« 『天使の羽根を踏まないでっ』 その26 | トップページ | 『天使の羽根を踏まないでっ』 その28 »

『天使の羽根を踏まないでっ』 その27

鷹司天使の羽根を踏まないでっ
 進めております

ふむ、今日のところは少しだけ(^^;

プレイ時間が少なかったのはもちろんですが、内容的にも作品の根幹に係るもののような感じでして、じっくりと結構読み返しながらのプレイです(^^ゞ

あやめの指南した内容からして、"先生"の出自と言いますか、ルーツってのは、なんとなーくは気にしていましたが、結構重要な要素だったのですねww

"先生"の神に対する、神を神とも思わない計略、そしてこれまでその計画を遂行してきた意志の強さってのに関して、こんなルーツが有ったのだとって感じでしたねww


そこんとこは、回想って言うよりも、"先生"の記憶が意識に流れ込んできた、あやめの見たものって展開では有りましたが、少なくとも意を同じくする同士が存在したと思われるのに、あやめが引き取られてからこっち、"先生"にそんな仲間が居るって気配はありませんでしたし、実際事ここに至って登場しないってからには、それなりの苦難の道のりってのが偲ばれる訳ですが、それにしてもこの作品世界に実在を証明した”神”ってのは、存外即物的な存在だったのだなとww

そのぉ、その時代の視点って意味であやめを通して見ると、”先生”ってのは悪しき存在ってのに定義されて良いとは思えますが、果たしてその見方が正しいのか?って考えると、全否定は出来ないところがあると思えてなりませんww

さ、前置きはそこそここの回想・・・あやめの意識に流れ込んできた記憶ってのでよしとして、いよいよって感じですか?

いやぁ、楽しみでありますね(^^)

|

« 『天使の羽根を踏まないでっ』 その26 | トップページ | 『天使の羽根を踏まないでっ』 その28 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/52821929

この記事へのトラックバック一覧です: 『天使の羽根を踏まないでっ』 その27:

« 『天使の羽根を踏まないでっ』 その26 | トップページ | 『天使の羽根を踏まないでっ』 その28 »