« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

『AQUA』 その14

千紗AQUA
 千紗ルートプレイ開始(^^)

はい、千紗シナリオプレイ開始ww
取り敢えずは12話まで終了しました。

まぁ、分岐直後の10話ってのは、他のヒロインと似た様な展開でもって進行するのですが、千紗シナリオの場合は結構強引ではなかったのかなとww

さてと、まだ導入部ですからこれと言った展開は無いものの、気になると言えば気になるところも有ったりなんかして(^^;

んにしても、千紗の家庭環境ってのも結構特殊だったりすると思えるんですけどね。これがまだ、父親との二人暮らしってんならまだしも、母親がここまで家を空けるってのもね。


続きを読む "『AQUA』 その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その13

奈々璃AQUA
 奈々璃ルートコンプしましたぁ(^^)

さぁて、奈々璃シナリオですが、シナリオがHappy Endでなかったもので、いつ突き落とされるんだろか?って感じで進めておりましたが、奈々璃シナリオはHappy Endで終わりました。めでたしめでたしww

とは言え、それではこの「WIND」編の後には何が待っているのか?って、余計に3人のヒロインとは切り離されたものに思えてきましたねぇ。

まぁ、時間的に並行する3人との関係を一気に解決する展開でも待っていれば別ですけど、それだとハーレムになるか、全く別のヒロインでも登場するのかしないとww


続きを読む "『AQUA』 その13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その12

なずなAQUA
 奈々璃ルート進めておりますww

17話まで終了っとww

さてさて、奈々璃を核とする話は急展開を迎えまして、いろんな事が起こりました。

奈々璃の体調が思わしくなくなったこと、ECを巡る干渉、ルカの力(?)、ECReDの目的・・・。うむぅ、シナリオでも結構謎は残ったままでしたし、どんな方向でこの先展開するのかってのは解りませんが、そろそろ終盤へと近付いて来た感がありますね。

奈々璃シナリオでは、結構なずな先生も絡んで来ているってのが一つの鍵となるのかなぁ。しかし、この「WIND」編ってのが作品の位置付けとして、あくまで序章であるなら、まだ核心へは踏み込めませんか?


続きを読む "『AQUA』 その12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YAMAHA TSX-70買ってみた

YAMAHA TSX-70実は少々前からクロック+iphone用スピーカを物色しておりまして、結局 YAMAHA TSX-70 を購入しました(^^)
元々、LogicoolのPure-Fi Anytimeってのを使っていたのですが、時計が良く狂うのと夜間文字表示が明る過ぎると感じていて、買い替えを決心したのです。
まぁ、カテゴリ的にはクロックラジオとかラジカセのipod/iphone版ってことになると思うのですが、

  • iphoneの音楽再生ができる
  • 夜間時間を確認できる(常時時間表示)
  • アラーム機能で音楽再生ができる
  • そこそこ音が良い
  • 予算は1万円台

ってのを主な条件に探しておりました。

続きを読む "YAMAHA TSX-70買ってみた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『AQUA』 その11

奈々璃AQUA
 奈々璃ルート進めておりますww

13・14話と終了ww

主人公が奈々璃のバイトの手伝いを始めました。お昼のお弁当は智恵の差し金でもって2人で1つなんて状況でありますし、周囲も暖かい目で見守ってるってことですねぇww

んで、当然の事ながら2人の距離が縮まって、告白しあったところまで進みましたよ。ハイww

ふむむ、それにしても、奈々璃って境遇も半端じゃないと思うんですよね。父親は事故で他界。事故を生き延びた母親と奈々璃にしても、母親は事故の影響で先立ってしまって、奈々璃自身も学校ではイジメに合うような感じですしね。

それでも、独りで生きているってのは、強い娘なんですよ。きっと。


続きを読む "『AQUA』 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その10

鹿央AQUA
 奈々璃ルートプレイ開始しました(^^)

はいはい、と言う事ででして、結局は今の所唯一の選択肢からプレイ再開。

奈々璃シナリオに入りまして、12話まで終了ww

選択肢の方は考えるまでも無いって内容でして、選択肢の後主人公が誰の側に居るか考えればOKww
ままっ、攻略サイトさんのお世話になる必要は今の所ございませんです。ハイww

