« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

『素晴らしき日々』 その33

由岐素晴らしき日々
 "Jabberwocky"選択肢を変更してプレイ再開ww

・・・とは言え、今日はワールドカップを最後まで観ていたのと、寝ぼけ眼で行った出張もあって少しだけ(^^;

先の選択肢が羽咲ルートであるなら、もう一方の選択肢は由岐ルートでありました(^^)

と言う事で、大して進んでおりませんが、由岐のえちぃシーンをばクリア。

ま、そのぉ、皆守と田舎に居た頃から惹かれていたっぽい発言がありましたけど、それって皆守が小学生とかの頃ですよね?んでもって、7才くらい違うわけですが、そんな頃にときめきますかね?

由岐ってばちょいと危ない人だったとか?ww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その33"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その32

司素晴らしき日々
 "JabberwockyII"「Wonderful everyday」END終了(^^)

はい、この章は攻略サイト様の情報によりますと、"Jabberwocky"の選択肢やなんかの状況で迎えるEndingが変化するようでありまして、取り合えずは完結編ってことでありますww

うむうむ、取り合えずひとつの終わりの形を迎えました、気にしていた"事の起こり"ってのもハッキリしましたし、"Which Dreamed It"ラストからの繋がりもあって、そこそこ納得の終わり方でございました(^^)

とは言っても、全てがスッキリした訳ではなく、そこんところはこの後に続くお話を楽しみにってことですねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その32"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

European GP

可夢偉すげぇぇぇっっ!!

いやいや、サッカーワールドカップもなかなか目の離せない試合があったりと、この週末は嬉しい忙しさでありましたが、可夢偉やってくれました!

や、本当に魅せられたレースでしたね。今回は運も味方をしてくれましたが、トラフィックに捕まることなく、3位でラップを刻んでいた時、燃料タンクが軽くなってからのラップタイムは良かった。マシンの戦闘力ってことでは、まだまだトップチームとは差がありますけど、この先が明るくなる要素でした。

続きを読む "European GP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その31

鏡素晴らしき日々
 "JabberwockyII"プレイ開始しましたww

はいはい、この章は前章でもって出てくるのかも?と思っていた"事の起こり"辺りにスポットが当たっていそうな感じであります。

お話の視点は皆守。とは言っても幼少の頃のお話でして、東京で暮らしている羽咲が、単身皆守が預けられている実家の田舎にやってくるところからのお話。

んでもって、ここに由岐とか登場するんですねぇ。あはは、そりゃぁまぁ由岐皆守に対して"お姉さん"を主張するはずですわ。明らかに歳上ですしね。その頃の影響を受けた人格であるならば、同じ肉体を共有していても譲れない部分ではなかろうかとww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その31"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その30

羽咲素晴らしき日々
 "Which Dreamed It"コンプしましたww

ほむほむ、取り合えずこの章に関しては選択肢が無かったのでこの終わり方しかないみたいですww

さてと、展開的にはちょっと期待していた"事の起こり"って所にまでは至りませんでしたから、この先の章にそこは期待するとして、羽咲も含めた世界ってことで一応一連の補間は終わったってところでしょう。

最初に登場した頃の由岐とか、若槻姉妹とか、途中であまり関連性が無く思えて、深く気に留めなくなっていましたが、これでスッキリと繋がったって印象です。

羽咲にしても、どちらかと言えば一連の出来事に関連はあるものの、外野的ポジションに思えなくもなかったのですが、この章を終えてみて、羽咲もどっぷり関連しているのねって感じですねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その30"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その29

由岐素晴らしき日々
 "Which Dreamed It"プレイ開始ww

はい、予定通り羽咲視点のストーリー展開でもって始まりました。

今迄のシナリオは7月頭からの始まりでありましたが、この章に関しては7月も半ば、卓司が変化を見せ初めてからの辺りでのスタートです。

あはぁ、前章で一区切りが付くかも?なんて思っていましたけど、そうそう、そう言えば最初の章の辺りの収まりがもう一つでありましたっけねww

そんな感じで、最初の由岐が登場する辺りのこともここでスッキリさせてくれそうですし、やはり羽咲が登場ってことで、卓司を含めて"事の起こり"って所を明らかにしてくれそうですよ(^^)


