« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

『初恋サクラメント』 その21

いろは初恋サクラメント
 いろはルートプレイ開始(^^)

はい、と言う事で、例の選択肢まで戻っていろはシナリオへと分岐ww

さて、ヒカリを除いたヒロイン達の中で、一番お話として期待していたのがいろはでありまして、主人公の両親の死、航空部を辞めた理由とか主人公に纏わる部分と、いろはがいつも一歩引いて周囲をサポートしようとでもするかのような彼女の気遣いや行動パターンに何が秘められているのかってねww

さぁて、取り敢えずはいろはシナリオも序盤、とは言えあっという間に夏休みに入ってしまいましたが、ちらっとそれらしきヒントめいたものはありましたね(^^)


続きを読む "『初恋サクラメント』 その21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!優勝!!日本代表

昨夜はアジア杯決勝。日本VSオーストラリアの試合をTV観戦。いやいや、今回も最後までTV前に釘付けでありましたね。
土曜の深夜ってことで助かりましたが、昨夜も興奮冷めやらぬってやつで、なかなか寝付くことができませんしたよ(^^ゞ

攻守って面で、韓国戦ほどダイナミックに動いた試合ではなかったと思うのですが、大会前の練習から考えると1ヶ月に近い遠征ですし、疲労の方もかなりだったと思うのですが、ここまで来たら気力、気合がモノを言うんでしょうねww

両チーム共にそんな気持ちの入ったプレーが見られたと思いました。最初はオーストラリアなんか、ロングボールを前線の2人に合わせるだけじゃない?って印象も持ったのですけど、終盤になるとその精度もちょいと落ちて来たってのが感じられて、気持ちだけでなくて、余程集中をしないと前線への供給もできないのかって思うと、ちょいと安易に考え過ぎたと反省(^^;

続きを読む "祝!優勝!!日本代表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その20

岬初恋サクラメント
 ルートコンプしましたぁ(^^)

ふぅーむ、シナリオも学生会選挙絡みで、もうひと波乱あるのかと期待していたのですが、そちらの方はさらりと終わってしまいました(^^;

まぁ、構成的に悪くはないのですけど、春子とか暗躍しそうでしたし、これはラストへ向かって、何かもう一つ位イベントがありそうだと思うではないですかww

ん~ん、でもまぁ、シナリオを通しての展開ってのは概ね、結末としてはそれなりの展開を見せていましたから、これからや主人公がどう将来を見据えて行動して行くのかって感じになっていましたし、最後の舞台を整えるってことになったって所でしょうかねww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その19

文雪初恋サクラメント
 ルート進めております。

はいはい、の行動ってのはなかなかに理解し難いって言うか、裏があるような無いようなそんな感じで、彼女の本心が何処にあるのかって掴めないのですが、そこに関しては主人公もそうだったみたいで安心しましたww

しかし、の方も自分の事ながら、自らの感情と言うか、気持ちの置き所みたいなのが良く分かってないみたいで、結構回り道をしましたが、漸く落ち着くところに収まったってところでありますかなww

と言う事で、夏休みの後半は、おそらくの気配りもあってでしょうが、ちょいと距離を置く形で過ぎ、2学期に入っていよいよお話が動き出したってところまで進めました(^^)


続きを読む "『初恋サクラメント』 その19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その18

岬初恋サクラメント
 ルート進めております。

ふむ、夏休みに入ってからの主人公強襲イベントの連続ww
相変わらずのマイペースなではありますが、傍若無人に見えてそれなりに主人公や周囲の人にも気を使っているのが解りますし、そんな気遣いが出来るって辺りに何か糸口がありそうな感じがしていたのですが、漸くの境遇の一端が明らかになりました。

う~むぅ、予想以上に深刻っぽいの現状でありましたねぇ。今に至る経緯ってのは現状謎のままではありますが、こりゃも過保護になるってものですか。

しかし、を見ていて、明るさの裏側には何かあるとは思っていましたけど、やっぱり在ったねww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!日本代表

いやいや、唐突ではありますが、昨夜はアジア杯日本VS韓国の試合をTV観戦。結局最後の最後PKで勝負が付くまでTV前に釘付けでありまして、ゲームはしてない、寝不足で会議中に寝落ちの危機に直面しておりました(^^ゞ

