« 『初恋サクラメント』 その31 | トップページ | 『AQUA』 その1 »

『初恋サクラメント』 その32 End

ヒカリ初恋サクラメント
 ヒカリグランデルートコンプしました(^^)

はい、エピローグと少しはおまけシナリオも加えて、このお話のまとめと、この後の未来ってのが提示されていたのかなと思いますね。

そして、気になっていたポイントってのが、ある程度正鵠を得ていまして、そんな展開とかは納得の行くものでありましたが、敢えて言うなら、何故ヒカリにだけその道が開かれたのか?ってのは気になる部分でありましたww

うむ、作品の主題的部分とヒカリが成長し、目指す方向性ってのは上手くリンクしていたと思われますし、なかなか楽しませて貰えたと思いますよ(^^)

前半の共通部も含めて、こう言う方向性だったのだなってねww


<ネタバレ反転>

はい、やはりって感じがしましたが、ヒカリの行動ってのは、自分から何かを生み出すとか、そんな前向きな方向性でなかったって部分が気になっていた訳ですが、結局ヒカリ自身が、何を、どんな未来に向かって行動を起こすのかってところが肝であったと思いますww

そして、神の教えに従って、日々その教えどおりの行動さえしていれば人間は幸せなのか?ってところと、生徒会が千年王国を目指したように、人が自らの意思と希望を持って、望む、理想の未来を如何に実現して行くのかってのが、作品全体として根底にあって、何故可能になったのかは別として、同じ時間を第3者としてやり直せる機会を得たヒカリが、"今"をより望ましいものに変える努力の方向性を、危険の回避ってものから、"今"は今として"未来へ向けて"如何に努力するかって成長が感じられました。

シナリオとして、最後の最後までやきもきはさせられましたが、なかなかに楽しませて頂けましたよ(^^)

<ここまで>

はい、作品としての評価でありますが、思ったよりもシナリオボリュームがありまして、前半の共通シナリオ部分と後半の個別シナリオ部分に分かれるのですが、ヒカリ以外のヒロインシナリオの位置付けとして、作品のメインストリームを別の角度から描くみたいな方向性がもっとあれば良かったと思いましたね。

そんな意味では、ヒカリ以外のヒロインシナリオがちょいと中弛みっぽい感じでありましたが、結果的には良い作品であったなと思いますね。ヒカリ以外のヒロインシナリオがもっと作品として絡んで来ていたら秀作ってレベルであったと思われますし、そこんところは残念でってことで、良作判定としたいと思います(^^)

うむぅ、個人的趣味としては星見がキャラとしては気に入ったのですが、彼女のシナリオとしても、病弱で大切に育てられたせいもあって、箱入娘状態でしたし、そんな中から、ラストのエピローグで成長した姿を見せてくれましたが、自分の剣道の強さだけでなく、人として強く生きる事が出来たってプロセスなんかがもっとあれば良かったですよねww
(多分に個人的希望ですが(^^;)

|

« 『初恋サクラメント』 その31 | トップページ | 『AQUA』 その1 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/50864264

この記事へのトラックバック一覧です: 『初恋サクラメント』 その32 End:

« 『初恋サクラメント』 その31 | トップページ | 『AQUA』 その1 »