さて、お話の方は、予想通りの海のイベントの後、奈々璃個別の展開ってことで、奈々璃とAQUAに纏わる新事実も明るみに出てまいりました。


続きを読む "『AQUA』 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その9

凛AQUA
 ルートコンプしました(^^)

はい、と言う事で終盤は一気に終わらせまして、凛シナリオは21話+EDでもって終了ww

ふむふむ、なんと言いますかシナリオは終わったものの、謎ばかりが残ったって感じでした。に関してはなんとなく想像の範囲内って感じで展開したのですが、ひとつの結果としての結末を示唆しているだけで、このAQUAがアリス粒子が満ちている世界に関してはヒントが増えたってだけでして、この「WIND」って章では、個別シナリオは存在するものの、作品として完結するには、この後に続く章を待たないといけないみたいですし、その扉を開くには取り敢えず各々ヒロインシナリオをクリアしないといけないみたいですよww


続きを読む "『AQUA』 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その8

楓AQUA
 ルート進めています(^^)

はいはい、第16話まで終わりました。
と言う事で、めでたくと主人公が結ばれまして、バカップルと化しておりまするww

さてと、漸くも本格的に登場して、お話に絡んで来るのかと思っていのですが、主人公との世界に入ってしまったみたいで、出番は未だって感じですww

やぁ、しかしえちぃまで行ってしまった主人公とでありますが・・・それも既に2回ww
"そりゃぁ無いでしょ"トンでも展開でしたねぇ。バージンロストシーンも"まさかイキナリ!"でしたし、次は…ダメでしょww


続きを読む "『AQUA』 その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その7

凛AQUA
     ルート進めています(^^)

はい、第13話まで終了。と主人公の関係って面ではボチボチとって進展具合でありますが、の背景って面ではいろいろと見えてきたのかな?って感じです。

ままっ、そんな部分を含めて、ある程度の予想はしていたのですが、もっとの妹のが絡んで来るのかと思っていたにもかかわらず、今の所は外野席って感じでちらっと出てきた程度であります。

と一緒に事故に遭遇している訳ですし、姉妹して同じ様な状況にあるのではないかと思ったんですけどねぇ(^^ゞ

まぁ、終盤までには絡んでくるのかも知れませんし、様子見ですかww


続きを読む "『AQUA』 その7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その6

智恵AQUA
 進めています(^^)
第10話まで終了。で、ルートに分岐しましたぁww

はい、選択肢一発で分岐しましたww
んでもって、ここで解りやすいのがシナリオプレーヤー。成るほど、現在は「WIND-Rin」って事で、WIND編のシナリオってことみたいです。
これって、ヒロインを皆攻略してから、物語の真相へ…って展開になるのか?
ふぅむ、ままっ、真の謎解きは最後なんでしょうねww

はいはい、例によってテンポ良くは進んでいるのですが、展開のテンポが良いと若干内容が薄く思えるのは他の作品でもあることで、唐突の遭難劇はちょいと冷静になれば解決しそうなものでしたけどww

お、そいやぁ、智恵さんのバイト先って随分遠いんだね(^^;


続きを読む "『AQUA』 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その5

凛AQUA
 進めています(^^)
第6話~第8話を終了。

ふむ、結構テンポ良くお話の方は進んでおりまして、ひとつひとつの区切りは返って短過ぎるって思えるほどですねww

おっと、そうそう、システムの方は中々に使い易いですし、今の所使っては居ませんが、シナリオプレイヤーも振り返ったりする時には重宝しそうな感じですね。

演出面とかもそんなに派手ではないですが、なかなか好感が持てます。ここへ来て落ち着いてはいますが、最初は明らかに遠方にいるはずのキャラの立ち絵が、手前に出てしまったりしているのはご愛嬌ってことで(^^ゞ


続きを読む "『AQUA』 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その4

千紗AQUA
 進めています(^^)

第4話と第5話と終了。

と言った所なのですけど、うーーむなんと言いますか、この先へ向けての布石みたいな部分かも知れないのですが、未だまだ判断材料不足ってところですかww

ままっ、先ずは八雲の登場に絡んでなずな先生の反応が在ったところなんかは、今後の展開待ちって事なのですが、2人だけでなく、千紗の母親の千夏とか主人公の母親も含めて、ECReD研究所(だっけ?)ってのが関わっているんですよね。