続きを読む "『素晴らしき日々』 その29"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その28

羽咲素晴らしき日々
 "Jabberwocky"コンプしましたww

ふむ、予想通りの結末でありましたね。途中の選択肢が有りはしたのですが、ここは攻略サイト様の言う通りに進めますよ(^^ゞ

と言う事で、細部ではちょいと違いも有るのでしょうけど、概ね今迄の話の筋でもってのEndingでありました。んにしても、ここまで来ても卓司の取った行動の最後の結末ってのは描かれていないんですよねぇw

なので、当事者達にとってみればトンでもないかもでありますが、結局"終ノ空"を迎えた後はどうなったのかね?

ままぁ、彩名の言葉からすればリセットって感じなのでしょうけど、どうなのかねぇ(^^;


続きを読む "『素晴らしき日々』 その28"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その27

由岐素晴らしき日々
 "Jabberwocky"進めておりますww

ほほぅ、予想通りい動き出しましたねww

昨日予想していたことって結構良い線を行っていた様でありまして、皆守の周囲が平和であっただけで、由岐に至っては結構切羽詰っていたっぽいですものねぇ(^^;

無駄に明るいと言うか、妙に軽い調子の由岐と、その自らの意思でもって皆守の前に現れる努力をしていたって感じから、どうにも無理しているんでは?って思えたのですが、どうやら正解でありました(^^)

羽咲の方もなんとなくですが、"終わり"ってのを感じとっているんでしょうか?


続きを読む "『素晴らしき日々』 その27"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『素晴らしき日々』 その26

羽咲素晴らしき日々
 "Jabberwocky"進めておりますww

ふむふむ、何やら今のところは平和な日々が続いておりますww

んにしても、皆守ってこれまでのシナリオ内容からして、冷酷な様でいて根は正義感ありの結構良い奴なのかもと思っていたのですけど、ここんとこの展開は意外と言いますか、羽咲由岐にやられっぱなしって感じww

や、今迄皆守に持っていたイメージとは随分違うのですけど、皆守羽咲由岐って3人の関係ってなんだか微笑ましくて良い感じです。なんて言いますか、3者3様に自分の思いもあるだろうに、それよりも相手のことを思いやっている感じなのかな?


続きを読む "『素晴らしき日々』 その26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その25

亜由美素晴らしき日々
 "Jabberwocky"プレイ開始ww

髄分とこの作品世界のあり方ってのにも慣れてきたところで、今回の"Jabberwocky"では皆守視点での展開であります。

ま、今迄のお話でもって、どうやら由岐皆守卓司の存在に関して、関係性ってのは見えてきていた訳ですが、そこんとこ卓司は当事者にも拘らず、忘れている、もしくは意識から排除しているようで、この皆守視点でのお話でもってかなり3者の関係ってのが明確になってきそうですねww

"Down the Rabbit-Hole"での由岐にしても、自らの存在の有り様ってのは自覚していませんでしたが、こんかいのお話では、由岐もしっかり把握しているようですし、ぼちぼちこの作品としての核心に近付くヒントも出て来そうな気配かw


続きを読む "『素晴らしき日々』 その25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その24

宇佐美素晴らしき日々
 "Looking-glass Insects"ざくろルートコンプしましたww

これにて"Looking-glass Insects"終了ってことでありますが、ざくろルートはやはり作品として、今迄の謎って部分と、この先へのヒントとか新たな疑問みたいな部分を提示してくれたと思いますね。

とは言え、終盤の展開ってのは、意図してかも知れませんが、ちょいと急展開過ぎた様な印象でありました。

ざくろが行動に走った切っ掛けとか背景ってのは解りますけど、最後の最後行動を起こすってところとか・・・や、その前に「力を分けておきます」ってキスするシーン辺りからか、ざくろは何を信じ、自らの内に何を感じていたのか、そこんとこの核心部はちょっと謎のままって感じ?