ということで、珍しくゲーム以外の書き込みですww

ままっ、今更ながらど素人の私が書くこともなかろうってものですけど、本当に最後の最後まで、観ているほうも力の入った一戦でしたねぇ。

延長に入って1点リード、後数分耐えれば勝利・・・ってところでの失点。サッカーに詳しくない私でも、過去に何度か見た日本の悪いパターンの再現ってのが頭をよぎりました。

前半は日本ペース、もう2点位取っていてもおかしくない展開。後半は素人目にも日本の動きが鈍って、良く凌いだなって展開。延長に入って取った虎の子の1点を守りきっての勝利目前での失点。あぁ、過去にも見た光景だなとww

続きを読む "祝!日本代表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その17

摩子初恋サクラメント
 ルートプレイ開始(^^)

はいはい、シナリオへの分岐ポイントは明白でしたから、最後の選択肢よりプレイ再開ww

共通シナリオの結末が、の兄である学生会長の辞任ってところでしたから、その辺りにも影を落としているかと思いきや、特にその影は今の所希薄気味でありまして、表面上はいたって普通のであります。

そんななんですけどねぇ。主人公も気になり出していますが、岬って他人には一杯ちょっかい掛けるんですけど、自分の事となると情報少ないんですよね。

幼馴染の文雪は多少なりとものことを分かっている様ですけど、過去の経緯については本人から聞きなさいってことですし、なんらかの事情ってのがあるのは確かみたいですねww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その16

星見初恋サクラメント
 星見ルートコンプしましたぁ(^^)

う~む、なんと言いますか、"良いお話"ではありましたね。星見が向かって行く姿ってのは決意でしょうし、まぁこの先揺ぎ無いものになるのでしょう(^^)

とは言え、この作品での位置付けって考えると、納得できる部分もあるのですが、果たして本当にそうなのか?って考えると、本筋に沿っているのか、付け足しっぽいのか微妙な印象は拭えないところかもって感じもして、ちょっと評価としては先送りかなぁww

でも、星見シナリオとしては、一つ芯は通っていたと思います。ま、穿って考えると、星見ってキャラに多分に助けられているのではなかろうかとも思いますけどね(^^ゞ


続きを読む "『初恋サクラメント』 その16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その15

星見初恋サクラメント
 星見ルート進めておりますww

はいはい、予想通りの展開で星見と主人公の仲がまったりと進展。なんとも初心な2人だったのでもう少し時間が掛かるかと思いきや、主人公が一気に押し切ってえちぃまで進みましたww

それにしても、星見は健気かつ誠実なところが良い感じですなぁ。夏野こおりさんも相変わらずの良いキャラ造りと演技であります。良く色んな性格のキャラを演じ分けられるものです。

そして、ボチボチと星見の抱える問題って言うのか、これからの展開の核になりそうな部分が見えてきた様な感じ。日傘が無いと貧血を起こしてしまうって体質って辺りと、"雨が好き"なんだけどそこにぼんやりと感じている何故好きなのか?って部分。星見の父親の過保護っぷりってのも何か関係していそうな・・。


続きを読む "『初恋サクラメント』 その15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その14

楓初恋サクラメント
 星見ルート進めておりますww

ふむふむ、ヒカリは出てこなくなりましたが、摩子も中々に良いポジション取りをしていましたねぇww

うむ、過ぎてしまえばちょいと出来すぎって気がしないでもないのですが、摩子の本心ってのはどの辺りにあったのかなぁって気もしますね。ままっ、これで出番が無くなったってことも無いのかも知れませんし、いろはと合わせてもう少し出て来てくれると面白い展開になるやも知れません(^^ゞ

そのいろはも、抱いた思いがやはりあるって事で、他のヒロインシナリオだからって綺麗なだけってんじゃないのは良い感じですね。そこに主人公も加えて、航空部ってのはどんな空気を持った部活だったんでしょう。そんな部分も気になってきましたよ(^^)


続きを読む "『初恋サクラメント』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その13

摩子初恋サクラメント
 星見ルート進めておりますww

おほぉ、ここで今迄唯一未登場だった摩子登場ww

ふむぅ、摩子の過去のエピソードも関連してますが、なんと言いますか、噂の件の根源は摩子って可能性は捨て難いって思えるのですが・・。さて?

