« 『穢翼のユースティア』 その32 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その34 »

『穢翼のユースティア』 その33

ティア穢翼のユースティア
 ティアシナリオ進めております

うむむ、大勢に変化はいまのところないのですが、症状が悪化といいますか、状況的には何かに付け良い方向へは転んでないって感じが強まってますよ(^^;

あーーっ、いやぁ本当にもうモドカシイってのともちと違いますが、こうもやもやっとした気分が徐々に増幅されてきてますww

その、主人公にしてもティアにしても、我を通そうとせず、自らのことよりも他を考えて行動しているはずなのに、なんでしょうねこのやるせなさはww

そして、加速して行くティアの研究と称した実験。なんだかティアの限界も近いのではないのか?と思えてきましたよ(^^;


<ネタバレ?反転>

さてと、ティアの浄化能力の及ぶ事象、羽付きの羽の浄化と称した除去作業、そして下界からやってきているのか、例の黒い粘液状生物(?)。どちらのケースもティアの背中の羽が成長しているんですよね。過去のことからすると、天使の力が人に影響を及ぼしたのが羽化病とも言えるみたいですし、その羽の浄化の際にも見られる黒い粘液状の物体。天使の力が変質したものなのか、天使を形作る素みたいなものなのでしょうかね?

兎に角、ティアが浄化を行うと、羽化病の羽や粘液生物(?)から天子の力を取り出して、自らのものにしているようではありますが、それに伴う負荷は大きいようですね。しかし、記憶の欠落とか羽の成長とか、天使の力を取り込むと、人でなくなっていっているとか?

<ここまで>

さぁて、主人公にしてもティアにしても、ストレスが限界近くまで来ているっぽいですし、ボチボチ動きが出てきそうな気配ですよww

はい、面白くなってくるのか、セツナイ展開が待っているのか、兎に角進めると致しましょうww

|

« 『穢翼のユースティア』 その32 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その34 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/52209308

この記事へのトラックバック一覧です: 『穢翼のユースティア』 その33:

« 『穢翼のユースティア』 その32 | トップページ | 『穢翼のユースティア』 その34 »