« 『CAFE SOURIRE』 その6 | トップページ | Hungarian GP »

『CAFE SOURIRE』 その7

春菜CAFE SOURIRE
 進めております(^^)

今日のところは、第6話「生花と造花」、第7話「wilted flower」を終了。

ふむふむ、どうやら芹花ルートへ入ったっぽい感触でありますね。やはり第5話の選択肢が最終分岐だった公算が高そうですなww

さてと、お話の方は主人公の父親と水島姉妹の母親の再婚ってことになって、戸惑う主人公と芹花杏子も自分の居場所があるのか不安げでしたが、春菜さんから家族の一員として見てもらっている事が分かってちょいと安心。香澄は母親の幸せを願って、早速環境の変化に順応しているといったところww

となると、やはりこれで芹花ルートに分岐したと思われます(^^ゞ


まぁ、芹花の場合、既に恋愛対象として主人公のことを見ていたってことでしょうし、そうなるとただの幼馴染から「兄妹」or「姉弟」って関係になってしまうって事は大問題ですよね。法律上ってどうだったっけ?血縁なくても「兄妹」って関係になってしまったらアウトなのかセーフなのか?うーん、可能だったとしても、その辺り周囲からどう見られるかとか、微妙な関係になってしまいますものねww

第7話のタイトル「wilted flower」、意味を調べてみると"萎れた花"ってことみたいで、この章の芹花の状態を良く表しているのではww
生花と造花」の方は・・・良く分からなかったww

さぁて、兎に角うぢうぢしていても埒が明かない訳で、主人公が動くときが重要っぽいですが、何を切っ掛けに目覚めてくれるのか。楽しみに進めると致しましょうかね(^^ゞ

|

« 『CAFE SOURIRE』 その6 | トップページ | Hungarian GP »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/52360910

この記事へのトラックバック一覧です: 『CAFE SOURIRE』 その7:

« 『CAFE SOURIRE』 その6 | トップページ | Hungarian GP »