星見の方は相変わらずの純真路線でありまして、噂に翻弄されるどころか、自分の気持ちにハッキリと気付けずに、摩子の"主人公が好き"って宣言に、自分が抱く感情を未だ把握できずに居るって感じでありますねww

う~む、主人公の方も恋愛感情って方には自覚が向いてないみたいですし、これはきっと主人公と星見にとっては雨降って地固まるってプロセスなんでしょうけど、摩子の真意も気になりますが、いろはの方もどうなんでしょうねぇ(^^ゞ


続きを読む "『初恋サクラメント』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その12

星見初恋サクラメント
 星見ルートに入りました(^^)

あ、いやぁ。第2部(?)始まって最初の選択肢がどうにも大きく分岐に影響しているようでして、どうやらヒカリの言うことを聞かない方向が、他のヒロインへの選択肢に繋がっているようでありますww

んでもって、その次の選択肢でもって星見を選択すれば、あっさりと星見個別ルートへ入れる様ですね(^^ゞ

多分、いろはを選択するもここからって感じですので、最重要攻略ポイントは、第2部の最初とその次。逆にここさえ押えておけ大丈夫って感じがしてまいりましたww

それで、星見寄りの選択肢をチョイスした結果でありますが、星見が通い妻みたいになってくれておりますよ(^^)


続きを読む "『初恋サクラメント』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その11

春子初恋サクラメント
 進めておりますww

ふむ、なんと言いますか、第1部完!って感じww

んと、千年大国って符号が生徒会と化学部でもって有った訳ですけど、これは絶対に2段構えでもって、もっと根っこが深いものだと思っていたのですけど、取り敢えず今後のメインとはならないまでも若干の余韻を残しつつ解決してしまいましたww

そんな感じなもので、ここで幕を引くことも可能って感じの終わり方でしたし、ヒロイン達もそれぞれにしっかりと役所を与えられてましたから、本当にもう少しお話を膨らませたらこれでもそこそこになりそうなところ、敢えて一旦幕を引いたって印象ですかねぇww

結局、ここまではヒロイン個別分岐の手がかりは有りませんでした(^^ゞ


続きを読む "『初恋サクラメント』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その10

由梨初恋サクラメント
 進めておりますww

はいはい、なんとなくもう少し共通部は続きそうな気配でありますww

う~む、これはあまり個別シナリオは長くないのかも知れませんネェ・・と言う事で、由梨登場であります。

ふむ、由梨の大空部への依頼は取り敢えず拍子抜けっぽく解決してしまいましたが、昨年から続く財布盗難事件、宇宙研との関係とか、学生会の動きなんかへの糸口になるのではなかろうか?って感じです。

気になるのは、なんとも歯切れが悪い文雪ですかねぇ。何が起きているのか知っていそうなのですが、学生会が動かないことで、自分からは積極的に動いていないだけみたいな、そんな印象かなww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Relpay『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その7 End

若きっと、澄みわたる朝色よりも、
 Replayコンプでありますww

第3章「出逢いの数だけのふれあいに、」、終章「この手は繋がっている。」と終え、これにてフルコンプであります(^^)

あ~ぁ、終わってしまいましたねぇ。やはり細部は忘れてしまっているもので、結末は知ってはいるものの、楽しませて頂きました。全体の話の流れや世界観を把握している分、じっくりと楽しめたと思います。ファーストプレイの際には、世界の成り立ちって辺りや、"病い"に関係する部分辺りで、何度も戻って読み返したりしてましたから、リプレイの今回の方がより集中できましたしね(^^)

第3章「出逢いの数だけのふれあいに、」で、を含めてお話は終了。終章「この手は繋がっている。」は後日談と考えて良いとも言えますが、終章で"全て無かったことにして最初から"ではなく、"全ての経験を自分のものとして最初から"って終わり方や、役目を終えた夢見鳥学園なんて終わらせ方は、すごく良かったですね。

ま、Happy End ってのは良いものですよww


続きを読む "Relpay『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その7 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その9

鏡香初恋サクラメント
 進めておりますww

んと、ゴールンウィーク中の病気エピソードに関しては、特に何か発展する訳でもなく、それなりに過ぎてしまい、もう少し何らかの変化や進展があるのかと思いきや、若干肩透かし気味でありましたww

