« 『初恋サクラメント』 その30 | トップページ | 『初恋サクラメント』 その32 End »

『初恋サクラメント』 その31

ヒカリ初恋サクラメント
 ヒカリグランデルートスタッフロールまで進めましたww

ふむぅ、取り敢えずのシナリオの区切りって事でスタッフロールが流れるところまで進めましたww

が、しかし、本当の結末とタネ明かしはエピローグ(と、ひょっとしたらおまけシナリオ)でもって語られる様で、今日の所はちょいと時間切れ(^^;

うーん、結局の所はどうなるんだ?って感じでもっての終わりでしたので、この先はどうなるんだかww

まぁ、多少の誤差とかズレはあったとしても、過去に起こったことは改変できないってことになりそうなのですが、結末として主人公が死んでしまっては話が進まないとは思うんですけどねぇ(^^ゞ


<ネタバレ反転>

さて、カラクリとしてひとつハッキリしているのは、ヒカリが何度か神頼みをして、おそらくノアが箱舟でもってヒカリを事件が起きる時間へと遡行させているってことですね。

少なくとも2回。事の始まりへと戻っていると思われるのですが、今度こそって感じで、自分が事故で死んで、存在が消滅したとしても、主人公だけは助けたいとの一念で、運命の日には主人公をアパートから一歩も外に出させないって手段で水難事故を回避。ヒカリの存在が消えないことから、新しい未来を紡ぐかと思われた矢先に、今度は交通事故って形での運命の再現。

この後の展開としてどうなるのかはともかく、ヒカリを叱責した言葉に集約されそうな気がしますね。兎に角、今迄のヒカリの行動は運命を避けることばかりで、前向きの行動は起こせてなかったと思いますし、主人公が仮に死んでいたとして(なんかそうは思えなくなってきましたがw)も、ヒカリが自分の未来を向いて行動していないってのが、何度やり直しても上手く行かない原因なのではないのかな?

しかし、主人公が死んでいないとして、どの様な状況にあるのか?
        少なくとも9年って歳月は経過していると思われますし、ヒカリグランデの冒頭、成長した文雪の姿が本来の時間経過と考えられます。
        植物人間みたいな状態で居るとか・・そんな感じですかね?ALMAの変形っぽいみたいな感じでww

<ここまで>

さてと、ここまで来てまだ引っ張っていますが、いよいよオーラス。

ラストひと頑張りしなきゃですね。どんな結末が待っているのか楽しみでありますよ(^^)

|

« 『初恋サクラメント』 その30 | トップページ | 『初恋サクラメント』 その32 End »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/50853576

この記事へのトラックバック一覧です: 『初恋サクラメント』 その31:

« 『初恋サクラメント』 その30 | トップページ | 『初恋サクラメント』 その32 End »