んでもって、何故か主人公と千紗の長屋(?)に転がり込んでくるなずな先生ww
これも何か意図があるんでしょうねぇ(^^ゞ


続きを読む "『AQUA』 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その3

奈々璃AQUA
 進めています(^^)

第2話と第3話を終了。

第2話の方は奈々璃との距離を詰めるお話ってところで、孤立していた奈々璃を友達として仲間に取り込むお話でした。

ふぅむ、奈々璃も…まぁ当然と言えばそうなんでしょうけど、色々と引っ掛かりを覚えますネェ。
成績の方は劣悪みたいで、それで留年しているようですが、昔(7年前位だっけ?)は聡明だったみたいで、それ以来体の方も合わせて成長してないみたい?

第3話の方のメインはの背景ってところでしょうか。こちらも3年前に事故で母親を亡くしているってのが気になります。しかも、その事故にも巻き込まれているんですよね。なんか気になるww


続きを読む "『AQUA』 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その2

なずなAQUA

 プレイ開始でであります(^^)

ふむ、のっけからでありますが、トップメニューの「START」をクリックしてもお話がスタートしない!

いやいや、この手のゲームをプレイし過ぎでしょうか、説明書の類は本当に目を通さなくなりましたww

だからと言うのではないのですが、「START」選択後に「WIND」ってのが出ておりました(^^;
んでもって、無事にスタートww

プロローグと第1話を終了。いやぁ、オープニングムービーに辿り着きましたが、気合入ってますねぇ。これ(^^)
いやぁ、個人的に事前情報として作品の設定とか、キャラ説明とかは見ますが、あまり情報を入れない様にしているんで、ちょいと感心してしまいました。なかなか良いねぇ。このオープニング(^^)


続きを読む "『AQUA』 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AQUA』 その1

『AQUA』@SORAHANE次のプレイ作品は、SORAHANEさんの『AQUA』であります(^^)

SORAHANEさんの処女作品と言うことでありまして、本来別の長編作品をプレイ予定でしたが、発売延期ってことで物色した中からチョイスww

いやぁ、近未来物ってことで少々引っ掛かってはいたんですよね。ピカリンも声優陣に名を連ねているし、どうかなとww
それと、ヒロインが3人って事もその分中身が充実しているのではないか?って微かな期待と、イントロダクションを読んでみて、なにやら面白そうだったもので(^^ゞ
『近未来学園ヒューマンビジュアルノベル』ってジャンルを標榜されておりますから、ノベルゲームを期待!

うーむ、新規ブランドさん、それも処女作品ってのは買う方としては結構冒険物なのでありますが、楽しませて貰えますかねぇww

はい、ではでは恒例の作品紹介と参りましょうww


続きを読む "『AQUA』 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その32 End

ヒカリ初恋サクラメント
 ヒカリグランデルートコンプしました(^^)

はい、エピローグと少しはおまけシナリオも加えて、このお話のまとめと、この後の未来ってのが提示されていたのかなと思いますね。

そして、気になっていたポイントってのが、ある程度正鵠を得ていまして、そんな展開とかは納得の行くものでありましたが、敢えて言うなら、何故ヒカリにだけその道が開かれたのか?ってのは気になる部分でありましたww

うむ、作品の主題的部分とヒカリが成長し、目指す方向性ってのは上手くリンクしていたと思われますし、なかなか楽しませて貰えたと思いますよ(^^)

前半の共通部も含めて、こう言う方向性だったのだなってねww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その32 End"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その31

ヒカリ初恋サクラメント
 ヒカリグランデルートスタッフロールまで進めましたww

ふむぅ、取り敢えずのシナリオの区切りって事でスタッフロールが流れるところまで進めましたww

が、しかし、本当の結末とタネ明かしはエピローグ(と、ひょっとしたらおまけシナリオ)でもって語られる様で、今日の所はちょいと時間切れ(^^;

うーん、結局の所はどうなるんだ?って感じでもっての終わりでしたので、この先はどうなるんだかww

まぁ、多少の誤差とかズレはあったとしても、過去に起こったことは改変できないってことになりそうなのですが、結末として主人公が死んでしまっては話が進まないとは思うんですけどねぇ(^^ゞ


