« Canadian GP | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その6 »

『穢翼のユースティア』 その5

リサ穢翼のユースティア』進めておりますww

はい、漸くオープニングムービーまで辿り着きましたww

ティアは主人公に記憶を全て打ち明け、互いに腹の探りあいって状況からやっと脱却しました。これで、序章は終わって本格的に物語のスタートってところでしょうね(^^)

さてと、序章でここまで丁寧に描写し、おそらく(勘ですがw)このお話の根源になりそうな謎ってのを、この段階で提示してきたんですから、多分ティアシナリオは最後の締めって予感がww

うむぅ、なんと言いますか、ここまでの雰囲気だけですが、ヴィジュアルノベル作品っぽい印象を受けますし、ある程度一本道に近い可能性も大ってところかな?


ふむふむ、ティアの方は何も自らの身に関係することとか、自覚はしていない様でありますが、自分の生ってのが何某かの意味を持つって事に関して、信じているようですが・・・きっと何か、あるんでしょうね(^^ゞ

そして、当面の謎ってのは開始早々にあったもので、ティアに関しても襲った者に関してもこれからってところですね。まぁ、取り敢えずはティアと主人公の当面の関係は一旦落ち着いたと見て良さそうです。

うむ、どこまで掘り下げるかにも寄りますが、"羽化病"ってのが何故発生したのか?、教会の関わりってのは何かあるのか?とか下手するとこの世界の成り立ちに至るまで、現段階ではいろいろと想像できます。しかし、当面の問題は"黒羽"ですかね?「腐食金鎖」の方でも気にしているようですし、"羽付き"との関連性も大いに疑わしいところ。狩られた後の"羽付き"の行く末ってのも、裏黒そうな感じがします。

さ、何はともあれこれからですね。頑張って進めないとww

|

« Canadian GP | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その6 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/51946078

この記事へのトラックバック一覧です: 『穢翼のユースティア』 その5:

« Canadian GP | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その6 »