« 『るい智ファンディスク』 その20 END | トップページ | 『恋神 -ラブカミ-』 その2 »

『恋神 -ラブカミ-』 その1

『恋神-ラブカミ-』@PULLTOP次のプレイ作品は、PULLTOPさんの『恋神-ラブカミ-』であります(^^)

ふむ、PULLTOPさんの作品は、前作『しろくまベルスターズ♪』に引き続きのプレイとなりましたww
んと、デフォプレイブランドではないのですが、今回は木緒なちさんがシナリオ参加と言う事を知り、買い決定であります(^^ゞ

えーと、「カミサマ降臨!学園生活ADV」って事で、サンタクロースの次は神様との学園生活と来ましたねぇww
キャラ紹介を読んでいると、天津神、国津神に人物神と入り乱れ(お稲荷さんって何だったっけ?)て・・・これはドタバタ系ですかねww
個人的には、イナリ@五行なずなさんが気になるところww

は~い、それでは恒例の作品紹介と参りましょうww


◆『恋神 -ラブカミ-』

  • ブランド: PULLTOP
  • 発売日: 2010/10/29
  • ジャンル: カミサマ降臨!学園生活ADV
  • 原 画: 八島タカヒロ、基井あゆむ
  • シナリオ: 阿羅本景、木緒なち、御剣ヒロ
  • 世界観設計: 田中天
  • シナリオ統括: 北川晴
  • SD原画: 田口まこと
  • 背景設定: 塩澤良憲
  • 背景彩色: 獏プロダクション、まーと
  • グラフィックチーフ: 夏桜
  • 主題歌・BGM: TWOFIVE
  • セカンドディレクター: さえきそれなり
  • 企画・ディレクター: Yow
  • プロデューサー: 朝妻ユタカ

◆ストーリー

「クラスメイトはカミサマです!」

だいたい同じで、どこかがかなり違ってる……
ちょっと違う日本のちょっと未来の物語
その頃、カミサマと人間は、かなり近しい位置にあった

そう、カミサマ
この国では実際に “いる” 存在だ

つい最近も、少子化に悩む日本が、
カミサマに相談して色々と対策を練ってたらしいが、
出てきた結論がこれだ――

『カミサマ教育法』

学生数不足どころか人口不足も一挙解決!
なんと、カミサマをクラスメイトとして送り込もうという話だ

そんなこんなで先頃、
俺(北里颯太)の家にもカミサマがやってきた

ちっちゃくて、子供っぽいけど……
彼女(ツクヨミ)は、俺の家族になった

もちろん、人知を超越した力を持つカミサマのこと、
ささいなことから大騒動に発展したりすることも珍しくない

そんな騒動に首をつっこんでいるうちに、
いつのまにか困りごとを持ち込まれるようになっていき……

そして今日も一日、カミサマたちとの
騒々しい学生生活が始まるわけだ!

◆キャラクター

月詠 ウサギ(つくよみ うさぎ)
月詠
「駄目の子じゃないぞ! 神様なんだぞー」
 CV:杏子御津

活発で奔放。明るくズボラ。
人をからかうのが好きな小悪魔カミサマ。

学園の勉強&運動、ともにへっぽこだが、
新しい物好きでデジタル機器の類につよい。
“学園に通わせる” ために遣わされ、
主人公の家にホームステイすることになった。

「人に幸せをもたらしたい」という考えから、
おせっかいなくらい親切で、
空回り気味なくらい物事に乗り気で首を突っ込む。

ただし、月を司るだけに満ち欠けで
テンションが左右され、新月時は本格的に何もしない。

昔、天より落ちて困っていたところを
幼少期の主人公に助けられた。

佐久沙 いつき(さくさ いつき)
いつき
「まったくもう……世話が焼けるんだから、この弟は」
 CV:優希芹果

人間。八重垣神社の巫女。
主人公とは幼馴染であり、気心の知れた関係。
同い年であるが、何故か主人公のことを弟扱いし、
やたらと世話を焼きたがる。

他の人とは違い、昔から神様が見えていて、
本人曰く、色々とトラブルに
巻き込まれていたとのこと。

その影響であまり神様のことは快く思っておらず、
カミサマ教育法に関しても面倒なことになった……
というのが正直な感想。

ただ、基本的に人間・神様問わず、
困っている姿は放っておけず、
文句を言いつつも主人公達を助けてしまう。

豊草 イナリ(とよくさ いなり)
イナリ
「高天原のせ……せせっ、セックスシンボルこと、イナリお姉さん、よー……(尻すぼみ)」
 CV:五行なずな

トレードマークは稲穂のような金髪と
狐耳&尻尾のカミサマ。

自身の夢を成就させるため、
神早坂学園にやってきたが、
なりゆきで園芸部に入部することになり、
田んぼの守護神としてそのまま部室に住み着くことに。

陽気で気さく、情に厚くて面倒見も良い神様。
……が、私生活はだらしないなど、ズボラな一面も。

豊穣の神は性的に放縦なタイプが多く、
本人ももっと奔放かつ享楽的な神様になろうと
張り切っている。
が、実は超がつくほどのウブ。

富士宮 サクヤ(ふじみや さくや)
サクヤ
「親愛の情を込めて “サクヤ様” でよしとしましょう」
 CV:羽鳥空

いつも周囲に桜の花びらを舞い散らせている
可憐な少女のカミサマ。
お嬢様的な雰囲気を常に漂わせ、
気品のあるしゃべり方をし、
双子の姉といつも一緒に行動している。

カミサマとしてのプライドが高いため、
人間に対しては高飛車かつ無遠慮な態度に
出ることが多い。
しかし、本当はものすごい甘えたがりで、
可愛らしい性格。

ただし、誇りを傷つけられるようなことを言われると、
ドスの効いた伝法口調になる。

高天原 テル(たかまがはら てる)
天照
「はっはっは、寝言は寝ていいなさいな生徒諸君」
 CV:春日りか

いちばんえらいカミサマ。
主人公の通う学園に新たに赴任した校長。
艶やかな長髪をなびかせ、
自信に満ちあふれた雰囲気の美女。

日の出と共に起床し、日の入りと共に就寝する。
基本的にかしずかれることに慣れているため、
ごくナチュラルに上から目線で話す。

武塔 スセリ(むとう すせり)
スセリ
「誰もボクをしばるこたぁできないよ」
 CV:ひのきかをる

八重垣神社の主祭神。
祭神であることからいつきとは姉妹同然に
生活することになるが、
ある事情によりお互いの仲は険悪。

カミサマ教育法の施行により、
学生となるはずだったが、
就学拒否してふらふらしている。

自由気ままでやんちゃな問題児。

米望 ひなた(よねもち ひなた)
ひなた
「その案は却下です先輩。コストに見合うだけの成果が見られません。超ダメダメです」
 CV:みる

主人公のクラスメイトで、とてもちんまい園芸部部長。
周りからは『ヒナ』、『ひなちゃん』などの愛称で
親しまれている。
真面目で几帳面な優等生タイプ。

園芸部で収穫した作物を販売して収益を上げるほどの
やり手で、活動報告から売上管理、外部との交渉まで
一手に引き受けている。

嫌いなものは、なぜか野菜全般。

富士宮 イワナ(ふじみや いわな)
イワナ
「……サクヤ、好き嫌い多いから……」
 CV:桐島絢華

サクヤの姉で、妹とは対照的に気が長い
のんびりやさん。

恥ずかしがり屋で無口だが、
その仕草や行動がとてもかわいらしいと大人気。

恥ずかしさがピークに達すると、
混乱して、岩の雨を降り注がせてしまう。
家事全般が得意。

なぜか常に仮面をつけている。

北里 みこと(きたさと みこと)
みこと
「行きます! やっぱやめ! 諦めた! これは逃避じゃないの! 明日への転進!」
 CV:小倉結衣

主人公の実の妹。
主人公が両親の良いところを受け継いだとすれば、
この妹は両親の残念なところばかりを受け継いでいる。

常時テンション高めの、ちょっと変な子。
しょっちゅう変なことにチャレンジしては
墓穴を掘って自爆している。

受け狙いとかではなく、
純粋に好奇心と行動力が旺盛なだけ。

月詠ウサギとはめっちゃ気が合う。

藤田 連二郎(ふじた れんじろう)
連二郎
「僕はちょっと年上が好みなのさ」
 CV:犬飼悠美

主人公のクラスメイト。
とても可愛く凛々しい容姿から、
女学生(および一部の男子学生)からの人気が高いが、
当人は年上趣味なので意に介さず。

成績は良く、素行も悪くはない。
だが、気が向くと勝手に授業をフケて
風景スケッチに出かけたりする風変わりな芸術家肌。

ちなみに、なよなよしてるわけではなく、芯は強い。

鹿島 雷太(かしま らいた)
雷太
「うむ、気合と根性だ」
 CV:紫陽花

軍神。
ごつくてかっこいい頼れるカミサマ。
ケンカでは最強クラスと恐れられているが、
本人(本神?)は暴力を好まない。

ただ、成績は破滅的で、
連二郎によく教えてもらっている。
その光景を見た学内の一部の女子(女神)は
キャーキャー言ってるとか言わないとか。

侠気溢れる頼もしい奴なのだが、けっこう天然ボケ。

大久保 惣右衛門(おおくぼ そうえもん)
惣右衛門
「わしは女学生と勉学するのが夢だったんじゃー!」
 CV:倉岡陵太

神早坂のローカルな産土神。
元々は人間で武士だったが、
町が水害に見舞われたときに
身を張って人々を助け、命を落とした。

明治期に女学生の姿を見て以来、
「一緒に学生生活を送りたい!」と願い続けてきた。

今回のカミサマ教育法を千載一遇のチャンスと見て、
いの一番に入学。

深吉野 亜紀(みよしの あき)
亜紀
「腹へったなー……。よし! キリもいい所だし、今日はここまでとするか!」
 CV:倉方夕子

主人公のクラスの担任教師。独身。
担当教科は現国および神道で、園芸部の顧問でもある。
気さくで頼れる良い先生。

ただし、常時おなかを空かせている腹ペコキャラ。

なお、ほぼ必ずカミサマ関係のトラブル時の
第一被害者になる可哀想な人。

北里 まつり(きたさと まつり)
まつり
「やかましい! うだうだ理屈こねるてんじゃないのっ」
 CV:如月葵

主人公の母親。
豪胆で、少々のことには動じない
「肝っ玉母ちゃん」である。
ホームステイしてきた月詠ウサギのことも、
自分の娘同然にあつかっている。

音楽好きで、家族バンドを組もうと
考えたこともあったが、
音楽性の違いにより家庭崩壊しかけたので、
以来、この家族の中で「バンド結成」の話題は
厳禁である。

山崎 古鉄(やまざき こてつ)
古鉄
「コーヒーできたぞ、飲みやがれ」
 CV:一条和矢

一言で表すと不良中年。
若い頃から世界中を放浪し、
ロックな人生を送ってきたガタイのいいおっさん。
愛車はハーレーダビッドソン。
マトモなバイク乗りなので、
暴走族の類が大嫌いである。

いきがって喫煙してた不良たちを、
心のこもった「指導」で更正させたこともある。


|

« 『るい智ファンディスク』 その20 END | トップページ | 『恋神 -ラブカミ-』 その2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/50063852

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋神 -ラブカミ-』 その1:

« 『るい智ファンディスク』 その20 END | トップページ | 『恋神 -ラブカミ-』 その2 »