« 『恋色空模様』 その6 | トップページ | 『恋色空模様』 その7 »

中国GP

2010年 F1 GP 第4戦 中国GP終わりました。

いやいや、今度こそと期待していた可夢偉はまたまた1周も走る事ができずにもらい事故でリタイヤ(;_;)

第4戦終わって一度も完走していないドライバーは、昨年までTOYOYAで走っていたT.グロックと小林可夢偉だけになってしまいました。ラップ数で見ると、これまでの4戦合計でレースディスタンスに到達していないのは可夢偉だけなんですよね。ぶっちゃけドライバーズランキングは現時点で最下位ってところ。中国GPに望んで可夢偉が完走を渇望していたのもわかるってものです。

昨シーズンの2戦よりも走れてない訳ですし、明らかに可夢偉のミスでのリタイヤって今迄無いだけに悔しい思いをしていることでしょう。ヨーロッパラウンドでは是非巻き返しに期待しましょうww
(んにしても、フェラーリエンジンはどうなってんのかね?)

さて、肝心の中国GP。今年も波乱のレースになりました。本当に中国GPって毎年何かが起こるって気がしますが、タイヤ交換で目まぐるしいレースになりました。

そんな中、またしてもウェットをバトンが制した格好になりましたが、見せ場を作ったのはハミルトン。マクラーレンは1・2フィニッシュで勢いを見せ付けましたが、レッドブルが意外と梃子摺っていたってのも印象に残りました。最速と言われるレッドブルのマシンRB6の弱点は信頼性だけかと思っていましたけど、中国GPみたいなコンディションでは競争力が若干劣っている様に見受けられました。コースとかの相性もあるんでしょうけど、どのチームも磐石って感じは無いですし、この後の開発競争次第でまだまだどうなるか予断を許さない状況でしょう。

んにしても、一番インパクトが強かったのは"抜かれるシューマッハ"でした。タイヤも限界だったんだろうけど、レースディスタンスは皆平等な訳で、ペトロフやマッサに手も足も出ないシューマッハって、特別彼のファンではないけど衝撃的でした。ニコ・ロズベルグが頑張っているだけに余計だね(^^;

|

« 『恋色空模様』 その6 | トップページ | 『恋色空模様』 その7 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/48136977

この記事へのトラックバック一覧です: 中国GP:

« 『恋色空模様』 その6 | トップページ | 『恋色空模様』 その7 »