で、明けて学園再開後は、部費の支給を巡って生徒会との勝負。内容は遊田先生の年齢とかってどーでも良さそうな感じでありましたが、そんな中遊田ノアの学園への関わり方ってところでちょいと"何かあるな?"ってのを匂わせてって感じですかね。

そして、学生会の方でも会長を筆頭に、学園運営に対してなにか一言があるようで、そのための行動を画策している気配。この辺りはの動向にも興味がありまするなww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その8

遊田初恋サクラメント
 進めておりますww

はいはい、プレイ進めておりますが、取り敢えずゴールデンウィークを迎えて、学園絡みのお話はちょいと緩衝地域って感じになりましたかww

もうちょいと、ヒロイン個別に加速するのかと思っていたのですが、ヒカリと主人公が病に伏せるって感じで、個別シナリオに向かって加速するのかと思いきや、意外とマターリとした展開であったかとww

ん~と、なんと言いますか、個別分岐を控えて、取り合えずの伏線も含めて仕込みが終わったのかなぁと(^^ゞ

そろそろ、主人公とヒカリの同居ってのを誤魔化すにも、苦しくなってきたのではないかとww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その7

ヒカリ初恋サクラメント
 進めておりますww

ふむ、取り敢えず火事騒ぎが収まるところまで進めました。んと、取り敢えず形としては、いろはのエピソードってことになってるみたいww

今日進めたところは、なんと言いますか、後々の伏線って感じでしょうかww
最後にそれらしき文もありましたし、問題は誰のシナリオで絡んでくるのか?ってところですけど、まぁ順当に考えるといろはシナリオって事になるんでしょうか?

ままっ、その辺りはこの先のお楽しみってところでしょうか。んにしても、今回の騒動に関しては、もちょいと根が深いってことでしょう。学園で起きる問題って考えるとオオゴトですしね(^^;


続きを読む "『初恋サクラメント』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その6

星見初恋サクラメント
 進めておりますww

はいはい、予定通り(?)星見登場しましたぁ(^^)

星見夏野こおりさん、今回はお嬢様バージョンですねぇww
ままっ、今回のキャラは剣道の腕前もかなりみたいなので、凛とした演技も期待できるやも知れません(^^)

内気だけど必要に迫られるとキリッとするってのもなかなかに良い感じのキャラであります。
ヒカリの攻略は最後にすることにしましたので、最初はお気に入りの星見から攻めるのも良いかなと思っているところですよ(^^)

さてと、星見の挨拶代わりのエピソードの後に、星見と仮入部だった2人も正式入部になって、これにて前半部が終了って塩梅ですかねww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その5

岬初恋サクラメント
 進めておりますww

はい、一区切り進めました。、ヒカリと主人公が立ち上げた大空部。いろはに続いて登場。そして、準部員になっちゃいましたww

ふぅむ、ちょっとって掴まえ所が今の所無いって感じです。どうやら、大空部に近付いたのは偵察+好奇心みたいなのが元みたいですが、主人公のことを気に入ったのか、居ついてしまったみたいなww

でも、生徒会としてのポジションも否定してないんですよね。兄のが生徒会長でなんだかまだ表に出てきてはいないものの、なんらかの目論見がある様子。

もちょいと怠惰な面を見せていますが、裏があるんではなかろうか?って感じがしなくもありませんしねww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その4

いろは初恋サクラメント
 進めておりますww

はいはい、ヒカリと主人公が"大空部"を立ち上げ、いろはが準部員(?)となる辺りまで進めました(^^ゞ

んでもって、その前には生徒会に良い印象はもたれなかった様で、鏡香(@木村あやかさん)にはちょいと目を付けられているって感じか。
鏡香はイースターにもきっちり参加するようなクリスチャンみたいですし、そういった意味では、ここまでの展開的に何故鏡香が反感っぽいものを抱くのかってのは解りませんね。"隣人を愛せ"っぽいアプローチであるなら、逆にサポートしても良さそうなものですがww

