« 『White』 その29 | トップページ | 『White』 その31 »

『White』 その30

マリカWhite ~blanche comme la lune~マリカルート進めておりますww

ふむ、マリカブリジットと比較しても幼いって印象を強く受けましたが、既に何年生きているのか、幾ら俗世とは隔絶された環境にあったとは言え、ここまで純真無垢って言うと希少品ですかねww

さて、そんなマリカですが、廃部になった園芸部温室の植物の世話をしたり、野良猫に餌を与えて可愛がったり始めました。

しかも、温室の植物って正に温室でしか育たない・・って言うか、少なくとも冬を越すことは不可能な蘭でした。それを季節的には夏休み前ですから大丈夫なんでしょうけど、山に植えに行くとかww


それに、マリカが世話をしている猫達にしても野良ですし、先ずは人以外の生命の終わりってのを理解させようってなプロセスみたいですね。んーん、長命人の宿命として、多くの命が自分の周囲で終焉を迎えるのを見続けるのでしょうけど、その事実を如何にマリカが受け止めるんでしょうね。

さぁて、クレアの一件もありましたし、単純な展開ではなさそうですよねww
ヨシュアは亡くなってしまいましたが、地下室とかも健在でしょうし、そんな所に何か鍵がありそうな気がします。

|

« 『White』 その29 | トップページ | 『White』 その31 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/51875926

この記事へのトラックバック一覧です: 『White』 その30:

« 『White』 その29 | トップページ | 『White』 その31 »