのも納得しましたし、主人公に興味を持ち出したってのもそれなりにですね(^^)

<ここまで>

ほむほむ、取り合えず切っ掛けは十分、若干距離も縮まりましたかねぇ。残る垣根は、やっぱかすがかぁ。それと、がどう心を開いて行くのかってところですか?

主人公が本気であれば良いってなものですが、主人公が真にに心を寄せるには、まだ決定打不足って気もしますし、兎に角この先を楽しみに進めるとしましょうかね(^^)


|

« 壁紙:『ましろ色シンフォニー』 | トップページ | 『ひだまりバスケット』 その5 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/47719705

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひだまりバスケット』 その4:

« 壁紙:『ましろ色シンフォニー』 | トップページ | 『ひだまりバスケット』 その5 »