続きを読む "『素晴らしき日々』 その24"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その23

希実香素晴らしき日々
 "Looking-glass Insects"ざくろルート目指してプレイ再開ww

とは言え…今日の所はワールドカップがあったせいもあって少しだけ(^^;

えぇと、分岐ポイントは一箇所だけですから迷わずに反対の選択肢を選んでプレイ再開ww

ふむふむ、反対の選択肢を選んでも希実香の方は覚悟決めていたっぽいですね。彼我の戦闘力の差を考えると、武装って手段しかないのは確かなんですけど、こういうのも経験がモノを言うでしょうし、こんな展開は仕方のないこと。

んにしても、ざくろはこちらの選択肢になると相変わらずって感じになってしまいましたな。


続きを読む "『素晴らしき日々』 その23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その22

希実香素晴らしき日々
 "Looking-glass Insects"希実香ルート終了っとww

おっ、ほうほう、なんと可能性って事ではこんな展開もありえるのかww

ふむ、これは結構上手い展開かも知れませんね。徹頭徹尾…って最初はそうもでないけどww…ブラッディって展開では疲れてしまいますしね(^^;

それにしても、ハッピーエンドってやつなんでしょうけど、この物足りなさはなんなんでしょうねww

途中までは随分と今迄の展開に似た様なシーンが展開するのか思っていたし、例のざくろの転落に至る原因ってのに突き進むには、こう自暴自棄とまでは行かなくても、切羽詰った状況ってのがもう少し継続するのかとおもったんですけどもねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その22"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その21

聡子素晴らしき日々
 "Looking-glass Insects"進めておりますww

ふむふむぅ、ざくろ視点でもって展開しておりますが、取り合えず選択肢を通過ww

はい、攻略サイト様のお陰でありまして、一旦希実香ルートへ行くことにしました。前章でも傍流の希実香ルートではENDに辿り着けませんでしたし、逆に先に希実香ルートを進めていたから判りやすかったって部分もありましたので、今回も同じパターンでもって攻めることにww

お話の方は、ざくろ卓司とのお話に、時折希実香を加えてって展開ですが、今のところまた~りとしてはいます。とは言え、色んなところにネタは転がっていますよww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その20

めぐ素晴らしき日々
 "Looking-glass Insects"プレイ開始ww

おーっ、Topページに戻ると今回はちゃんと"Looking-glass Insects"への入り口が用意されておりましたww

今回の主人公はざくろってことで、意外と彼女がこの物語の"はじまり"の鍵を握っている感じがしているので、いよいよその辺りが明らかになるのかな?

"Down the Rabbit-Hole"の世界のそれも前半部と言いますか、シナリオと、それ以降の展開ってのが、妙にギャップを感じます。まぁ、最初の世界ってのは、微妙にベールが掛かっているって感じで、肝心のところには目を向けずに、事なかれ主義的な展開っぽかったですからねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その19

希実香素晴らしき日々
 "It's my own Invention"終了しましたぁ(^^)ww

やはりと言いますか、希実香シナリオと違って、卓司ルートってのはこの作品の本来の道って感じでしたね。

とは言え、そこは…ねぇ。ケロQさんですし、ある程度のブラッディ系の展開は覚悟していましたけど、のシーンってのはやっぱ堪えますね。それも、例えば卓司の狂気って絡みとかなら、なんとなく先の展開への影響とか考えるのかも知れないですけど、当の卓司は無関心に近いような感じでしたし、作品としてこの先の展開は解りませんけど、そこまでする必要あんの?って気分になってしまいます。

ま、しかし前章の由岐のお話辺りとリンクするには必要なシーンには間違いないのですが、この18禁作品でしか表現不可能なところは、何処へと繋がるのでしょうね?


