« 『WHITE ALBUM 2』 その4 | トップページ | 『WHITE ALBUM 2』 その5 »

Malaysian GP

マレーシアGP終わりました。

日本代表 小林可夢偉は今回もリタイヤ。レース前には兎に角フィニッシュすることに集中するってコメントしてましたけど、今回はマシントラブルでリタイヤでした。

バーレーンGPでフェラーリエンジンのクーリングが課題になっていましたが、今回の高温多湿のマレーシアGPでも同じような課題がクローズアップされたんでしょうか?トロ・ロッソの2台は完走しましたが、本家フェラーリではアロンソがギヤボックス+エンジントラブル、ザウバーに至ってはデ・ラ・ロサがエンジントラブルでスタート出来ず、可夢偉も9周でエンジントラブル。フリー走行や予選では雨交じりの天候で問題が表面化しなかったのか?
本当にエンジンの冷却がネックになっているのであれば、マレーシアGPの結果だけから推測

さて、ここまで3戦終わって4強チームってのははっきり見えてきた感じがしますが、速さからすると(サーキットとの相性とかはあるでしょうけど・・・)
  レッドブル>フェラーリ>マクラーレン>メルセデス
ってな印象であります。兎に角、信頼性問題が無かったなら、レッドブルが今迄全勝していても不思議ではないレース内容でしたし、ヨーロッパラウンドに入るまではこの勢力図はあまり変わらないかも知れません。

んにしても、ハミルトンの追い上げとか見所が多かったマレーシアGPですけど、やっぱアロンソは凄いドライバーですなぁ。最初からギアボックスに問題を抱えて、レース中車載カメラの状況に"何かおかしい!"って言われ続けているのに、あれだけ攻撃的なドライビングができるなんて凄過ぎる!

その次の中段チームとなると、フォースインディアが着実に力を付けていますね。3戦で全てポイントを獲得していますし、昨年のストレートスピードだけはトップクラスって状況から、徐々に進化していますね。マレーシアGPでも、あれだけオーバーテイクショーを見せていたハミルトン(マクラーレン)をスーティルが抑えきったのは素晴らしかったですよ!

ルノーのマシンも昨年よりは良さそうな印象。クビサはここ2戦コンスタントに力を出せている感じがしますし、上位チームのマシンが後ろに付いても簡単には抜かせませんね。
ルノーとフォースインディアが中段チームでは現状一歩リード、トロ・ロッソが続いて、ウィリアムスとザウバーは少々苦戦気味って印象。

新規チームはマダマダ語るには早過ぎでしょう。何れにしても、これからの開発競争でこの勢力図がどう変わるのか?
その前に中国GP。可夢偉には是非とも完走して貰いたいね。

|

« 『WHITE ALBUM 2』 その4 | トップページ | 『WHITE ALBUM 2』 その5 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/48004356

この記事へのトラックバック一覧です: Malaysian GP:

« 『WHITE ALBUM 2』 その4 | トップページ | 『WHITE ALBUM 2』 その5 »