« 『White』 その5 | トップページ | 『White』 その7 »

『White』 その6

柚子White ~blanche comme la lune~』進めておりますww

さてと、取り敢えず現代編ってことで、島育ちのマリカブリジットに加えレンも同じ学校に通うようになりましたが、おそらくナビゲーターと言うか、引率者って言った方がしっくりくる、ほたるを交えての新しい生活環境。島育ちの3人はマイペースっぽいですが、それをサポートする主人公やほたるは大変そうだww

それにしても、現代に順応するプロセスって位置づけなのか、なんなのかマリカブリジットの主人公を巡る張り合い方ってのはどうなんですかねww

個人的には思わず目を覆ってしまう様な展開なのでありますが、マリカブリジットの主人公への懐きようってのは、両親が居ない彼女たちからすれば、父性を求めての行動なのかもしれませんね(^^ゞ


<ネタバレ?反転>

んにしても、おしっこ系のイベントでもって引っ張りますねぇ。なんだかねぇ、妙に引いてしまいますよ。ねこねこ作品としては違和感を覚えてしまいますぜww

さてと、兎に角マリカブリジットは何か秘密をその出生だかなんだか合わせて持っているようですが、本人達に自覚は無いようですな。今のところ、唯一っぽいヒントらしきものはカナンが50歳って辺り。不老不死の一族ってのかなぁ。兎に角長命の種族なのか、不老不死へ繋がる因子を持って生まれ、その血を受け継ぐ存在なのか?って気がしますが、それ故に追われる存在ってことなのかなぁww

それだったとしても、マリカブリジットの見掛けっておこちゃまだし、良くて中学入った辺り?
    いくらなんでも、おねしょだなんだって言う年齢ではないと思えるんですけど、そこんとこは設定的にもデフォルメしてんでしょうか?

<ここまで>

ふむふむ、兎に角色々と推察はしておりますが、ねこねこ作品にしては、あまりに不自然っぽい展開であるように思えますんで、そこんとこを補うような"何か"があるように思うんですよねぇww

いやぁ、ねこねこ作品でなかったら、ここまでプレイして投げ捨ててたかも知れない展開ですよ。ホントww

やぁ、監視っぽいのも周辺をうろついているようですし、そこんとこ早目にオープンにして欲しいものです(^^;

|

« 『White』 その5 | トップページ | 『White』 その7 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/51654014

この記事へのトラックバック一覧です: 『White』 その6:

« 『White』 その5 | トップページ | 『White』 その7 »