続きを読む "『初恋サクラメント』 その31"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その30

姫初恋サクラメント
 ヒカリグランデルート進めておりますww

今日も引き続いて少しだけで進めましたでありますww
あはぁ、解っていたこととは言え、日々更新ってのはこんな時に挫けそうになるんだねww

さてと、取り敢えずヒカリと主人公の関係の方は安泰って感じになりまして、えちぃの方も無事に到達ww

ふぅむ、まだこの先に待ち受けているであろうイベントの予感すらしませんが、このままで行くってことはないでしょうしねww

ともあれ、そんな先の展開も気になるところでありますが、現在の状況ってのは一体どうなっているのか?って方も依然として謎でして、そこが解ったら最初からのカラクリが明らかになってしまうので、最後ではあろうと思うのですが・・・気になるのぉww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その30"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その29

遊田初恋サクラメント
 ヒカリグランデルート進めておりますww

はい、予定通り今日も少しだけでありますww
いやいや、プレイと言うか終わるのを惜しんで少しずつなのではなく、ちょいと仕事の方が佳境なのです(^^ゞ

さてさて、いよいよ運命の日ってことでありますが、その前から微妙にズレていましたし、裏から穿ってしまうと、主人公とヒカリが決定的な関係になっていないってことで、なんとか切り抜けるのか、加えてそれを切っ掛けに急接近!とか思っておりましたが、意外なことに大きな動きも無く過ぎてしまいましたww

おぉっと、何事も無かったって言っちゃダメですね。ちゃんと告白シーンはございましたですよ。ハイww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その29"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その28

ヒカリ初恋サクラメント
 ヒカリグランデルート進めておりますww

とは言っても例によって少しだけしか進められていないのですww

うーむ、主人公とヒカリの周囲の状況ってのがボチボチと見えてきましたが、どうなっているんだろうか?

ヒカリグランデ冒頭のシーンと繋がっていると思うのですけど、星見いろはも元のままですし、も登場してきましたが、今までと変わりないって雰囲気なんですよねぇ。

とは言え、ヒカリが違和感を覚えるシーンもあって、前回と全く同じでないのは確かですし、ヒカリも主人公もボチボチと互いに自分の気持ちに気付いて、これから接近して行くのでしょうが、本格的に動き出すのはこれからですかww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その28"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クビサよ復活してくれぇ!

F1 2011年シーズンも間近なんて投稿をした翌日でありました。

ロバート・クビサ(ロータース・ルノー)のラリーでの事故の一報が入ってきたのは。

個人的に忘れられないのは、あのアイルトン・セナの事故死のシーンでありますが、レーサーってのは本当に死と紙一重の所で速さを競っているんだなってのは、理屈上では解っていても、いざ事故が起こってみると、なんともやるせないものであります。

今回のクビサの事故。様々な条件が重なったものであったとは思われますが、F1パイロットの腕前を持ってしても、クビサの腕を持ってしても起こりえることなんですね。

どうやら、ガードレールがマシンに突き刺さって、クビサの右腕に重症を負わせたようで、そう考えると市販車ベースの車両ってのは、F1マシンのモノコックとは違って、脆いものなのですねぇ。

続きを読む "クビサよ復活してくれぇ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その27

文雪初恋サクラメント
 ヒカリグランデルートプレイ開始ww

はい、ヒカリシナリオ一旦終わってヒカリグランデシナリオ開始であります(^^)

う~む、未だ一体どうなっているのか不明なのでありますが、時系列に並んでいるようで、元に戻っているようなそんな感じがするのですが、冒頭の文雪の存在が、時の経過を示しているんでしょうねぇww

と言う事で、今日の画像は文雪なのですが、ネタバレの可能性もあるので、このバージョンでお届けしますよww

うーむ、学園での生活が未だ描かれていないので、はっきりはしていないのですが、なんとなくヒカリが天使の紙飛行機の折り方を知っていたってのは繋がって来たってところですが・・・。真実はどうなのでしょうか?


