« 『JINKI EXTEND Re:VISION』 その2 | トップページ | 『JINKI EXTEND Re:VISION』 その3 »

Relpay『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その3

ひよきっと、澄みわたる朝色よりも、
 Replay進めておりますww

「今、確かに此処にいるあなたと、」中盤へと入ってきました。

最初にプレイした時には、この辺りが結構把握し難かったので、ちょいとじっくりとって感じでプレイしております。

ままっ、お話の方はじっくりとなのですが、春告の反応ってのは、真相を知っているとなかなかに面白いものでありますねぇ。

最初にプレイしたときに、それなりに違和感と言いますか、引っ掛かりは覚えた記憶はありますけど、真相を知ってしまうとまた捉え方が変わりますね。

これもまた、リプレイしても楽しめるって、この作品の良いところなのでしょうね(^^)


はいはい、先ずは"病気"と呼ばれるものとは何か、そして何故それは訪れ侵して行くのかって感じの展開となってまいりました。ここんとこが、昔話との関連性、そして行く行くは核心へって入り口になってくるのですが、注意深く進めないとねww

さて、ここで鍵となってくるのはひよの行動でありますね(^^ゞ

<ネタバレ反転>

赤組が彩生祭の作品として作った"秋"。本来作り物であった作品であるはずの"秋"が現実になっている事に気付いたひよ。おそらく、昔話に照らし合わせてみて、自分達が何を招き寄せてしまったのか、それが"心優しい鬼"が遠避けようとしていた災厄であったことに、ひよだけが気付いているって状況でしょう。

<ここまで>

さて、学園発行のマニュアルに従う大多数の生徒達。そして、生徒会発行のマニュアルを規範とする主人公達。この先の展開や如何に(^^ゞ

|

« 『JINKI EXTEND Re:VISION』 その2 | トップページ | 『JINKI EXTEND Re:VISION』 その3 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/50362846

この記事へのトラックバック一覧です: Relpay『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その3:

« 『JINKI EXTEND Re:VISION』 その2 | トップページ | 『JINKI EXTEND Re:VISION』 その3 »