続きを読む "『素晴らしき日々』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Canadian GP & 24 heures du Mans

この週末もレースファンにはなかなかに忙しかったのではないでしょうか?

F1 は Canadian Grand Prix、加えて24 heures du Mans 24時間耐久レースでしたからねww

F1のフリー走行、予選とか気にしつつ、ネットでもってル・マンの状況をチェックと言う忙しさww

うむ、あくまで個人的見解でありますが、どちらのレースもある意味似た様な結果で幕を閉じました。

F1 はここまで最速マシンを駆って、全GPでポールポジションを獲得し、カナダでもポールポジションは逃したものの、マクラーレンと比較して決して劣っているマシンではないはずのレッド・ブル。しかし、レース戦略に加えて、終盤は本来の速さを発揮することなく、カナダではマクラーレンに惨敗。

続きを読む "Canadian GP & 24 heures du Mans "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その18

唯素晴らしき日々
 "It's my own Invention"再び進めておりますww

希実香とこの章の真のENDの分岐ってひとつしか無いんですよねww
なので思い当たる選択肢のもう片方を選んでプレイ再開。

結構最初の方なんですよね>選択肢
一連の物事がいよいよ動き出した、引き金とも言える呪いが発動するまえですからね(^^;

スキップも使いながら、終の空を迎える4日ほど前までプレイしました。

繰り返しプレイすると、この頃は未だ卓司の主導する世界に固定されていないっぽい感じなんですよね。

時折ブレるかのような違和感とか、妄想の中にトリップしている姿とか・・・まぁ、妄想の方は卓司の世界の具現化になんらかの影響を及ぼしているのかもですがww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その17

希実香素晴らしき日々
 "It's my own Invention"進めておりますww

うむぅ、取り合えず"It's my own Invention"終わったと思ったのでありますが、最初の画面で次の章への選択肢が出てこなかったので、そこは困ったときの攻略サイト様頼みww

んで、どうやら"It's my own Invention"希実香シナリオENDって事みたいでありますww

まぁ、確かにそう言われてみれば、途中からお話の展開的に、クトゥルー紳とかそんな気配が無くなって、妙に現実めいて来たなとは思っていたんですけど、成る程希実香シナリオでありましたか(^^ゞ

ま、それはそれなりに、希実香の立ち位置って言いますか、何故ざくろに対して希実香はそんな態度に出ているんだろ?って辺りの疑問は氷解しましたけどねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その16

明日美素晴らしき日々
 "It's my own Invention"進めておりますww

ふむふむ、基本的に今のところ展開は前章と変わりないのですが、視点が変わるとこんなことが起きていたんだねぇww

うぅむ、兎に角残すところ終の空を迎えるまで残すところ4日ってとこら辺りまで進めはしましたが、起きている物事ってのにはあまり変化は感じられずってところ。

今のところ前章で描かれなかった側面を、由岐が居ない部分でのシーンを見ているって感じですね。

んにしても、明日美は教師だってのに、結構壊れてしまいましたね。ちとクドイ程の展開ではありましたけどねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その15

羽咲素晴らしき日々
 "It's my own Invention"進めておりますww

さぁて、救世主様覚醒ってことで動き出しはしましたが、卓司ってやっぱ小物感は漂っているねww

取り合えず卓司がなんらかの力を得たのは確かなところなんでしょうけど、力の使い所をわかってないってんですか、世界の終わりってものを目前にして、そんな大きな動きと言うか、流れに対して干渉しようとせず、大局的に見れば身の回りのどうでも良いことにしか干渉して無い様に思えます。

それにしても、曲がりなりにも力を得たわけですし、それなりの素養ってのがあったのか、それとも母親のお膳立てってのが如何に完璧だったのか?ってなところなんだろうかねぇ。何故卓司に、何が起こって、どうなっているのか?解るようで解りませぬよww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その14