続きを読む "『初恋サクラメント』 その27"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その26

ヒカリ初恋サクラメント
 ヒカリルート進めておりますww

んーと、ヒカリシナリオ取り敢えず終わった・・ふぅむ、ヒカリシナリオ第1部終了ってところかww

うむ、一つの結末ってところなのでしょうけど、やっとヒカリと主人公との関係の糸口が見えかけてきたのか?ってところでの終わりとなってしまいました。

ままっ、終わった後でトップメニューに選択肢が増えていましたので、この先については「ヒカリグランデ」をお楽しみにって事なのですが、わざわざ分けてあるってことは、他のヒロインシナリオを攻略しなくても、ヒカリシナリオもここまでは進められるけれど、この先には全てのシナリオを攻略しないと進ませませんってことみたいですねww

しかし、この展開を考えると、ヒカリシナリオ自体を他のヒロインシナリオクリア後にしか攻略できなくしておいた方が良かったのではないのかね?
ここで止まってしまったら、気になって仕方ないですよ。続きがww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1シーズン開幕近し

F1 2011年シーズンも合同テストが始まって、いよいよ近づいてきたなって感触でありますねぇ。

我らが可夢偉のザウバーチームにも、昨年とは違ってスポンサーも付いて、当面は安泰って感じは良いのですが、もっと日本企業がサポートして欲しいですよねぇ。一時期はPanasonicがF1を見限ってなくて、サポートするのであれば、可夢偉の居るザウバーではないか?とか言われていましたが、蓋を開けてみれば、2011年可夢偉のチームメイトになる、セルジア・ペレスが引き連れてきたスポンサーのみに近い状況でした。

続きを読む "F1シーズン開幕近し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その25

鏡香初恋サクラメント
 ヒカリルート進めておりますww

えーと、今日は少しだけ進めました(^^ゞ
共通部が結構ボリュームあったせいもあるんでしょうか、ヒロイン個別シナリオ単体ではそう長くないと思っていたんですけど、今回の投稿で25回目ですからねww
結構プレイしてるんだなと(^^;

さて、ヒカリシナリオはヒカリが結構恋愛には抵抗力が無いってのか、如何にも奥手そうってことで、もやもやした展開にでもなるのかと思いきや、ヒカリがいきなり主人公のことを意識しだしましたねぇww

まぁ、これまでもヤキモチに近い反応は示しておりましたし、辺りがあおってヒカリの反応を・・ってな具合かと思ってましたが、の行動は予想通りでしたけど、主たる原因ではありませんでしたかww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その24

ヒカリ初恋サクラメント
 ヒカリルートプレイ開始ww

はいはい、本命のヒカリシナリオシナリオプレイ開始でありますよww

ふむ、ヒカリシナリオには結構他のキャラも関わってくるんでしょうか。ここまでノア遊田も目立っては関わっていませんし、も出番がありませんでしたしね。主人公の境遇となると、もっとも関わって来そうな可能性もありますしねww

ま、その辺りは追々ってところでしょうけど、ちらほらと今後の展開のヒントになりそうなところは、既にタップリあるので、一体どんな展開をみせてくれるのか?

それと、恋愛関係に関してはかなりガードが高そうに見えるのですが、何を切っ掛けにヒカリは変わるでしょねww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その24"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その23

いろは初恋サクラメント
 いろはシナリオコンプしましたぁ(^^)v

ふぅむ、いろはシナリオってば、も多少なりと登場してきていたので、もちょいと主人公の両親の死って辺りにも向き合うのかとか思っていたのですが、意外とあっさりと終わってしまいましたww

んでもって、おそらく主人公の両親の事故死(?)に絡んでとかが登場するのかと踏んでいたのですが、どうやらヒカリシナリオでの登場に期待っていったところですかなww

ままっ、そんな感じでございまして、シナリオももう少し終盤のボリュームが欲しかったって感じでありましたが、いろはシナリオはもっと「これから」ってところで終わった感が(^^;


続きを読む "『初恋サクラメント』 その23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『初恋サクラメント』 その22

いろは初恋サクラメント
 いろはルート進めておりますww

はいはい、いろはシナリオも前半終了って感じでして、なんとか主人公とくっつきましたww

ふむ、いろはに関しては、弟の存在って部分で引っ掛かっていた事は正解でしたけど、兄弟愛ってんですか、兎に角個人的には仲の良い兄弟ってのには縁が無くて、正反対に近い境遇の身としてはあまりピンと来なかったりもするんですけど、世の中にこんな形の繋がりもあるってことで、理解はしておりますよ(^^;

んと、いろはの恋心って方はなんか解り易くて良かったんですけど、主人公の方ってのは、なんだかもうひと押し決め手みたいなのが欲しかった気もしますねぇww


続きを読む "『初恋サクラメント』 その22"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »