« 『White』 その31 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その1 »

『White』 その32End

マリカWhite ~blanche comme la lune~マリカシナリオコンプしましたぁ(^^)
そして、最終章「White」もコンプしまして、これにて本編フルコンプであります(^^)v

はい、マリカシナリオですが、漸くこれがねこねこワールドって感じのシナリオでして、やっぱりともさんだなとww

うむ、兎に角派手な展開ってのはありませんけど、それなりしっとりと沁みてくるシナリオでしたね。ままっ、細部に突っ込みを入れると、蘭科植物愛好家からは「ちげーよ」とか裏手が入ったりするんでしょうけど、話の流れや意味しているものの印象って雰囲気では良かったですね>レリア

ま、「White」の章はまとめですが、そのままマリカシナリオの延長と捉えて良いんでしょう(^^)


<ネタバレ反転>

さてと、クレアマリカはやっぱり母娘ですよね。うーむ、解り難かったのはねこねこ王国ですが、あれって精神世界みたいなものなんでしょうかね。体の方は幽体離脱したみたいになっている訳ですし、私はそんな風に捉えたんですけど、どうなんでしょうか?

ままっ、兎に角長命人の運命ってのも、マリカが"穢れ"から逃れたことで新たな局面を迎えるのか、それとも…ってのは謎ですけど、長命人のその後、主人公とマリカの行く末ってのも、これまた別のお話ってことでww

<ここまで>

さて、作品としての評価でありますが、ブリジットほたるシナリオは正直要らないかねぇ。そして、マリカシナリオは良かったのですけど、もう少し前半部分でもって(後でも良いですけどw)主人公とマリカの絆ってが如何に深まっていくのかって辺りの描写が欲しかったですか・ね。

個人的にはマリカブリジットはもう少し成長させた姿の方が良かったですね。一見初潮は?ってな頃合ですし、なんとも。はいww
作品の構成でもって、後味の方が良かったのが救いってところで、かろうじて良作ってところですか(^^ゞ

ふーむ、某コットンさんとこも、一度一人のキャラでもってプレイを投げ、それから手を出していませんが、複数ライターさんの作品って、ちょいと危険性も孕んでますな。相変わらずww

|

« 『White』 その31 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その1 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/51893287

この記事へのトラックバック一覧です: 『White』 その32End:

« 『White』 その31 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その1 »