由岐素晴らしき日々
 "It's my own Invention"進めておりますww

ふむぅ、なにやら卓司が覚醒したっぽいですな。加えて由岐とのコンタクトの仕方ってのも前章とリンクしているようですし、いよいよ本題へと突入なのですかねww

まぁ、そのぉ、卓司が覚醒ってプロセスは一応筋は通っているものの、なかなか消化できないです。理屈って面では辻褄が合うって感じなのですけど、そのトリガーを引いたのは、やはりと言うか彩名ってことになります。んにしても、彼女もある程度の積極性を見せて関わってきますが、彼女なりの思惑みたいなものはあるんでしょうか?

今迄登場したキャラ達の中で、彩名が一番安定した存在に思えますし、全くの傍観者の立場を保つならともかく・・とも思ってしまうんですよね(^^ゞ


続きを読む "『素晴らしき日々』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その13

彩名素晴らしき日々
 "It's my own Invention"進めておりますww

ほほぉ、漸くこの章の本領発揮って感じがしなくもないですが、それ故(?)兎に角、全く持って何が起きているのか全然掴めない状態でありまするww

ん、ヒントに成りそうなのは、若槻姉妹との接点、漸く由岐が登場して、前回の章と接点らしきものが出てきたことでしょう。

そんなかんなで、手探り状態ながらも、前章"Down the Rabbit-Hole"でもって明らかに成らなかった事、そして卓司視点で何が起きようとしているのかってのを補間しているような展開に思えますが・・最後はどうなるってのは全く持って予断を許さないって感じなんですよねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その12

ざくろ素晴らしき日々
 "It's my own Invention"進めておりますww

ふむ、お話の進み方って点ではあまり進んでおりませんが、現状の卓司の状況2分で残りは、彼の過去回想ってところでありますねww

卓司のいぢめ体験ってのがメインになってはおりますが、前章と決定的に違うのは皆守(ともさね)が登場することでしょうかね?ww

"Down the Rabbit-Hole"では全くもって存在を感じさせませんでしたし、どうかな?とは思うのですけど、最初の自殺者が出る辺りの描写はありませんでしたし、前章と同じ世界なのか、それとも別の世界なのかってのは今のところ判別できませんね。


続きを読む "『素晴らしき日々』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その11

司素晴らしき日々
 "It's my own Invention"プレイ開始(^^)

はい、今度の章は卓司が主人公ってことで、彼の視点でお話が始まります。

時期的には7月の最初ってことなのですが、先の"Down the Rabbit-Hole"と同じ時期ってことになります。うーむ、これまた7月20日に向けて話が展開していくのでしょうかねぇ?

と思いつつも、兎に角"Down the Rabbit-Hole"とは何かちょいと違和感があります。なので、"Down the Rabbit-Hole"を卓司視点で見たものでは無さそうですが、これって平行世界の一つの話なのか、繰り返す世界のひとつの可能性って世界なのか・・・そこんところはなんとも解りませんねぇww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その10

彩名素晴らしき日々
 "Down the Rabbit-Hole"終了しました(^^)

うむ、お話の方は一旦お終いと言うか一区切り。なんとも疑問は疑問のまま残ったって終わり方でありましたし、先ずはこの作品のプロローグとでも思っていた方が良いみたいですねww

ほむ、先にコメントを貰った「かなり3章が苦しい」ってのは、この終盤のことかも知れないですね。いやぁ、それにしてもクトゥルー紳ですか。由岐の周囲の存在も彼女が認識できない様な塩梅でしたけど、それは世界のズレなのか、ナイアルラトホテップ(=這い寄る混沌とも表現されてましたな)の影響なのか・・・。ラヴクラフトは良く知らないんでなんとも…さらっと触れた程度なのでね、良く解らねーってのが正直なところですし、あの世界にダイブは出来なかった口です(^^ゞ


