« 『穢翼のユースティア』 その4 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その5 »

Canadian GP

可夢偉!6戦連続入賞!!
波乱のカナダGP終了しました。そして、また可夢偉がやってくれましたよ。7位入賞!

これで6ポイントを加算してトータル25ポイントですね。ドライバーズランキングに変動はありませんでしたが、6位のペトロフとは6ポイント差ですし、ランキングを争っているドライバー達は、フェラーリ、ルノー、メルセデスとマシンパフォーマンスでは上のドライバー達ばかりですし、立派なことですよ。これは(^^)


※修正:これを書いたときに見たNet資料がマッサの順位を間違えていました(^^ゞ
ドライバーズランキングは10位から11位に後退しちゃいました(^^;
しかし、6位のマッサと7ポイント差。1レースの結果で一気に追い付ける差ですし、これからもコンスタントにポイントを取る事ができれば、自然とランキングは上がって行くでしょう!

んにしても、月曜日は休暇を取ってのTV観戦。赤旗中断後は眠い目を擦りながら再開を待っていましたが、とうとうTV中継最大延長枠内にも収まらず、その後はNETのLive Timingと睨めっこww

欲を言えば赤旗中断時点での可夢偉の2位ってポジションを考えると、ひょっとして表彰台!って夢もあっただけに少々残念ではありますが、路面状況が改善し、ドライタイヤ装着後の可夢偉のラップからすると、上位のマシンと1周辺り2秒とか完全に置いていかれてましたし、奮闘したと言えるのではないでしょうか。

どうやら、完全に雨用のセッティングに寄っていたこともあるようで、その分ウェット状態ではルノーやメルセデスよりも良いパフォーマンスを見せていました。なので、ゴールまでウェット状態であったら・・・。

ヴェッテルも雨のイタリアGPで才能を示して今のポジションに居る訳ですし、可夢偉にとっても大きなチャンスだったのにね(^^ゞ

さて、今回のGPで印象的だったのは、やはりバトンでしょう。彼自身のレースも波乱に満ちていましたが、ここ最近これ程アグレッシブなバトンは見ていなかった気がします。

はい、次は昨年可夢偉がここから大活躍を見せてくれたヨーロッパGP。今年も何かやってくれそうな予感。や、楽しみであります(^^)

|

« 『穢翼のユースティア』 その4 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その5 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/51937945

この記事へのトラックバック一覧です: Canadian GP:

« 『穢翼のユースティア』 その4 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その5 »