遊田先生もなんとも得体の知れない反応を見せてくれますなぁ。ふざけていそうでいて、その実なんでも把握してそうな、底の見えない感じがします。


続きを読む "『初恋サクラメント』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その3

旭初恋サクラメント
 進めておりますよww

はい、と言う事で、ここは誰にも解る展開と言いますか、いよいよ学園生活のスタートって展開。

ん~ん、ヒカリが主人公と同居する経緯に至っては怪しさタップリであります。兎に角、ノアがかなりのところ秘密ってのを握っているってのは間違い無さそうです。記憶も何も無いって状況のヒカリに服を与え(って、いったん裸にしてからヒカリの服を戻しただけww
証拠は無いけど先ずノアの仕業でないかと(^^;)、主人公との同居を薦め、何をどうやったのか、ヒカリの入学を取り付けて来たんですからねぇww

家財道具とかなんとかも用意してますし、なんらかの目的があるんでしょうか?


続きを読む "『初恋サクラメント』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その2

ノア初恋サクラメント
 プレイ開始であります(^^)

取り敢えずオープニングムービーまで到達。

んと、"サクラメント"って何だ?ってことで、wikipediaにて調べてみるも、"神の恩寵"を具体的に現すことかなんとか。クリスチャンでないもので、どうにもピンときませんが、登場する舞台やキャラからしても、キリスト教にゆかりのありそうな気配ですし、神様とかが関係してくるのでしょうかね?

んでもって、お話の方ですが、最初から意味ありげな展開の連続です。過去に悔いが残るから…みたいに登場したヒカリ。どうやらノアの事や遊田のことは知っているみたいでしたが、ノアは一向に記憶に無い様ですし、今ひとつ噛み合ってない。みたいな。


続きを読む "『初恋サクラメント』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その1

『初恋サクラメント』@Purple software次のプレイ作品は、Purple softwareさんの『初恋サクラメント』であります(^^)

Purple softwareさんの作品は、『明日の君と逢うために』以来って事で・・・3年振り位かな?

いやぁ、声優陣で選んで失敗ってのをしたばかりで書き難いんですけど、この作品もまた声優陣で選んでしまったんですよね(^^;
とは言え、なんとなく気になっていたのは確かでした。もっとも、プレイ予定だった作品が発売延期になってなかったら手に取ってなかったかも知れません。ま、そこんとこは巡り合わせってことでしょう(^^)

シナリオライターさんがトロイカ体制でないってのも、今回はポイントでした。最近は一人でって作品少なくなりましたし、首尾一貫しているのかなとww

はいはい、それでは恒例の作品紹介ですww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『JINKI EXTEND Re:VISION』 その15End

さつきJINKI EXTEND Re:VISION
 さつきシナリオコンプしました。

えぇっと、もう少しヒロインシナリオとか未回収シーンが残っていますが、これにてプレイ終了とします。

いやぁ、さつきシナリオにしても、他のヒロインと大差なし。特に見るべき部分はありませんでしたねww

んにしても、どのヒロインのシナリオでも、セシルっての道化を貫いてますなぁ。秘儀掌返しなんて朝飯前。あっちへふらふら、こっちへふらふらって感じ。そして周囲も敵味方入り乱れて、都合の良い進化(?)と急に目覚めた必殺技と優しさや愛の大売出しww

これ・・そうなんども繰り返し似た様なものをプレイすると、胸焼けがしてきますやねww


続きを読む "『JINKI EXTEND Re:VISION』 その15End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Relpay『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その6

ひよきっと、澄みわたる朝色よりも、
 Replay進めておりますww

第3章「出逢いの数だけのふれあいに、」プレイ中でありますww

さてさて、いよいよ種明かしの始まりって感じでありまして、主人公に記憶の断片が残っていて、"ここ"が繰り返しの世界、時間の巻き戻された世界であると気付くところまで進めました(^^)

さんを何かに突き動かされるかのように繋ぎ止めようとする主人公。そして、いよいよ主人公に対して行動を起こすさん。

さぁて、いよいよ佳境も近付いて来ましたが、この作品は声優さんの演技もまた聴き所ですよね。青山ゆかりさん、真中海さんはじめ、有栖川みや美さん、さくらはづきさんに海原エレナさん…。もうね、一つの作品の中で前半部のぶっきら棒だったり、ひょうきんなシーンだったり、シリアスシーンやらを演じ分けられてて、満足ですよ(^^)