続きを読む "『素晴らしき日々』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その9

希実香素晴らしき日々
 "Down the Rabbit-Hole"進めておりますww

ふむふむ、お話の方は予想通り動き始めたって感じがしますww

いやいや、前回から豹変モードに入ったらしき卓司ってば、かなり壊れておりますなぁww

ふむ、ここへ来てある種の対比って感じがしなくも無いのですけど、それだけで収まりが付かないところもあるんだよなぁww

大きく話を動かしてしまった大元はざくろで、今回豹変した卓司が扇動役みたいにも見えるのですけど、両者に共通するのはいぢめられていた側、学園で言えば作られたものかも知れませんが、弱者って位置付けって認識で良いとは思うのですが、この2人がシンパシーは覚える可能性はありそうですが、同じ穴の同輩とは思えないんだよなぁ。


続きを読む "『素晴らしき日々』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その8

やす子素晴らしき日々
 "Down the Rabbit-Hole"進めておりますww

う~む、ざくろの一件でもって引き金は引かれていたのかもって感じですが、いよいよお話が動き始めたって局面ですかねぇ。

不安感ってところで漂っていたものが、なんとなく形を取ろうとしているかのように感じますねww

その筆頭が卓司の変貌って形になってきているのかと思えます。もう一人の気になる存在、彩名の方はキャラ紹介にもありましたから、何が進行し何が起きようとしているのか、どうやら知り得ていると思われますが、言動を見ている限り、自ら積極的に介入することは無く、傍観者って立ち位置を貫きそうだねぇww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その7

美羽素晴らしき日々
 "Down the Rabbit-Hole"進めておりますww

第2部に突入って事で全くの新展開かと思いきや、元に戻ったって感じでありました。

んと、第1部はイレギュラーな世界での偶然の産物っぽいと言えばいいのかな?第1部の世界では由岐とそのホンの身近な部分しか現実感が無かったのが、第2部では一応正常に動いている様ですし、由岐にもちゃんと刺激を及ぼしている・・みたいなww

で、普通の世界かと思いきや、そこに一石投じたのがざくろって感じですなぁ。

取り合えず、普通の日常の中に非日常が紛れ込んでいるような、そんな匂いはプンプンしているってねww


続きを読む "『素晴らしき日々』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その6

ざくろ素晴らしき日々
 "Down the Rabbit-Hole"進めておりますww

うむ、ざくろ選択が正解でしたね。シナリオってのは結局 BAD ENDって事でしょうかね?

まぁ、それなそれでその世界で幸せなんでしょうけど、真実の世界ってのを芯に据えて考えると、停滞した世界っぽい様なイメージなのかなぁ。

この先の展開は解りませんけど、真の現実から逃避した世界みたいな感じがしますね。何もせずに幸せに浸っていられる世界。当人にとって幸せなら良いんじゃないか?みたいな部分もありますけど、それじゃお話は進みませんしねww

と言う事で、ざくろEND 終了しまして、漸くお話が動き出したってところであります。
んで、ここまでが"Down the Rabbit-Hole"の第1部。第2部から本格的にお話が動き出すと思って良さそうです(^^)


続きを読む "『素晴らしき日々』 その6"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『素晴らしき日々』 その5

鏡素晴らしき日々
 "Down the Rabbit-Hole"進めておりますww

ふぅむ、"Down the Rabbit-Hole"のENDとENDをクリア。とは言え、雰囲気的には NORMAL END と言ったところなのですが、お話としては BAD END に近い印象。

んあ~っ、説明しにくいのですけど、終わり方としては不幸でもないし、別れはあるものの、そんな悲しみに暮れるってことでもなく、ある意味平和で幸せな別れなんですけど、お話的には一歩も進んでない様な感じなんですよね。

えぇと、兎に角、ENDとENDへの分岐点は、王様ゲームで何番を選ぶのか?ってのでもって決定。それで、1番と2番を選んだ結果がこれですから、残るは3番=ざくろって事でしょうか?


続きを読む "『素晴らしき日々』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »