« 『素晴らしき日々』 その29 | トップページ | 『素晴らしき日々』 その31 »

『素晴らしき日々』 その30

羽咲素晴らしき日々
 "Which Dreamed It"コンプしましたww

ほむほむ、取り合えずこの章に関しては選択肢が無かったのでこの終わり方しかないみたいですww

さてと、展開的にはちょっと期待していた"事の起こり"って所にまでは至りませんでしたから、この先の章にそこは期待するとして、羽咲も含めた世界ってことで一応一連の補間は終わったってところでしょう。

最初に登場した頃の由岐とか、若槻姉妹とか、途中であまり関連性が無く思えて、深く気に留めなくなっていましたが、これでスッキリと繋がったって印象です。

羽咲にしても、どちらかと言えば一連の出来事に関連はあるものの、外野的ポジションに思えなくもなかったのですが、この章を終えてみて、羽咲もどっぷり関連しているのねって感じですねww


<少々ネタバレ>

いやいや、卓司の中の人格のひとつが何故由岐なのかな?とは思っていたのですよね。卓司の理想の姿って位置付けっぽかったのですけど、"何故に女性?"ってねww

しかし、この卓司の設定は奥深いですなぁ。実際には皆守の肉体で、何故かメイン足るべきキャラが実は皆守が殺した(?)らしい卓司。んでもって、由岐ってキャラがオカマバー店長の娘で、その卓司皆守の間にあった事件でもって、命と引き換えに羽咲を守った存在・・と。

羽咲が以前語っていた、兄と双子の兄って存在。それが同じ肉体に存在するってだけでなく、事の起こりの事件に関わった由岐まで共有していたとはねぇ。ほほぉww

これは一体"事の起こり"ってのはどんな事件だったのか、余計に気に成ってきましたが、この章では語られませんでした。

彩名ざくろの存在も気に成ってはいるんですよね。ざくろは結構出来事の序盤に自殺してしまいますが、他にも何か存在に意味があるのかって部分。ここんとこはあまり深くないのかも知れませんが、最初の章のこともありますからねぇww

肝心要となりそうなのは彩名。こちらは一切未だ謎なんですけど、魂が抜けたような羽咲達の母親の存在も気に成っておりまして、母親と彩名って何か関連があるのかも?

<ここまで>

さてと、この章を終えて、かなりの部分での関連性が見えてきたのですが、なんだか"これで全てじゃないでしょ?"って印象が残りました。それと、今迄一連の出来事の外野っぽいポジションに居た羽咲ですが、しっかりと巻き込まれていたんだなって感じww

さぁて、いよいよ終盤に突入ですかね?こりゃ先が楽しみだ(^^)

|

« 『素晴らしき日々』 その29 | トップページ | 『素晴らしき日々』 その31 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/48726813

この記事へのトラックバック一覧です: 『素晴らしき日々』 その30:

« 『素晴らしき日々』 その29 | トップページ | 『素晴らしき日々』 その31 »