続きを読む "Relpay『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『JINKI EXTEND Re:VISION』 その14

ルイJINKI EXTEND Re:VISION
 ルイシナリオコンプしましたぁ(^^)

ルイシナリオもTRUE ENDをクリアしました。

うーむぅ、なんとなくBAD ENDへの分岐ってのは、1つか2つの選択肢でもって決まるような感じもするのですけど、なんともまぁ"これだっ!"って感触の無い選択肢でありますww

さて、先にコンプした赤緒とは明らかにアプローチが異なるであろうルイを攻略しましたが、予想通りに大勢は変化せず、えちぃ絡みと最後の展開が変わったのみでありました。

赤緒シナリオの際も思いましたが、やはり見せ所はラストの展開。バトルシーンって事で、ルイに関しての展開に変りました。そこそこの素材は秘めていると思われるのですが、ま、そこんとこはあっさりと展開しちまいましたねww


続きを読む "『JINKI EXTEND Re:VISION』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『JINKI EXTEND Re:VISION』 その13

赤緒JINKI EXTEND Re:VISION
 赤緒ルートコンプしましたぁ(^^)

赤緒ルートTRUE ENDクリア。なんだかBAD ENDもありそうな気配なのですが、陵辱系の予感がしてそちらはパスです(^^;

うーむ、取り敢えずTRUE ENDへと辿り着けたものの、どの選択肢が決め手なのか今ひとつあやふやなままでありますww

そして、最後の展開とえちぃ以外は殆ど変化なしってな印象であります。赤緒の出生の秘密ってな辺りは、以前のBAD ENDでもある程度見えてましたし、その事実って辺りが新たな切り口となって・・・ことは殆どありませんでしたね(^^ゞ

ラストバトルに関して、ヒロインによって変化しそうでありますから、唯一の見所ってのはここなのかなぁ


続きを読む "『JINKI EXTEND Re:VISION』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『JINKI EXTEND Re:VISION』 その12

八城JINKI EXTEND Re:VISION
 赤緒ルート目指してプレイ中でありますww

EPISODE.9まで終了しました。

うーむ、この作品って何時個別ルートに分かれたと判断すれば良いのか解りませんww
シナリオボリュームからすると、もうとっくに分岐したって手応えがあっても良さそうなものなんだけどね(^^;

兎に角選択肢は全て赤緒寄りと思われるものを選択。判断が付かないものはそれなりに、できれば前回選択してない選択肢って感じで進めましたが、ここまできて赤緒シナリオと断言できないとは思いませんでしたww

エルニィとセシルって関係にも新展開がありましたし、エルニィシナリオって可能性も結構ありそうな感じかな?


続きを読む "『JINKI EXTEND Re:VISION』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『JINKI EXTEND Re:VISION』 その11

泉JINKI EXTEND Re:VISION
 赤緒ルート目指してプレイ再開でありますww

EPISODE.4からプレイ再開。ことごとく赤緒寄り(少ないけど)且つ、他のヒロインの誘惑はスルーして、EPISODE.7まで終了しました。

うむぅ、一本道シナリオではないかって思いはここへきてより強くなりました。なんと言いますか、赤緒寄りの選択肢を選んだ後の展開自体は大した事ないのですが、他のヒロイン寄りの選択肢をスルーした後の展開ってのは、単にそのヒロインに関する事が抜け落ちたってだけで、大勢に影響なしって感じですしねww

やはり、一本道シナリオであるのであれば、メインの赤緒でいかなきゃねww


続きを読む "『JINKI EXTEND Re:VISION』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

2011

明けましておめでとうございますm(_"_)m

旧年中はこのブログをご贔屓頂きましてありがとうございます。

ブログを始めて丸5年を経過しまして、その間サイトを引っ越すこと2回(正確には3回ですがw)。始めた当初これ程続くとは予想もしませんでしたが、ここまで1日も休まず更新できたってのは、自分を少し褒めても良いかなとww

とは言え、仕事との兼ね合いもあって、年々プレイできる作品数も減少の一途ってのは、読んでくださってる方には面白味も少し減っているのかとも思いますが、今年もマイペースで更新してゆきますので、お付き合いをよろしくお願いしたいと思いますm(_"_)m


続きを読む "謹賀新年"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »