« 『恋神 -ラブカミ-』 その1 | トップページ | 『恋神 -ラブカミ-』 その3 »

『恋神 -ラブカミ-』 その2

いつき恋神-ラブカミ-』プレイ開始(^^)

はいはい、取り敢えずは出会いからww

と言う事で、現代とは似て神様がもっと身近でもって、"神様が居る"って言う否なる世界でありますが、先ずは神様達が人間界の学園に通うってくだりから始まりましたww

神様の方はイナリとの出会い辺りまで進めましたが、ツクヨミとの出会いを残しているものの、人間サイドの唯一のヒロインいつきは如何にもって感じで曰くありげでありますねぇ。

神様が降りてくる前から見えていたとか、主人公への思い入れとかね。うーむ、彼女が主人公の事を弟扱いするって辺りになんとなく突破口があるような気がしますねぇww


うむぅ、ここんとこでちょいと引っ掛かると言うか、個人的には嫌だなと思うところが少々。何故主人公が"べらんめえ口調"なんですかね?主人公の母親もそうなんですけど、日頃はそうでもないのに、ちょいと熱くなると"べらんめえ口調"に変わるんですよね。

その辺りは地方色ってんですか?ローカルな人間で申し訳ないんですけど、ネイティブ関西人(京都弁近似)としては、どうも"べらんめえ口調"って主人公が言うとチンピラ(それも負け犬が股に尻尾挟んで吠えているの図)っぽいし、母親が言うとババクサイって感じ。そりゃ関東の人からすれば違和感ないのか、粋に感じるのか知れないけど、関東の人も急に標準語から急転コテコテ関西弁(河内弁)とか、三河弁に変わったら引くでしょうにww

それも、そこそこ熱血入った良いシーンでチェンジされると、妙に醒めてしまって個人的にはちょいとイタダケマセンネェ(^^;
や、普通に標準語でもって盛り上って欲しかったところでありますよww

あはぁ、妙に変なところで引っ掛かってしまっておりますが、意外とそんな所が鼻に付くと内容はともかく、プレイ意欲が削がれる可能性も無きにしも非ず(^^;

こりゃ、好みのキャラから先に攻めるとしますかな(^^ゞ

|

« 『恋神 -ラブカミ-』 その1 | トップページ | 『恋神 -ラブカミ-』 その3 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/50084220

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋神 -ラブカミ-』 その2:

« 『恋神 -ラブカミ-』 その1 | トップページ | 『恋神 -ラブカミ-』 その3 »